« 事なかれ主義に徹し、外交失敗を繰り返す日本 | トップページ | 披露困憊・毎日書道展・東京都美術館・陳列替え »

2008年7月11日 (金)

楽天支店・東京都民銀行

先日、楽天のネットバンクに申し込んでしまった。
釣られたのは、年1.2%(税引き後0.96%)の利子。
口座を開設すると500ポイント、そして楽天カード付きにすると3000ポイントくれるというところ。
今は、楽天カードを持っていたから、3000ボイントはダメかと思ったら、なぜか可能と読めてしまった。それで要りもしないのに楽天CCカード付きのものにした。
まあ、2週間ほどでカードが届き、口座開設をネット上で設定。
これで500ポイント。
あとは、e-NAVI会員にログインして3000ボイントの申請。
ところが、e-NAVI会員のID、パスワードが変わっている。
旧IDでログインしてID、パスワードを再設定。
新しい、カードを登録しても‥‥‥3000ボイントの申請の項目がない。
再び、3000ボイントの部分を良く読んでみると、一回3000ボイントをもらってしまうと二度ともらえないことが分かった。

全く人騒がせなものよ。
それで、東京都民銀行楽天支店に入、出金するには、事実上「セブン銀行」しかない。
郵便局は、このゼロ金利に近い時に手数料を105円もとる。
地方に、東京都民銀行や提携銀行は少ないから精々横浜銀行くらい。

実際、使うのはインターネットバンキングだからと振り込み手数料は、楽天支店送金のみ無料。
東京都民銀行は、105円、他店は210円。

東京都民銀行ATMは、他店への送金は3万円以上カードでも525円とピックリするような金額。(3万円以上315円)

ところが、キャシュカード一体型楽天カードと同様な、みずほ銀行のマイレージクラブだと‥‥

みずほ銀行 間 振り込み料 タダ。
他行でも、105円、315円だ。
だから、他行へ3万円以上送金する時だけ「東京都民銀行楽天支店」が安いわけだ。
但し、どこでも本支店からカード振り込めば安い。
中々使えるかどうか、難しいところだ。
第一、楽天で東京都民銀行楽天支店に口座を開設している店を見たことがない。
その上、大きなところはCCカードが使えるし、当然みずほ銀行を振込先にしているところもある。
定期預金、1.2%も実は半年。
だから事実上10万円預けて利息が500円を切るもの。それでも他よりは高いと言うが、100円単位ではたかが知れている。
今の利息が安すぎるとつくづく思う。そして、苦労して送金して定期預金にしてもたった500円硬貨一枚にもならないというと落胆するではないか。
それは限度の1000万円入れれば50000円くらいにはなるが、誰がそんな金額を動かせるかというものだ。

結局、必要なときに入金して利用するか、又利用するときがあるのか疑問のところだ。
そして、ジャパネット銀行の様に口座管理料(毎月の口座維持手数料(189円(消費税含む))が要らないのがお得なところか。
尚、みずほも要らないが。

|

« 事なかれ主義に徹し、外交失敗を繰り返す日本 | トップページ | 披露困憊・毎日書道展・東京都美術館・陳列替え »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽天支店・東京都民銀行:

» 今の日本の現状では定期預金をしてても、少ない1%くらいの利率にしかならない寂しい状況です。 [初心者の為の株の教科書]
今の日本の現状では定期預金をしてても、少ない利率にしかならない寂しい状況です。こんな現状ですから最近では、投資信託に人気が集まっているのもうなずけますね。;気軽に買える投資信託。実は投資信託は、銀行でも買えるのです。普通に主婦のおばさんなども気軽に投資しているのです。投資信託といっても一例を挙げるだけでも、新興国株式投信・ 国内インデックス投信・海外株インデックス投信・海外債権インデックス投信などがあります。... [続きを読む]

受信: 2008年7月12日 (土) 00時11分

« 事なかれ主義に徹し、外交失敗を繰り返す日本 | トップページ | 披露困憊・毎日書道展・東京都美術館・陳列替え »