2017年2月21日 (火)

ZARDデビュー25周年で自分の年齢の事実を知る

Zad3620


2月上旬にZARDデビュー25周年で何やら雑誌やCDが出ていた。
調べたら「ZARD デビュー記念日に25周年・究極オールタイムベスト」という全52曲収録版(税込¥3,996)。
ZARDのCDは手元に4枚あって、あと1~2枚くらいは引っ越しをしたときに仕舞い無くしている。

その内に探せば良いと思うのだが、これが中々見つからない。
しかし、坂井泉水は亡くなってしまっているので何やら物寂しい感じがある。

こういう古い曲を聴いてみると、必ず何やら昔のことを思い出すのだがLP世代ではなくCD世代なので余り思い出さない。

これは時代の差というかLP時代からCDになって、多少音楽というものから遠ざかったからであろうか。

いずれにせよ2月になってもうすぐ3月である。

前年でやり残したものは、節分以降には残さないで終わらせておくと言うのが鉄則。
それなので、今日予防接種や健康診断で「検査しておいてくれ」ということなどやっておいた。
お陰で、1日がそんな残務で終わってしまった。

それで最近思うことは、自分の行動に対して常に感覚的に「遅延」があるということである。
行動というのは、受験の試験答案を書くように時間配分をして決めてその通り行動する。ここで遅延があると予定時刻に遅れてしまう。
それで余裕時間を加味するところ、その余裕時間が無くなるということである。

平成29年2月19日東京都美術館から日本橋高島屋へ向かうのに広瀬先生(舟雲・武蔵野大学教授)と同行した。
それで広瀬先生、ゆっくりと歩いているのに驚くほど速い。

気を抜いていると置いて行かれそうになっている自分に気づき、昔はそんなことはなかったと思う。
考えてみたら、最近銀座でも女性に抜かれることもある。
元々歩くのはかなり早い方だったのだが、遅くなってきたようだ。

こう言う歩き方というのは、遺伝で父は小生が若い頃でも歩いて行くのに追いつかなかったことがある。

年齢を重ねるごとにそう言うこともなくなったが、今度は自分の番が回ってきたと感じる。

いつまでも若いと思っていたら、いろいろなところが鈍くなっていたり、動作が緩慢になっていたりとよくよく注意しなければならないと思う。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ



詳しくはこちらを参照 icon

2017_2_18

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

第36回日本刻字展を観覧+ワークショップ

365


東京都美術館で平成29年2月16日~21日まで、標記の「第36回日本刻字展」が開催されている。
日本刻字展は、書道芸術院展と同時期で毎年案内状が送られてくるので見に行くことにしている。
出品者を見ると書道芸術院所属の先生や毎日書道展で見知っている名前もちらほら見られる。

361


Pdvd397



362


363



「刻字」というと割合とハードルが高く、刻字を刻する前の草稿を見ても分かるように幾つものハードルがある。
書道芸術院展では、公募でも割合と大きめの作品が多く更にやる気を削ぐ感じがある。
それに比べて、小さい中に今までに見たことがないような世界を刻してある日本刻字展の作品は、非常に興味深い。

364


368


3610


3611



展覧会会場の最後には「ワークショップ」があって、黙々と刻しているというか「楽々」と刻んでいる。
彫り込むと文字は白く浮き出て何なのかなと思ったら、中身は石膏(せっこう)ボードだという。
表面に塗装がしてあるので、彫刻刀で彫り込むだけで作品ができてしまうという非常にとりつきやすい。
聞くところによると、初心者用の小作品にはこの石膏ボードで作られたものもあるとか。
刻字というのも、こういうものからスタートすると何となく入りやすいと感心した。


369


366



367




1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ



詳しくはこちらを参照 icon

2017_2_18

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

第70回記念書道芸術院展と表彰式に参加する。

705


書道芸術院展が平成29年2月16日~21日まで、東京都美術館で開催されている。
その内のハイライトである表彰式が、19日14時30分より帝国ホテル・富士の間で開催された。
今は、表彰式に出て表彰されると言うこともないのだが、この日ばかりは全国から普段会えない先生が上京してくるのでそのために参加している。
しかし、この日というのは非常に忙しい。
10時頃に東京都美術館へ行き、社中の作品を探して全て写真に撮り、改めてもう一度見直す。

704


701


702


703


これだけで午前中は終わりだが、全部見たわけではない。
1階の続きにある「日本刻字展」を見終わった頃には12時を回り、急いで昼食後に日本橋高島屋に向かう。

「現代女流書100人展」(有料・平成29年2月16日~20日日本橋高島屋8階ホール)



ここで目の保養をしたあとに、14時30分から開催される表彰式に参加するために帝国ホテルに急ぐというものである。

7014


706



7013

707


実のところ帝国ホテルの3階、富士の間に到着したら、既に始まっていて理事長の辻本先生の挨拶だった。
席は、最後列なので写真はなんとか望遠レンズで納めて記念とした。
慌ただしい一日であった。


708

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T1
レンズ: XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
撮影日時: 2017-02-19 15:59:35 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/14.0
露出時間: 0.500 秒 (1/2)
ISO 感度: 3200
露出補正値: +0.33 EV
測光方式: マトリックス
露出: 絞り優先 (セミオート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)



709

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T1
レンズ: XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
撮影日時: 2017-02-19 16:00:31 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/2.8
露出時間: 0.067 秒 (1/15)
ISO 感度: 800
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

7010

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T1
レンズ: XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
撮影日時: 2017-02-19 16:02:18 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 55mm (35mm 換算焦点距離: 83mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.067 秒 (1/15)
ISO 感度: 1600
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

7011

7012

カメラメーカー: FUJIFILM
カメラモデル: X-T1
レンズ: XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
撮影日時: 2017-02-19 16:10:25 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm (35mm 換算焦点距離: 27mm)
絞り値: ƒ/4.0
露出時間: 0.0067 秒 (1/150)
ISO 感度: 400
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ



詳しくはこちらを参照 icon

2017_2_18

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

ほんの一瞬のうちの「ドラえもんの世界」

7030


平成29年2月17日(金)の読売新聞夕刊第一面トップは、「サムスントップ逮捕」という外国企業の話である。
こんなのが夕刊とはいえ一面に載るというのもどうかとも思うが、さすが朝刊には少し小さい記事だったがそれが「どうした」というものである。

夕刊には「韓国経済界に衝撃・日本にも悪影響も」との記事に続くのだが、サムスンが経営破綻したわけではない。

こういうのが与太記事で、サムスンや韓国財閥幹部の逮捕そしてその後に恩赦で放免というのは延々と続けられてきた歴史がある。

こんなことは驚くべきことですらなく、いつもの通りであろう。
そして、サムスンが経営破綻したわけではないから日本には影響はない。

サムスンのキャラクシーノートの電池も日本製ではなく、サムスングループと中国のメーカーである。

読売新聞は、かなり持ち上げているが主力はスマホやタブレットで、PC部品のSSDなども値下がりが激しく、利益が出ているとは思えない。

日本企業は、部品供給をしているのだがどう言うわけか性能が良いのに「激安」である。
いっそのこと何倍かでふっかけてやれば良いと思うのだが、留学生には厚く、国民には厳しくという内弁慶の国なので妙なものである。

http://www.yomiuri.co.jp/world/20170217-OYT1T50173.html

7031

それで国会での議論で元総理、民進党の野田佳彦幹事長が「トランプ大統領をジャイアン(剛田 武・ドラえもん)」に、「安倍首相をスネ夫」に例えていた。

これは、上念司氏が「AM1242 FM93ニッポン放送「ザ・ボイス そこまで言うか!」」で例えていたからそれをとったのかどうかは知らないが妙なものである。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000540-san-pol

後々の評価から見れば、「スネ夫(骨川 スネ夫)ではなく『できすぎ君(出木杉 英才)』」である。

そもそもこのドラえもんの背景というのも妙なもので、「スネ夫」というのは会社の社長の息子で「お金持ち」。

マンガでも私立中学受験を目指しているとある。

ジャイアンといっても、小学生時代に単に身体が大きいとか、腕力があるというのでガキ大将になっている設定である。

こんなものは、中学に進学したらあっと言うのに雲散霧消する。

中学受験で中高一貫校か有名大学の付属校へ行ってしまえば、ほとんど関係なくなるし「腕力」の基準が「勉強」に代わるから剛田 武は、ジャイアンになれないわけである。

その昔の経験では、小学校の学級委員で児童会長のクラスメイトが「貧乏人の息子だ文句あるか」という啖呵を吐いていた。

この児童会長の回りには、10人以上の取り巻きがいたからみんな「文句あるか」になって、先生も「そうだな」という調子になった。

それが中学に行ったら公立中学なのに県内の優秀な生徒が集まる。(1学年530人くらい)
そこで「貧乏人の息子だ文句あるか」なんて通用しない。

中学のトップ成績の生徒は県全体のトップで正に出木杉くんをそのままにしたような人物。

高校に進学すると、まだ区画整理が進んでいない頃だったので田んぼや畑が郊外に広がる。

それで君の家はどこ?・・・というと。

その道をまっすぐ行って、一番デカい家が見えてきたら「俺んちだ」という生徒ばかり。


ドラえもんの世界なんて、本の一瞬だなとつくづく思う。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ



詳しくはこちらを参照 icon

2017_2_18

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

「春一番」花粉症の季節到来

X20s1


ガソリンが来週から上がるかもしれないという「ガソリンスタンド」からのメールが来て、急いで昼休みにガソリンを入れに行った。
すると何台ものバイクとすれ違う。
そういえば今日は暖かいし、それほど風もない。
しかし、帰ってきて何か目がチカチカする。

新聞のWeb版を見たら、「関東や北陸では『春一番』が吹いた。」とあった。

それで夕方耳鼻科に速攻で行った。
そして、待合室の扉を開いて患者が一杯だった。
いったん帰ろうかと思ったが「明日は明日の風が吹く」で、どうなるか分からない。
1時間待って、薬を貰(もら)って帰ってきたのだが昨年と違う。
点鼻薬は28日分、目薬は1ビン。
これだと本格的になったら、眼科へ行かないと駄目だろうと思う。

それで「春一番」、日暮れから一段と風が強くなって本格的になった。

F4ejf8


2月というのは、例年展覧会の季節である。
展覧会の季節とは、表具屋から何十万という請求書が来る。
これが小生への請求書だと破産してしまうが、社中宛てである。
ところがこの表具代は、あと2か月余りの間にぼちぼちと徴収して戻ってくる代物でその分貯金、預金が消えてしまう。

今年は車の車検だし、何やら無駄遣いして物入りなので、天から金でも降ってこないかと思ったりしている。

その一方で、今年はパソコンを組み立てようと考えている。
その理由は、パソコンがあっという間に古くなるからである。
実用にはWindows8.1で大方動かないというものはなく、ストレージもSSDになっているので最新のトレンドには載っている。

それで細々と部品を買い集めているというのは、前回のOS購入とかの話になる。

組み立てる時に一気に買うものは、
CPU、マザーボード、メモリー、ストレージ、電源と言ったものである。

ほぼ全部みたいだが、PCケースは4台、CPUクーラーは2台、OSは3種、クーリングファンは多数という在庫があり外側だけは何とかなっている。
それにしても先立つものがない。
昨年は取りあえずパソコンは間に合っているから、カメラに散財したのであった。

それで今年はどんな年になるのか、未だに予知できない。
何か起きているのは「天から金が降ってくる」のではなく、金の使い方が「省エネ」になっていると言うことである。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ



詳しくはこちらを参照 icon

2017_2_18

ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

確定申告には「マイナンバー」が必要になった

7020


平成29年2月15日(水)高崎に早く着いたので、駅のコンコースから行けるLABIへ行ってみた。
今月の23日頃に発売されるカメラのカタログを貰ってこようとのことだった。

こういう電気店もいつも混んでいる有楽町のビックカメラなど違って、閑散とした雰囲気である。
人口の違いというか、収入格差というか群馬あたりで商売をするというのはかなり難しい。

この店舗もオープン当初は他店で売っていない「各種の変わったもの」があったが、今はそういうことはない。

徐々に他のヤマ電と同じような品ぞろいで、わざわざ買いに来るという必要もなくなった。
しかし、ネットで買うより安いものというのは、重いもの、価格が安いのに「嵩」が大きいものなど値段に比べて送料が高いものである。

Amazonだとプライム会員だから送料無料なので、必要なものがあったら次回はこちらで購入する手もある。
それはともかくも、3階のカメラコーナーに行ったら「売れ筋の商品」しか置いてなくて、持っていないカタログだけもらってきた。

カメラに関する限り直ぐそばのビックカメラ高崎店に行った方が良さそうだ。
以前は、自作パソコンの部品が売っていたので特価品や処分品を見ていた。

それで結局みんな処分されてなくなったというわけである。

7021


以前に書いたように、地方では欲しいものが実店舗で手に入らなくなった。
・・・と考えていたら、大昔は「オーディオ」とかの家電製品は、わざわざ「秋葉原」へ出かけていったという話を聞いた。

東京に住んだときは、「御徒町」へ靴を買いに行くとかそんな話もあった。
2回目に東京に出た時は、「秋葉原」で家電製品を買わなくとも近くに小規模の家電チェーンがあった。

そんな家電店はあっという間に潰れたが、まだまだヨドバシカメラが店頭売りを初め、ビックカメラがカード下の店舗でやっていた頃の話である。

その頃カメラは、新宿の「カメラのさくらや」や池袋の「ビックカメラ」で買っていた。
ヨドバシカメラで買わなかったのは、価格表示がなく他店の方が微妙に安かったからであった。
「さくらや」は、とっくの昔になくなってしまったが、いろいろなことを思わせる。

新聞では、16日から確定申告とあった。

それで今年から「マイナンバー」が必要になった。

それで1月の中旬にマイナンバーカードを申請しておいたら、この確定申告に間に合うように届いた。
市役所に行って受け取ってきたのだが、これで住民票や印鑑証明書はコンビニエンスストアで取れることになった。


急に必要になったときは便利である。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

第70回記念書道芸術院展開催される 陳列編

701


平成29年2月15日(水)、東京都美術館で標記の第70回記念書道芸術院展の陳列が行われた。

今回は、随分と慌てたことがあった。

この慌てたというのは、陳列ではなく東京都美術館への入館である。
午前8時55分頃に東京都美術館の通用口に入るも、人影は数名で地下3階に通じる扉前で2人ほど待つ人影がある。
警備員の人が、9時15分から「入れます」というのだが、地下3階へ荷物を置くのは改装前だったような気がして中止。

7013


7016

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M3
レンズ: EF-M18-55mm f/3.5-5.6 IS STM
撮影日時: 2017-02-15 08:45:13 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 21mm
絞り値: ƒ/5.0
露出時間: 0.0025 秒 (1/400)
ISO 感度: 100
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
クリエイター: syuun
著作権: arai_don
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

すると、どこへ行くのか階段を下りてゆく人の姿について行くと、展示室の前に出てしまった。
警備員の人が「レストランの階段を上がって戻って下さい」というので、また階段を上がっていく人についてゆくと全く違うところに出てしまう。

今度は、全く違うエレベーターで講堂の前に下りた。

そこから戻るわけにも行かず、ロビー階を横切って再度レストランの階段を上がってなぜか扉を開けたら元の入り口に戻った。

何か迷路のような感じで、戻ったところで経路を頭の中で繋げてやっと分かったというお粗末だった。

入館が9時から9時30分に変更になって、いろいろが違ったということだったが、昨年も来たはずなのに全く覚えていない。
全く困ったことであった。

7010

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M3
レンズ: EF-M22mm f/2 STM
撮影日時: 2017-02-15 09:46:57 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 22mm
絞り値: ƒ/2.0
露出時間: 0.0040 秒 (1/250)
ISO 感度: 250
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
クリエイター: syuun
著作権: arai_don
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

702


703


706


705


704


707

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M3
レンズ: EF-M18-55mm f/3.5-5.6 IS STM
撮影日時: 2017-02-15 16:54:40 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 19mm
絞り値: ƒ/3.5
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 500
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
クリエイター: syuun
著作権: arai_don
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

7011

708


709

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M3
レンズ: EF-M18-55mm f/3.5-5.6 IS STM
撮影日時: 2017-02-15 17:11:43 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 18mm
絞り値: ƒ/3.5
露出時間: 0.0040 秒 (1/250)
ISO 感度: 640
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
クリエイター: syuun
著作権: arai_don
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)


7014

7015

カメラメーカー: Canon
カメラモデル: Canon EOS M3
レンズ: EF-M22mm f/2 STM
撮影日時: 2017-02-15 11:34:51 (タイムゾーン情報なし)
焦点距離: 22mm
絞り値: ƒ/2.2
露出時間: 0.017 秒 (1/60)
ISO 感度: 200
露出補正値: なし
測光方式: マトリックス
露出: プログラム (オート)
ホワイトバランス: オート
フラッシュ使用: いいえ (強制)
色空間: sRGB
GPS 位置: undefined, undefined
クリエイター: syuun
著作権: arai_don
ソフトウェア: Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)

7012



高崎まで帰ってくるとやはり寒い。
それでも新幹線の中で暑かった、それで丁度良い寒さに感じる。

車を事務所の駐車場に止めて、中に入るとやはり本格的に寒い。
それでも2月中旬なのでまだマシな寒さではある。

万歩計を見ると20,000歩を超えていた。


1日一回クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


ブログランキングに参加しています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«マスコミは増税による「デフレ深刻化」をないものとする