« ライス氏は、ノーベル平和賞を目指すのか | トップページ | テロ支援国家解除・米国に対する唯一の対応策は何か »

2008年6月26日 (木)

Mozilla Firefox, Portable Edition v3.0

「Firefox」Ver3が公開されて、最近になって種々の使い勝手も良く解ってきた。

当初、ツールバーの中に簡単に「お気に入り」表示を切り替えるものがないと思っていたら、「カスタマイズ」で追加出来ることが分かった。考えてみればそうなのだがSleipnirなどが始めから表示されているから勘違いというものだった。
そして、又プラグインの導入も「おすすめ」など出できたのかなと思うが、実はあまり使わないものが多い。

今回は、6月17日に公開されたUSBメモリで持ち運べる「Mozilla Firefox, Portable Edition」の最新版v3.0を導入してみた。
これは、「各種設定やCookie、Webページの表示履歴などをローカルPCへ保存せず、USBメモリなどのインストールフォルダ内に保存する。」もので、USBメモリーの中で完結する。
こういうものだと、USBメモリーだけ持って行けばどこの環境でも自分専用のWeBが楽しめるわけだ。
しかも、パスワードを入れるようなことをした場合のCookieは面倒なもので、こんなものも残さないと言うのが優れている。

ダウンロードは、Mozilla Firefox, Portable Editionと言うところ。
ここから「Languagesリンクから日本語版」だ。
Japanese 日本語 3.0
Download

Ffp311 こんな感じて、ツールバーをカスタマイズして、グーグルmapを表示出来るプラグインを導入している。
その他のプラグインとして面白いと思ったのは、
FxIF というプラグイン。
「「FxIF」は、Web上にあるJPEG画像のExif情報を表示できる「Firefox」用拡張機能。」(窓の杜)
と言うもので、Web上の画像の右クリックによるプロパティで簡易的なExif情報が表示出来る。
広範囲のExif情報を参照するソフトもあるが、ダウンロードする必要があって、ちょいと見るというのも便利だ。
特に、プログなどではどこかの画像を取ってくると言うこともあり、それが本物かどうかを見極めることが出来る。
新聞社の写真は、Exif情報をわざと消してあるが、個人のものはExif情報が無いものは「加工」してあると証明したようなもの。
だから、普通は信用(?)しないものだ。

「FxIF」
【著作権者】Ted Mielczarek 氏
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/5673/
View EXIF data in the image properties window.
Install
それにしても、Firefox ver3、そしてportable版も随分と良いものになった。
お陰で、Sleipnirが大部見劣りしてしまうと言うのは困りものだ。
なぜなら、未だにFirefoxに対応しないWebもあってIEのエンジンでないと表示出来ないときがあるからだ。

|

« ライス氏は、ノーベル平和賞を目指すのか | トップページ | テロ支援国家解除・米国に対する唯一の対応策は何か »

09バソコン・プログラムその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mozilla Firefox, Portable Edition v3.0:

« ライス氏は、ノーベル平和賞を目指すのか | トップページ | テロ支援国家解除・米国に対する唯一の対応策は何か »