« 第31回 馨香会展 を見る。(書道) | トップページ | 米国不良債権を日本に買わせる・日本大不況で崩壊 »

2008年10月 2日 (木)

紅茶のお話 CEYLON TEA GARDENS

普段朝食で飲む紅茶というのは、ティーバッグで‥‥というのは当たり前なのだが、単に値段だけの勝負で「日東紅茶」などで我慢していた。
それが、春先に「セイロンティーガーデンズセレクション」(CEYLON TEA GARDENS)という「アフタヌーン・イングリッシュブレックファースト・アールグレイ・ブロークンオレンジペコーを25袋づつ入ったもの」を阿部先生から頂いた。
これが非常に香りが良く美味しかったので、どこで買ったの?と聞いたところ「上野‥‥」。
その後、上野で探しても見つからなかった。
それから、上野の店では品切れだったよ!!と言う言葉と共に詳しく場所を聞いておいた。
‥‥フレーバーティが入荷したと言う話を聞いて、買ってみた。



店は、「WINE&DINE 上野店」(03-5830-4871)という上野駅構内の店。
高崎線から中央改札へ向うところの階段の下のリキュールショップだとは知らなかった。
聞いていた値段からすると‥‥価格、フレーバーティなので少し高くて、598円(税込)。
しかし、ネットで買うと送料別で700円以上するから随分とお得だ。




フレーバーティというのは、多少好みがあって、「嫌いという人も多いから」ガーデンズセレクションの方が一般的だろう。



しかし、たまにの疲れを癒すための「アップル・ピーチ・ストロベリー・マンゴーの香りがつけられた、香り豊かなフルーツティー」 というのも良いかもしれない。
実際、この手の紅茶はスーパーで買っても結構高かったりもする。




フレーバーはそれほど強いと言うほどではなく、ほどほどなのだが気分転換にはよい。



又、別の種類の紅茶が入荷したら買っておこうと思っている。

|

« 第31回 馨香会展 を見る。(書道) | トップページ | 米国不良債権を日本に買わせる・日本大不況で崩壊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅茶のお話 CEYLON TEA GARDENS:

« 第31回 馨香会展 を見る。(書道) | トップページ | 米国不良債権を日本に買わせる・日本大不況で崩壊 »