2018年11月18日 (日)

経済書籍とラノベ読破の毎日

Boopg1020308


日本カメラの雑誌が届いた。(日本カメラ 2018年 12月号)

特集は、「ポンカメ・カメラ・オブ・ザ・イヤー」。

何か嫌な予感がするなと開いてみれば、予想通りCanonとNikonの最新ミラーレスカメラが1位と2位。

そして新味が亡くなったOLYMPUSが3位。

CanonとNikonの最新ミラーレスカメラは、フルサイズの大型カメラでマウンドも新規。

こんなものを評価しても買えるというレベルではない。

カメラの初物は敬遠するのが常識で、実は細かく読んでみると高級機らしくない不満点も見られる。

Buyout1911



手持ちのカメラをカメラ屋(Map)に送った中にSONYα7レンズキットがあって、売ってしまった理由がレンズが買えないこと。

・・・・と言うようなことは書いた。

これも一回はフルサイズのミラーレスカメラを買って分かったことが幾つかあったからである。

これで手持ちのカメラの内、値段のつきそうな不要のカメラを売り切ってしまったことになる。

残るは、値段がつかないカメラ、保存用、現在使用中のカメラと「お宝カメラ」である。

お陰で放湿庫に多少の余裕か出来たのがよかった。

銀塩カメラ時代は、古くなっても余り陳腐化しなかったが、いまは5年も経ったら別物になる。

いままで新製品のカメラなど余り買ったことがないから、買って2-3年で陳腐化したりする。
やはり時代が変わった。




最近新聞離れが遅くしていると言うより、若い世代が新聞を読まなくなった。

小生も政治欄や国際欄は見出ししか見ないことが多い。

読まないのは読まなくても分かることで、実際の情報はネットで取得している。

それで翌日どんな記事が出るのか、また記事の本質が分かったりする。

それで2018年11月18日の記事で驚いたのが


「第10回県小中高生・新聞感想文コンクール」上位14作品の最優秀賞の作品。
(地方紙・上毛新聞掲載)

●ぼくの愛読書「はだしのゲン」とこれを持ち出して日本非難をしている小学生。
●「オウム真理教」の死刑判決から死刑制度を批判している中学生。
●8月15日の終戦記事の朝日新聞と読売新聞を比較して、朝日新聞を評価して読売新聞の記事を過去の反省が足りないという高校生。

こんな新聞感想文コンクール作品を見ると、やはり新聞はプロパガンダにすぎないと思わせるものである。

さて、気分を改めて・・・

少し前から述べている電子書籍になっているもので2~3年前に発売された本がある。

電子書籍のポイントがあるのでついつい買ってしまうことが多かったところ、ブックオフで買えば安いということに気がついた。

実は本屋に行っても古い本、余り人気がない本は置いていないこともありネットで探すことも多いのである。

ブックオフ実店舗で本を探すのもっと難しいことが多く、ほとんどあったためしがない。

どこでもそうだが売れそうもないものは、店に置かないものである。

それでブックオフのOnlineの方を利用するとはいえ、中古品なので有名なものでないと全部見つかるとは限らない。

Boopg1020311


経済小説も20年前の事件を描いているから、嘘もあり得ないこともいまとしては分かる。
大量に買ったものの多少読む気が薄れたというものである。

それで電子書籍のライトノベルから探して、Web小説を読んでいる。

これも書籍化されたときに大幅に変わることがあって、またブックオフOnlineを使いそうである。



人気ブログランキング

icon

 


icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

SONYα7-ILCE-7レンズキットを売って新しく買い換える

Buyout1904


昨日突然に、持っているカメラを処分して買い換えることにした。

それで買い換えるカメラは不要になるのでLUMIX DMC-GX8は下取りにすることにするものの、それでは持ち出しが多くて金欠の現在では手が出ない。

それでここ一年ほどいっぺんも使っていないSONYα7-ILCE-7レンズキットを下取りにすることにした。

SONYα7は、フルサイズ有効約2430万画素のカメラとして2013年11月に発売されたもの。
その発売されたと同時に買ったからなんと
5年も経った

SONYの場合、古いデジタルミラーレス一眼カメラも廃番(生産終了)にならないので思いの外下取り価格が高い。

Buyout1905


レンズの「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS (SEL2870)」も付けて一緒に売ってしまうのは、α7には役不足だからである。

α7をまともに使うのなら100,000円(内外)以上のレンズを買わないと全くその性能が発揮できない。

しかしながら、その余裕は現在のところない。

5年前の同時期に発売されたPENTAX K-3 (2435万画素APS-C)をその後に買って比較してみたところ、階調はフルサイズ(α7)の方が勝っていたが大きく違わなかった。

他社のカメラも2430万画素になったいま、技術の進歩と相まって「SONYα7のフルサイズ2430万画素」の優位性は見当たらなくなった。

したがって、ここ数年出番がなくなった。

いまは、FUJIFILM・XT-2、-20(2430万画素)を使うか、最新のレンズを買って蘇ったSONYα6000(2430万画素)である。

SONYα7の動画は使い物にならないので、動画は全てPanasonicに統一しているから益々出番がない。

出番がないのなら早めに売ってしまえで「ドナドナ」になった。

Buyout1907


その一方のPanasonic・LUMIX DMC-GX8(2015年発売・(生産終了)) 。

昨年2017年春にカメラ3台を下取り+「追い銭」にして買った中古新同品。

2030万画素4/3型 Live MOSセンサーでそこそこよかったのだが、極希にAFが合わないしLUMIX DMC-GH4(2014(2017生産終了))に比べて快適ではない。

何となくまどろっこしいと言う代物になった。

GH4の性能が良すぎる筈なのだが、何となく使いにくい。

強力な手振れ補正があるものの生かし切れていないと言うか何となく生煮え。
したがって、最近は出番が少ない。

次に中古で売るカメラはと言うと、実のところ残っていない。

Panasonicのカメラは、値段がつかないしCanon、Nikonのミラーレスも同じ。
よい値段がつくFUJIFILMのXシリーズはまだ現役なので売りようがない。

それにしても2年で8台もカメラを下取りにすることになった。

放湿庫で眠らせておいてもゴミになるだけなので、思ったより有効だった。



人気ブログランキング

icon

詳しくはこちらを参照 icon

2018_11_11


詳しくはこちらを参照 icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

甲府・武田神社に行く

11_040223


武田神社に行った。

これは紛れもなく山梨美術館のあとの見学コース。

非常に御大層な神社だと思ったら、元は武田氏の館跡(躑躅ヶ崎館)。

勝頼公が新府(現韮崎<甲府の北>・天正9年(1581年)) に移るまで62年間、甲斐武田氏の本拠だったところ。

11_040224


11_0402026


武田神社とはあるものの、勝頼公は天正10年(1582年)天目山で自害した。

そして武田系と言われた武将は、滝川一益によって「賞金」までつけられた追われている。

11_040225


11_0402011


実を言えばうちの家系も滝川一益に追われて、甲州街道を逃げてきて川越(埼玉)当たりの山側で止まった口。

北に逃げたのは善光寺で止まったもの、富山まで逃げたものと名字から分かるというのは不思議なものである。

但し確証はないし、父の代で代替わりしているのて実は関係ないかも。

一方、母方は小宮山内膳・友晴の系譜だが、友晴(天目山で討死)そのものは勝頼公に換言したために永蟄居閉門(家来では無いとの扱い)となり、家族は甲府より退去した。
(成田氏家臣・埼玉・戸塚城主・小宮山城)

今ではこれも関係ないけど。

11_0402014

Make SONY
Model ILCE-6000
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Exposure Time 0.0050s (1/200)
Aperture ƒ/5.0
Exposure aperture priority (semi-auto)
ISO equivalent 100
Exposure Bias +0.30EV
Metering Mode Matrix
Flash Fired No (enforced)
Focal Length 50.0mm 75mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 75
LensModel E 18-135mm F3.5-5.6 OSS
Date 2018-11-04 13:44:26 (no TZ)
Lens E 18-135mm F3.5-5.6 OSS

11_040238



そんなわけで何百年も辿(たど)れば、武田氏と関係がありそうなものだが、あまりに古すぎ。

いずれにせよ滝川一益にみんな追われたから武田の関係者は、甲府にはほとんど残っていないはず。

だから武田神社も妙なものである

11_040231


11月ともあって、七五三で華やかだった。

うちの娘が3歳の時は近くの神社で七五三をしたのだが、少なかった。

朝から写真館へ行って着付けと化粧をして写真を撮り、神社に行ったからその頃は我慢の限界だったらしい。

帰りに遊園地へ行って、気分を直して帰ってきたことを覚えている。

11_040237


それにしても武田神社での七五三。

多少大きい子は7歳だから、しっかり「女の子」を演じている。

いまにして思うが、女の子は本当に生まれたときから「女の子」なのだなと思う。

11_0402018


11_040241

Make FUJIFILM
Model X-T2
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Creator Syuun
Copyright Syuun_A
Exposure Time 0.0063s (1/160)
Aperture ƒ/2.8
Exposure program (Auto)
ISO equivalent 200
Exposure Bias +0.33EV
Metering Mode Matrix
Flash Fired No
Focal Length 18.0mm 27mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
FocalPlaneXRes 2564
FocalPlaneUnits 10
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 27
LensMake FUJIFILM
LensModel XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
Date 2018-11-04 13:35:28 (no TZ)
Lens FUJIFILM




人気ブログランキング

icon

詳しくはこちらを参照 icon

2018_11_11


詳しくはこちらを参照 icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

「ミレーに出逢える美術館」山梨県立美術館へ行く

01988


11月4日に町内の旅行で「ミレーに出逢える美術館」山梨県立美術館へ行ってきた。

朝9時40分くらいから11時くらいまでの約1時間と少しのお勉強になった。

企画展としては、「バルビゾン派から印象派への架け橋」として「シャルル=フランソワ・ドービニー(1817-1878)展が開催されていた。

01984


ミレー(ジャン=フランソワ1814-1875)では、「新収蔵品」として「角笛を吹く牛飼い」38.1×27が開館40周年記念として70点目のコレクションとして公開された。

山梨県立美術館のミレー作品の目玉「種をまく人・1850」99.7×80はけっこうな大作て世界に二点あるものの一つ。

又有名な「落ち穂拾い、夏」38.3×29.3は会場で見ると非常に小さく、このシリーズはいくつかあった「パン画」の一つだったのではないかと思えた。

0206


「シャルル=フランソワ・ドービニー展の方の油彩画は、フランスのランス美術館のものがほとんどで、山梨県立美術館のものは版画などが多い。

ドービニー展では大作ではなく小品が多く、多分「パン画」として売りに出されたものであると想像される。

0205


ミレーやドービニーが生きた時代というのは、ルイ=ナポレオン・ボナパルト(ナポレオン3世)が登場する前後の1850年前後のことで、パリの大改造などが行われた時代。

フランスの混乱から一時期の安定期にあたる。

丁度、普仏戦争終結(1871)後の混乱期になる頃には亡くなっているからそう言う時代の画家である。

01985


01986

01993

Make SONY
Model ILCE-6000
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Exposure Time 0.0010s (1/1000)
Aperture ƒ/5.0
Exposure aperture priority (semi-auto)
ISO equivalent 100
Exposure Bias none
Metering Mode Matrix
Flash Fired No (enforced)
Focal Length 18.0mm 27mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 27
LensModel E 18-135mm F3.5-5.6 OSS
Date 2018-11-04 11:26:12 (no TZ)
Lens E 18-135mm F3.5-5.6 OSS

01994


0192



甲府市には、初めて行った。

前橋市のように戦争時に大空襲で焼け野原になるということもなかったから、道は細く曲がりくねって分かりにくい。

おまけに坂道だから移動は大変だ。

そう言う中にポツンと異世界の如く存在しているのが、この山梨県立美術館。

休日なのでたくさんの車が駐車場に並んでいる。

群馬県立美術館は、陸の孤島の県民の森にあるから美術館や博物館へ行く人より「公園」の方へ行く人が多い。
それで休日ともなると駐車場に車が入りきらない。

それにしても群馬県立美術館に比べて、山梨県立美術館の豪華なことは感嘆に値する。

0174


0170

Make FUJIFILM
Model X-T2
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Creator Syuun
Copyright Syuun_A
Exposure Time 0.0048s (1/210)
Aperture ƒ/2.8
Exposure program (Auto)
ISO equivalent 200
Exposure Bias +0.33EV
Metering Mode Matrix
Flash Fired No
Focal Length 18.0mm 27mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
FocalPlaneXRes 2564
FocalPlaneUnits 10
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 27
LensMake FUJIFILM
LensModel XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
Date 2018-11-04 11:12:20 (no TZ)




人気ブログランキング

icon


詳しくはこちらを参照 icon

2018_11_02


詳しくはこちらを参照 icon

 

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

「この女に賭けろ」コミック本をブックオフで大人買い

Women1902


「この女に賭けろ」というコミック本は、「1993年から1997年に『モーニング』(講談社)で連載。全167話。」というものである。

主人公・原島浩美(身長173cm)は、1986年(昭和61年)、「よつば銀行の女性総合職一期生」として採用された。

従い、1985年に「男女雇用機会均等法」が制定され、翌86年に施行された女性総合職の活躍を描いたものである。

話は1993年という日本経済のバブル崩壊直後から1997年の、北海道拓殖銀行破綻、山一証券廃業、三洋証券会社更生法という大波乱の幕開けまでとなっている。

Women1903



その故に、1997年から始まるという経済小説があったりする。

1995年から始まる「住専処理」も本格化してバブル経済のハードランディングも極まったと言うべきだろう。(2000年千代田生命保険相互会社破綻)

小説としては、「金融腐食列島」というバブル崩壊後から2010年日航の会社更生法までのものがある。

「金融腐食列島」は、コミック版も発売されている。

WOWOWで放送された連続ドラマ「監査役 野崎修平」は、「この女に賭けろ」と同じ「周良貨原作」で1998年からの別設定(原島浩美は他行なのでナシ)での続きになっている。

その後、「新・監査役野崎修平」として現在も続いているようだ。

池井戸潤の「花咲舞が黙ってない」は、「この女に賭けろ」と同時代になっており、「半沢直樹シリーズ」、「オレたちバブル入行組」、「オレたち花のバブル組」と続くものは「監査役 野崎修平」と平行している。

今回「この女に賭けろ」コミック本を買おうと思ったのは、電子書籍でサンプル版を見たからでバブル崩壊後の会社や銀行などの内幕が勉強になったからである。

それで蛇足だが小説の主人公の年齢について考えてみた。

(予測・推定又思い違っていることもあり、間違っていることもある。役職は1997年)

原島浩美(この女に賭けろ)1986年入行・大方昭和38年(1963)生まれと最終刊にある。
学歴は不明だが、想定は早稲田大学・主事・本店調査役・課長級34~35歳。
この年に参事に抜擢、支店長・部長級。
女性総合職1期生は50人採用のうち1人のみ、その他ほとんど残っていない。

「バブル入行組」は銀行では早期リストラ候補としてあげられている。
「この女に賭けろ」では、役付になる直前に一斉リストラされている。

野崎修平(監査役野崎修平)1970年入行・昭和22~23年生まれ。
1998年からの物語。「あおぞら銀行」
北海道大学(詳細ナシ)、(支店長・1997-8)・役員・監査役(1998年)・49~50歳

半沢直樹(オレたちバブル入行組)1990年入行・昭和42年生まれ・慶応大学卒。「東京中央銀行」
不明30歳多分・副主事程度(話は2000年以降)

花咲舞(花咲舞が黙ってない)入行時期不明多分バブル入行・昭和45年~47年生まれ
予測・短大または高卒の一般職
27歳程度。(半沢直樹シリーズの前)

竹中治夫(金融腐食列島)1974年「協立銀行」入行・昭和26年生まれ・早稲田大学法学部卒。協立銀行・本部プロジェクト推進部・特命(住管)担当次長・竹中班・45歳・身長175cm・一選抜組
(部長・次長・副部長・課長)

原島浩美(この女に賭けろ)は、最終巻で10年飛ばしたと書かれているように出世しすぎである。

現実問題として、こういう女性総合職は生まれなかったから続刊が出なかったのだろうと思う。

ここのところ2000年(平成12年)頃に発売された経済小説を読んでいる。


Women1901


全てブックオフのネット購入で小説は108円か198円だが、コミック版は結構高い。

この時代は、何となく分かるとは言うものの今から考えると銀行小説と同じように非常に大変だった時期であった。

要するに銀行から金を借りている立場としての貸し剥がしだけでなく、当時4%程度の金利の筈がなんと不動産担保で10.25%の金利だった。

そんなものは直ぐに払えないから返済期日に遅れれば遅延損害金14.5%になる。

1,000万円単位の金だから、100万円単位の損害金。
仕事など馬鹿馬鹿しくてやっていられない。



こんなふうに銀行とは逆の立場だったから銀行の小説など読んでいる精神的なヒマはなかった。

それで今頃になって「あのときはどうだったのか」といまにに続く問題点の細かい点のヒントを探ろうとしている。

それと供にいまおきているのが「私立大学バブル」の後遺症。

日本経済のバブル潰しの「ハードランディング」は失敗だったと今や定説である。

それで「私立大学バブル」は、ソフトランディングになって分かりにくくなっている。

しかし、その「私立大学バブル」がどう言う原因でおきたのか?

その背景に

バブル経済
第2次ベビーブーム世代
男女雇用機会均等法
バブル経済による文系の大儲けと長引く不況による理系離れ
共通一次試験(後のセンター試験)と国立大学授業料の大幅値上げ
予備校による偏差値による輪切り

                     

後々考えてみよう。


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】


人気ブログランキング

icon


詳しくはこちらを参照 icon

2018_11_02


詳しくはこちらを参照 icon

 

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

大学入試情報本も既に「フェイクニュース」になりつつあるか

Dugaku1020198


2018年10月29日は、朝から健康診断だった。

血液検査による診断は、今年の春先に3-4回もやったので大方予想はついている。

それでも前橋市の無料健康診断+なので例年のとおり胃カメラも飲んできた。

結果は、2か月後ぐらいになるのだが昨年は心電図が異常と言われていたのに、どうも異常は見られなかったらしい。

それは心電図が簡単に終わったことで想像がついた。

同じく昨年は「むくみ」があると言われたがもそれもナシ。

病気を幾つか克服したら、どうしたのかいろいろの部分が改善している。

胃カメラも昨年は「胃炎」と言われていたが、今年は胃炎を言われなくなった。

しかし、ほとんど直っているが「逆流性食道炎」をしたのではないかと今頃言われる。

したとすれば数年前で昨年は全く自覚がない。
それなので今年は、胃カメラもOKだった。



前回大学受験について疑問に思っていることを書いてみた。


それでこの健康診断の待ち時間に「日経トレンディ2018年9月号・大学激変!早慶 MARCH 関関同立」という本を読んだ。

冒頭に「早稲田大学に例年なら合格していた受験生が明治大学にも受からない」というようなフレーズで、何やら期待したが全くそんなことは書いていなかった。

これはやはり大学の広告の「フェイクニュース」の一端と思った。

なぜなら、前回書いたように私立大学の入試では50%強が特別入試という推薦、AOになっているからである。

慶応、早稲田はかろうじて一般入試60%程度になっているものの、上智大学などは特別入試が約60%と逆転して武蔵大学ではそれを超えると言われている。

それで偏差値50以下の高校(200人以下)の進路実績を見ると、大学進学は指定校推薦、公募推薦、AOがほとんどで一般入試ではほんの数名しかいない。

またネットで言われている「Fラン」という偏差値がつかないレベルの大学は、実は一般入試を実施しておらず推薦とAOしかないと言うところも多い。

一般入試をしていないから偏差値がつかないのは当たり前で、いまの「大学の偏差値」序列というのもかなり眉唾ではないかと思われる。

要するに「日経トレンディ」で紹介している大学は、実のところ一般入試で入学している学生ではなく、偏差値の出ない特別入試で入っている学生が多い。

それを進学校と呼ばれる偏差値62程度以上の高校の一部の受験生だけが、少ない定員を目指して受ける一般入試で序列をつける。

2019年度以降、益々(ますます)18歳の受験生人口が減るから「高偏差値」に相当する受験生は激減する。

そもそも大学に入る「高偏差値」の学生がいない状況で、その大学の高偏差値という評価を維持すると言うのも実のところお笑いではないか?



人気ブログランキング

icon

詳しくはこちらを参照 icon

2018_10_30

詳しくはこちらを参照 icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月26日 (金)

「第3次ベビーブーム世代」が卒業した大学はついに魑魅魍魎の世界

Dugaku1900

最近読売新聞を見ていると、大学に関しての特集記事が多い。

大学入試に関しては週一回の連載がある。

これはどう言う訳なのだろうかと思ったら、最近全国版に大学紹介の全面広告ページが異常に増えた。


こういう広告がいつ頃でてきたのかと考えてみたのだが、手元にあったのは2016年1月19日付け二松學舍大学の全面広告だった。


二松學舍大学というのは文系の大学なので大学受験の時に理系だった小生は知らなかった。


知るようになったのは、書道を始めたからである。

Dugaku1898_2


2018年10月21日の読売新聞全面広告は「社会で輝く道がある!・明治の女子力」と銘打つ明治大学だった。

(明治大学商学部OGの女優・北川景子氏が紹介)

次のページが、
「女子のリーダーシップ、キャリア形成を育てる『伝統の女子大学』」の題字の・・・・

東京女子大学と津田塾大学そして、下部に共立女子大学。


受験を経験した小生などの爺なら、みんな知っているようなところで今更と思う。

しかし、どうもそうではないところに複雑な事情があるのかもしれない。

考えてみれば二松學舍大学の全面広告は、2016年度の入試直前である。

前期日程の出願日20日ギリギリとなると、何やら嫌な予感がある。

ここのところ大学や大学入試に関して、読売新聞では東京医大などの不正入試を取り上げている。

その一方で2017年から「大学の実力調査」という特集ページの記事を掲載して、2018年には本にしたという。

大学が新聞広告を出すというのは、大学もその昔の殿様商売から学生集めに転じた。

かっては「落第神社」などがあって、留年生が多いと言われた東京理科大学も読売新聞2017年の「大学の実力調査」によれば留年14.2%で立教大学の17.7%、早稲田大学の19.1%より低い。


だから昔の留年必須の東京理科大学ではないと言うことだろう。

Imgss20180929_1511


その背景には、何年か前から言われている「2018年問題」がある。

親が第2次ベビーブーム世代、昭和46年~49年前後に生まれの子供第3次ベビーブーム世代が終わり、2017年度入学生から統計上に現れるほど顕著に減少そして2018年で確実に減少。

第3次ベビーブーム世代は、2016年度入学生(現在の大学3年)で終わった。

私立大学は、「第3次ベビーブーム世代」を目当てにここ10年くらいで学部増や定員を増
した。


しかし、大学予備校が設定している有名私立大学は高偏差値を一般入試では維持できなくなった。

人口が減れば受験生も減り、偏差値は相対値なので割合(%)で表せる高偏差値の受験生も減る。

だからその定員を大学評価の偏差値の学生で物理的に満たすことは出来なくなった。

それで高偏差値の学生だけを一般入試で合格させて偏差値を維持し、過半の入学者を特別入試で合格させて定員を埋めるということをやって来ている。

実のところそれでも「一般入試で高偏差値の学生」を維持できていない。

それで前々から明治大学では、女子学生に目をつけてここのところ急速に合格者を増やして2019年度には入学者の40%に届く。

一方、女子大としては防戦というところである。

Yahoo!知恵袋を見ていて、笑えるのは・・・・


「上智大学から日東駒専までの違いなんですか?」という質問。

東北大学理学部大学院OGの人の回答。

「通っている大学が違うだけです」

正に明答。

偏差値50以下の高校から指定校推薦、公募推薦、AOで「上智大学から日東駒専」まで満遍なく進学している実例を見ればどこが違うのかである。

ちなみに上智大学では、英語さえ出来れば偏差値45の底辺校から公募推薦で外国語学部へ合格している。

例、東京都立田柄高等学校の28年度進路実績。

(http://www.tagara-h.metro.tokyo.jp/site/zen/content/000116636.pdf)

---------------------------------------------------




-----------------------------------------------

----------------------------------------------------



人気ブログランキング

icon

詳しくはこちらを参照 icon

2018_10_30

詳しくはこちらを参照 icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

毎日書道展・第70回記念 毎日現代書巡回展・群馬展 好評の上終わる

7021020328


標記の毎日現代書巡回展・群馬展が平成30年10月17日(水)16時を以て終了した。
この間にギャラリートークあり、席上揮毫と盛りだくさんで毎日書道会の役員の先生が多く見られた。
毎日現代書・群馬展はここのところ毎年開かれていて、祝賀会では「多胡碑等現地見学」が見られなかったので来年やってくれという毎日書道会の役員の先生もいらした。

筆者は、病み上がりと言うこともあって多くのイベントには参加できなかったが、日曜日のギャラリートーク・中原志軒先生以降には参加できた。

平成30年10月17日(水)16時に終了し、撤去。
撤去搬出というのはいつも「あっけない」もので、終わってしまったという感慨をもつ

70201869


7021020295


70201913

7023139



7023128


7023129


7023134


7023133

70201870_2

70201871

70201872

Make SONY
Model ILCE-6000
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Exposure Time 0.017s (1/60)
Aperture ƒ/5.0
Exposure aperture priority (semi-auto)
ISO equivalent 400
Exposure Bias +0.70EV
Metering Mode Matrix
Flash Fired No (enforced)
Focal Length 18.0mm 27mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 27
LensModel E 18-135mm F3.5-5.6 OSS
Date 2018-10-14 13:16:22 (no TZ)

70201868


70201918


70201904


7021020309

Make Panasonic
Model DMC-GX8
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Exposure Time 0.050s (1/20)
Aperture ƒ/5.0
Exposure shutter priority (semi-auto)
ISO equivalent 200
Exposure Bias +0.66EV
Metering Mode Matrix
Flash Fired No (enforced)
Focal Length 60.0mm 120mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 120
LensModel LEICA DG 12-60/F2.8-4.0
Date 2018-10-14 14:08:31 (no TZ)
Lens LEICA DG 12-60/F2.8-4.0

70201887


70201927


7021020322


70201943


70201960


7023141


7023143

Make NIKON CORPORATION
Model NIKON 1 J5
Software Adobe Photoshop Lightroom 5.7.1 (Windows)
Exposure Time 0.0080s (1/125)
Aperture ƒ/3.5
Exposure program (Auto)
ISO equivalent 720
Exposure Bias +0.67EV
Metering Mode Matrix
Flash Fired No
Focal Length 10.0mm 27mm=35mm equivalent
Color Space sRGB
White Balance Auto
Focal Length (35mm) 27
LensModel 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
Date 2018-10-17 15:59:17 (no TZ)
Lens 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM







人気ブログランキング

詳しくはこちらを参照 icon

2018_10_19


詳しくはこちらを参照 icon

icon

サイバーリンク Power2Go 12

サイバーリンク公式オンラインストア


1日一回クリックお願いします。

Please vote.


人気ブログランキング

---------------------------------------------------------

*************************************

ブログランキングに参加しています。



Please vote.


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«毎日書道展・第70回記念 毎日現代書巡回展・群馬展開催