« 東京から騰貴マネーを発信するのか | トップページ | 医師に学校秀才はいらない »

2008年6月30日 (月)

拡販員・以前、ヤマダ電機で売れないVTRを買わされた

ヤマダ電機に排除命令 派遣強要、16万人ただ働き

ヤマダ電機というのは、昔から妙に人が店頭にいて妙な販売をしていたところだった。
最近、そんな人が少なくなったのは、何回もやられている「排除勧告」なのだろう。


3年くらい前のこと、DVテープVTRからHDDビデオカメラにしようとヤマダ電機へ行った。

ヒデオカメラを見ていたら、おしゃべりな「おじさん」が寄ってきて、これがよいですよと勧める。
これが、最近合併した某社製のもの。
こんなことが出来ます、これがお勧めですの一点張り、とうとう買わされてしまったのだが、お陰で他社製品をほとんど見比べなかった。


使ってみて、まず液晶が小さくて見づらい、明るいところで見にくい、部屋の中でも??
画質も何やらいまいち。
その上、バッテリーの充電器すら付いていない、本体に入れて充電。
全くとんでもないものを買ってしまった。

そして、そのカメラを買うときが妙だった。
レジへ入っても、レジを打つわけではなく、うろうろ。
結局ヤマダ電機のベスト(当時)を着た店員を連れてきて、レジを打たせていた。
実は、正確な値段も分からなかった。

あとから考えてみれば、その「店員」に見えた人物はメーカーからの拡販員だったのだろう。
他社製品と比べて一般的な評価ではなく、単にそのこ社のものを売りたかっただけ。

やはり、ヤマダ電機の正社員が説明をして対応すべきだったのではないか。

ヨドハシなどは、キャノンセール、ニコンセールなど拡販員は店員と違う制服、それと分かる名札を付けて対応している。
ヤマダ電機も最近はそうだが、こんど7月11日高崎に本社が移るのと同時にオープンする「LABI 1」ではどうなのか見物だ。

ちなみに、既に「LABI1」のポイントカードとそれでしか使えない2000円分の割引券を手に入れた。
当日には、配布するのだろうがどなることか。


「家電量販店最大手「ヤマダ電機」(本社・群馬)が取引上の優位な立場を利用して電機メーカーなど納入業者に対し、商品陳列などのために人材派遣を強要し たことが独占禁止法違反(不公正な取引方法)にあたるとして、公正取引委員会は30日、違反行為の停止と再発防止を求める排除措置命令を同社に出した。1 年半で延べ約16万6千人を派遣させ、ただ働きさせていたという。 」
(朝日新聞)

|

« 東京から騰貴マネーを発信するのか | トップページ | 医師に学校秀才はいらない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拡販員・以前、ヤマダ電機で売れないVTRを買わされた:

« 東京から騰貴マネーを発信するのか | トップページ | 医師に学校秀才はいらない »