« 情けを掛けると返り討ちに逢う現実国際世界 | トップページ | 佐藤優氏に突っ込みが足りない東大印女優 楠城華子 »

2008年6月13日 (金)

朝日新聞の突出する高裁二審強調の社説

慰安婦番組訴訟の最高裁判決に対する新聞各社の社説は、予想通り面白いものになった。
構図は、読売、産経、日経 対 朝日、毎日と予想通りの関係で、いずれの社説も基本は最高裁判決を「極めて常識的な判断」(朝日新聞)としている。
毎日新聞では、「大きな意味をもつ判断」。
読売新聞は、「常識にかなった判断」。
日経新聞は、「『編集の自由』を保障する判例として歓迎したい。」
産経新聞は、「妥当な判断」

と言う具合だ。
しかし、昔から手紙の本音は、最後の「追伸」の部分に現れるという。
だから、社説の本音は常に中段以降と言うことだ。
それで、中段以降の東京高裁の判決をどう説明しているかで面白いことが解る。

ここで、押さえておくのは東京高裁の判決は破棄されて意味がないと言うことだ。
従って、東京高裁での判決は、否定された判決である以上、それを持って「タダをこねるのは」おかしいことだとをざる終えない。
取りあえずそれは置くとして、どの様な本音が述べられているか‥‥

読売新聞では、二審の高裁判決に言及して‥‥


「最高裁判決は、NHK幹部と国会議員1人との面会を認定しただけで、番組編集との関係には言及していない。何より、訴えを認めた2審判決ですら、『政治家が番組に関して具体的な話や示唆をしたとまでは認められない』としていた事実は重い。」


産経新聞では、

「2審判決は『国会議員らの発言を(NHKが)忖度(そんたく)し、当たり障りのないように番組を改変した』と認定したが、最高裁はこの問題に言及しなかった。争点の判断に必要なかったためとみられる。」


日経新聞では、

「さらにNHKにも賠償責任を認めた2審判決は次のようにNHKを批判した。『(NHKによる番組改編は)国会議員等の発言を必要以上に重く受け止め、その意図をそんたくして修正したもの』『編集権の自主性、独立性を自ら放棄したに等しい』」


一応ここまでは、例として挙げた感じであるが、朝日、毎日ではより踏み込んだ社説になっている。
しかも、その高裁判決は「争点の判断に必要なかったためとみられる」(産経)と述べ、毎日新聞も「期待権」に関しては、


「取材される側の期待権が重視されれば、取材する側はその意向に縛られ、自由な報道や番組編集に支障が出かねない。私たちは高裁判決について、取材・報道の自由を制約し、報道を萎縮(いしゅく)させかねないと疑問を呈していた。」と述べている。


さて、毎日新聞の二審判決部分は、


「それにしても、この番組をめぐってNHKが反省し、教訓とすべきことはあまりにも多い。高裁判決によれば、NHK予算の説明に出向いた幹部が安倍晋三前首相から番組の公正中立を求められ、必要以上に重く受け止めて当たり障りのない番組にしようと改変を指示したとされる。」

朝日新聞は、


「勝訴したからといって、NHKは手放しで喜ぶわけにはいくまい。
この問題が注目されたのは、期待権とは別に、番組の改変がNHKの自律的判断ではなく、政治家の影響を受けていたのではないか、と疑問が投げかけられていたからだ。
 二審の東京高裁判決によると、放送前にNHKの幹部らが当時の安倍晋三官房副長官に会って番組の内容を説明した。
安倍氏は慰安婦問題の持論を展開し、公正中立の立場で報道すべきだと指摘した。NHKに戻った幹部の1人が大幅な改変を指示した。  そのうえで、東京高裁は「NHKは国会議員などの発言を必要以上に重く受け止め、その意図を忖度(そんたく)して番組を改変した。
編集権を自ら放棄した行為に等しい」と批判していた。」


朝日新聞の社説は、あまりに酷すぎないかと他社の社説を比べてみれば思うだろう。
「政治家の影響」と書いたのは朝日新聞であり、朝日新聞はその書いた事に対する立証が出来ていない。

しかも、東京高裁は別に、

「政治家が一般論として述べた以上に番組に関して具体的な話や示唆をしたとまでは認められない」

とも言いきってもいる。
結構矛盾する部分だが、客観的に見てこの方が近い。
もし、その部分を認めてしまうと朝日新聞の東京高裁擁護という趣旨が無意味になってしまう。

そもそもNHKが北朝鮮の国会議員や工作員も混じり込んだ、こんな茶番劇の「従軍慰安婦問題を巡る民間法廷(女性国際戦犯法廷)」を取材して放映する必要があったのかと言うことを考える必要がある。

そして、この問題を起こした永田浩三、長井暁、両チーフプロデューサーは、2006年5-6月になってやっと解任されたようだ。
今のワーキングプアーの人達から見れば、年俸1000万円を越える彼らが、遊んで暮らせるNHKというのは随分と豪勢なところだと思うものだ。
普通の民間なら、とっくにリストラにあって、今頃プターローになっているはずなのだが。
今はどうなのか、NHKも会長が代わって居づらくなったのではないかな。

|

« 情けを掛けると返り討ちに逢う現実国際世界 | トップページ | 佐藤優氏に突っ込みが足りない東大印女優 楠城華子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞の突出する高裁二審強調の社説:

« 情けを掛けると返り討ちに逢う現実国際世界 | トップページ | 佐藤優氏に突っ込みが足りない東大印女優 楠城華子 »