« 北京オリンピックの功罪と日本の政治 | トップページ | マーチンク・ぐんま総文・パレート part17 第9小隊・第17悌団 »

2008年8月25日 (月)

日章旗の脇に五星紅旗がついていた北京オリンピック

日章旗の脇に五星紅旗がついていた北京オリンピック

北京オリンピックは、イギリス連邦よろしく日本の日章旗に小さい「五星紅旗」がついている状況であったことは、選手団の入場やマラソンの応援でよく分かったのではないだろうか。
宗主国中国に朝貢に行くといいながら、実はTDL並みのアトラクションと仮想現実の北京に言った人に気が付かないのは、日本の外務省やらの役人達だけだったかも知れない。
そして、そもそもTDLなぞに多分行ったことがない福田「K」Y首相は、その仮想現実であることに気が付かなかったと言うことは、開会式の様子を見れば明らか。
なぜなら、中国政府に遠慮して?か日本選手団に対して、声援を送らなかった様なのだろうから。

この日本政府の対応は、一貫してあの元NHKアナウンサー鈴木K某氏の「気くばりのすすめ」(講談社刊)を国際社会で実践するものだった。
しかし、北京が一丸となってアトラクションスタッフばかりになったから、TDLやファミレス並みにマニュアルに書かれていること以外対応できず、マニュアルに「日本非難をする」とは書いていなかったから、日本の対する表面的な「ブーイング」は目だだなかったにすぎない。
それで、この北京オリンピックが終わっても、未だに夏休みから抜け出せない日本政府というのはあきれてものがいえない感がある。
そうでなければ町村信孝官房長官が25日午前の記者会見で‥
「‥‥‥そういう意味ではオリンピックが開かれたということが中国の国内のより民主的な前進と言いましょうかね。そういう面から見てよかったのではないだろうかと思いますし、これは多分、不可逆的な未知なんだろうと、こう思っております」 などと「五輪が中国の民主化を促進」するなどと思うのはいくらなんでも「ノーテンキ」すぎやしないだろうか。
TDL、TDS(東京ディズニー・シー)などで、頭にネズミの耳を付けて、ミッキーなどと抱きついても誰も変に思わないが、一端ゲートをくぐってで出来てしまえば、ネズミの耳は外す。
まして、ゲートの外で「ミニー」がいた、「白雪姫」がいたといって抱きつけば、即刻交番に連れて行かれるのが現実世界というものだ。
遊園地の仮想現実と実社会を区別できない人間というのは、普通よほどの変わり者か、よほどの臆病者か、いずれにせよ不思議な人物に相違ない。

しかし、その不思議な人物が日本という国家であるとすれば、なんと嘆かわしいことではないか。

|

« 北京オリンピックの功罪と日本の政治 | トップページ | マーチンク・ぐんま総文・パレート part17 第9小隊・第17悌団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日章旗の脇に五星紅旗がついていた北京オリンピック:

« 北京オリンピックの功罪と日本の政治 | トップページ | マーチンク・ぐんま総文・パレート part17 第9小隊・第17悌団 »