« 五輪開会式・口パク美少女問題 | トップページ | 大分東明高校バトン・ぐんま総文・パレート part9 第4小隊・第7悌団 »

2008年8月14日 (木)

マイナス成長の中で高給を食む「通貨の番人」達

マイナス成長の中で高給を食む「通貨の番人」達

かって日本がバブル経済で湧いたとき、不思議なことにこの好景気を潰しを推進して日本をして「失われた10年」にならしめた人達がいた。
このバブル景気は、直前年利10%もの高金利で国民の懐具合もそこそこの時だった。
民間企業、いや国民も土地、株、物の価格が上昇し、たとえば株を買えさえすれば儲かる時代だった。そして、その勝敗はどれだけ早く安いうちの株、品物、土地を買うかと言うことに集中された。
しかし、そのバブル経済の蚊帳の外に居たのが、官僚、学者そして、日銀などの金融担当者だった。
民間企業や国民が高笑いしている中で、今まで通りの生活水準しか保てないばかりでなく物価上昇によって生活レベルが相対的に下がった人達恨み。
そんな事柄を背景に、ハブル潰しをしたとしか思えない節がある。
一方、共産主義的思考による土地の高騰に対する嫌悪感というものは異常だった。
国民の70%が土地所有者で、資産を土地として持っていたにもかかわらず、その資産を攻撃する。
このことは国民の敵としか思えないが、当時のマスコミはバブルの余禄を享受しながら国民の声を一切無視した。
さて、一転して「失われた10年」という不況と伴に、日本経済を救うと言う名目の元、ゼロ金利政策、低金利政策が行われてきた。
その上、不思議なことに米国が日本のハードランディングによる「バブル潰し」を強制しておきながら、その後の米国のバブルは、ソフトランディングとしてバブルを潰さず継続することに専念した。
そして、サブプライム問題での対応を見ても分かるとおり米国は、日本に強制してきたことを失敗と見て全てダブルスタンダードを貫いている。
しかしながら、失敗から学ぶことのない日本の金融当局というものは、旧陸軍参謀と同じ愚を繰り返す。
はっきり言って、米国経済の専門家であっても日本経済の素人の経済学者が日本経済を運営するというのは馬鹿馬鹿しくなる。
そして、その結果招いたのが今のマイナス成長でしかない。

ここ数年中国へ素材を輸出するという好景気で日本は「景気回復」と表面上言っていた。
しかし、実のところ低金利で巷に金が回っていない状況で、大幅なリストラ、派遣社員への転換その他色々な要因で賃金は5兆円減り、減税がなくなって5兆円の増税、社会保障費負担4兆円増えた。
低金利で30兆円以上の金が飛び、結局バブル以降大まか44兆円以上の金が国民の懐から毎年消えた。
だから、国内総生産はここ数年で22兆円増えたと言っても、海外投資などに利用されて、国民には少しも好景気の実感など湧いてくるものではない。
本来、重視すべき個人消費を無視し続けてきたというのが、今日本の国の政策だった。

一方、世の中不景気になれば官僚など賃金と雇用が安定している人々は高笑いだ。
なぜなら、デフレは相対的に彼らの賃金上昇を招く。
しかも、ここ5年間の中国景気に支えられた好景気は、実際の国民の収入は増えなくともなぜか官僚の賃金は上昇するという不思議な現象に見舞われている。
しかしながら、賃金は目減りする一方で物価高となるスタグフレーションを目の前にして、日銀は「動かないことを決めているだけ」と他力本願を決め込んでいる。
かって、日銀マンを評して大蔵官僚は「御殿女中」と揶揄していた。
それは、常に浮世離れして、日銀の中でしか通用しない訳の分からない数値を並べ立てて、まくし立てるからだ。事実、過日日銀の講演を聴いたことがあった。
その時、株価の図の様な為替変動の図などを示しながら、現状分析も将来の目算もない単なる数字遊びに堕していたことは記憶に未だに新しいものがある。

日本が、マイナス成長から脱出するためには日本だけが特出しておかしい経済政策を止めることだ。
そのマイナス面は多分1000兆円を超していることだろうが、未だに止めようとしないのはどうしても腑に落ちない。

北京オリンピック需要
北京オリンピック需要を当て込んだ家電、旅行業界は今回は当てが外れた。
なんと言っても、あの長野の聖火リレーで見せた中国国旗の乱立は、強圧国家中国を見せつけるものだった。
北京オリンピック開会式の北朝鮮のマスゲームを見るような映像を見れば、中国は身近な国ではなく未だに中国共産党という「皇帝」を頂く全体主義国家であること印象づける物だった。
誰だって、食の安全を含めた安全を保障出来ない国に出かけて行きたくないものだ。

|

« 五輪開会式・口パク美少女問題 | トップページ | 大分東明高校バトン・ぐんま総文・パレート part9 第4小隊・第7悌団 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイナス成長の中で高給を食む「通貨の番人」達:

» ★ベトナム お気に入り!★ [★厳選★ベトナム生活最前線生情報★]
Xin Chao!!(こんにちは!!)今日はお気に入りの喫茶店の紹介です。この喫茶店はKim Ma 通りのVIT TOWER横にある「CASA MIA」。VIT TOWERで行う打ち合わせまでに時間がある場合にいつも寄っています。店内は柔らかなオレンジとカフェオーレの色に統一されており、朝のKim Ma通りは交通量の多いことで有名ですが、このお店に入るとそんな喧騒を忘れさせてくれます。 以上、お気に入りの喫茶店についてでした!!【ア�... [続きを読む]

受信: 2008年8月14日 (木) 14時22分

» ★ベトナム 8月14日 株式市況 株式 経済★ [★ベトナム株式・金利・経済★最前線情報★]
Xin Chao!!(こんにちは!!)8月14日の株式市況です。引用ここから**************************8/14市況:HOSEガソリン下・変動拡大で全面高!1) ホーチミン市場(HOSE) VN−Indexは12.49ポイント(2.69%)上昇し、476.50ポイントで終えた。売買高・売買代金共に前日から大きく変わらず、高い水準を維持した。 株価:前営業日比で上昇が155銘柄、実質的な下落は3銘柄に留まった。 ... [続きを読む]

受信: 2008年8月15日 (金) 01時37分

« 五輪開会式・口パク美少女問題 | トップページ | 大分東明高校バトン・ぐんま総文・パレート part9 第4小隊・第7悌団 »