« 経済指標に・利子が入らない米国式日本経済 | トップページ | 米国追従に奔走されたつけ、反省なし »

2008年7月23日 (水)

原書HalleyPotter&the deathly hallows「ハリー・ポッターと死の秘宝」を読んで

HalleyPotter&the deathly hallowsの原書版を読んで思うことがあった。
‥‥但し、ネタバレなし。
「ハリー・ポッターと死の秘宝」は、巻の最終章に相応しい。
だから今まで、何の説明もなく突然出てきた事柄の説明をしている。
当然、Halley・Potterについても多少の素性も明らかになる。
なんと言っても、第1巻「賢者の石」のグリンゴッツ銀行に多額の預金があるというのが不思議ではなかったか?
そして、「名前を言ってはいけないあの人」は、なぜ名前を言ってはいけないのかなど。

こんな風に見てゆくと、第1巻「ハリー・ポッターと賢者の石」という題名の「賢者」というのがおかしいにに気づく。
当然、原題には「賢者」などと言う表現は使っていないし、解決編第7巻から読み取れることからも、誤訳に近い。
又第5巻ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団Harry Potter and the Order of the Phoenixの訳もおかしいし、 第6巻ハリー・ポッターと謎のプリンスHarry Potter and the Half-Blood Princeでは、重要な意味合いが薄れてしまう。
第7巻ハリー・ポッターと死の秘宝 Harry Potter and the Deathly Hallowsの題名の訳も直訳に近く、やはり変だ。

第7巻では、Order of the Phoenixが当然活躍するが、決して騎士団ではないことが分かる。
もし、騎士団だとするとダンブルドアは国王又は、それに準じる人物になってしまう。
事実、Orderというのは日本語になじまない階級社会から来る言葉で、日本語で言えば「結社」ぐらいなもの。
正確には、「レジスタンス」だ。

この様に、原文に当たると色々な疑問がわき上がる。
それにしても、各種のブログに第7巻のネタバレ「あらすじ」が書かれている。
しかし、この訳に誤訳が多いのには驚かされた。
どうしてそんな訳になるのか、後半重要な部分に関連することなのになぜという部分が多々あった。

「あらすじ」のブラフでと言うこともあるが、結構「原書」に書いていない事も「飛躍して」書かれるというのは、驚きであった。
だから、そんなあらすじを読んでから、そんなことが書いてあったのか確かめる様なこともあった。

実際、訳本が出版されてしまうので、途中から日本語訳をせずそのまま読んだために、実際結構読みミスと言うところもあるものだと思うが‥‥
あらすじを書く以上ね。
今日朝8時に、宅配便で「ハリー・ポッターと死の秘宝」(静山社刊)が届くことになっている。

自分が読んだ原文とどのくらい違った訳になっているか、そのうちボチボチと読もうと考える。
しかし、原書と何やら散漫な訳本とは、基本的に違う物である考えるものではある。

|

« 経済指標に・利子が入らない米国式日本経済 | トップページ | 米国追従に奔走されたつけ、反省なし »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ハリポタは誤訳が多いといろいろなところで聞きます。7巻の場合、どこがどのように誤訳になっているのか、わかったら教えてください。

投稿: あるファン | 2008年10月 6日 (月) 01時23分

取りあえず、原書と日本語版でおやと思うものは、
ハリー・ポッターと死の秘宝 日本語版への疑問  その1(2008.08.19)
ハリー・ポッターと死の秘宝 日本語版への疑問  その2
のエントリーをお読み下さい。
その他は、面倒なので書きませんでした。解釈の違いというものでしょうかね。

HP関係のブログでの「あらすじ」の誤訳は、本人の力量の問題。
影響はありません。

投稿: syuun | 2008年10月 6日 (月) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原書HalleyPotter&the deathly hallows「ハリー・ポッターと死の秘宝」を読んで:

« 経済指標に・利子が入らない米国式日本経済 | トップページ | 米国追従に奔走されたつけ、反省なし »