« アドレスV125Gスクーター使用感 | トップページ | 「よみうり寸評」9/25で読む悪い冗談 »

2008年9月25日 (木)

麻生内閣の支持率は37%台の低迷?

25日朝のフジテレビ系「とくダネ!」では、昨日インターネット世論調査を行った。
内閣が成立して最速なものだが、予め参考程度の世論調査と言いながら、麻生内閣の支持率は37%台、不支持は40%台だった。
本来ご祝儀支持率で、安部、福田首相の発足当時のように60%前後は行くもので、小泉首相の最高支持率は78.4%だった。
最高支持率の低い方というのは、森内閣の33.3%、村山内閣41.9%、橋本内閣46.8%、小渕、宮沢内閣の47.6%。
こんな風に見てみると、支持率が悪いのは左派政権か、官僚政治に傾倒していた政権の支持率が悪いことが単純に見て分かる。
兎に角、麻生内閣の陣容を見ていると、女性閣僚もほとんど目立ったことがない小渕優子だったり。
夫婦別姓、事実婚を選択するようなリベラル傾向の強い野田聖子だったりと保守派にとっては新鮮みのない人事だった。
その上、かって江沢民の銅像を造りたいと言い、中国べったりの経済産業相 二階俊博が留任というのは、「グリーンピア南紀(和歌山県)」被害を受けた那智勝浦町の関係者にとっては悪夢だろう。
なんと言っても、香港BOAOを紹介し上で、経済産業相の時に大臣室で契約したのに香港BOAOなど知らないというらしい。(『ウィキペディア(Wikipedia)』)

それにしても第一印象として、余り実績のない二世・三世議員ばかり(11人)の上、小泉派が事実上財務・金融担当相中川昭一しか入っていないと思われるのはマイナス要因だろう。

本来、福田内閣の裏返しとして「保守」で行くとしたはずなのに、獅子身中の虫を抱えた政権というのは国民として分かり難いと言うものではないか。

朝日、毎日新聞などが良く「お友達内閣」と言う事があるが、同じ政党で志を同じくする人物を選ぶことは常識だろう。
そこに、挙党一致として意見が違う人物が政権に入るのは、本来同一政党にいること自体おかしいというもの。
そして、もし民主党が政権取ったとき、同じ意見の人達を閣僚にしたら同じく「お友達内閣」と言うのか聞いてみたいものだ。

|

« アドレスV125Gスクーター使用感 | トップページ | 「よみうり寸評」9/25で読む悪い冗談 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻生内閣の支持率は37%台の低迷?:

« アドレスV125Gスクーター使用感 | トップページ | 「よみうり寸評」9/25で読む悪い冗談 »