« 信州・上田・別所温泉・塩田平への旅 | トップページ | 6か国協議首席代表会合・日本をパスする北朝鮮問題 »

2008年10月21日 (火)

優柔不断・石原伸晃・大竹まこと ゴールデンラジオ!に出没

10月20日大竹まこと ゴールデンラジオ!「大竹のメインデッシュ ゲスト」として石原伸晃衆議院議員が登場した。
石原伸晃衆議院議員は、先の自民党総裁選挙の泡沫候補として出馬したのは誰もが知るところではある。
しかし、石原伸晃衆議院議員というのは、近頃はっきりした発言は一切していない。
そう言えば、まだ総理大臣などまだまだであった頃の故橋本龍太郎氏とよく似ている。
かって、橋本龍太郎氏は一般常識から見て「おかしいこと」を「おかしい」と言われたとき、「そんなことを言われてもね‥‥手続きが云々」と官僚手法の常識しか言わなかった。
だから、橋本龍太郎氏をして、橋本(課長)補佐と陰口を言われていたのは有名な話だ。
その線で行けば、石原伸晃氏はそう言う系統の人物だろう。

たとえば、今日大竹まことが、日銀の低金利政策を批判した「カマ」をかけたが、「そうですね」と乗ってこず。
大竹自身、経済など「鸚鵡経済学者」ほどにも分かっていなかったから、逃げられてそのまま撃沈。

あとは、当たり障りのないどうでも良いような事ばかり、もう終わってしまった総裁選の裏話をしても毒にもならない。
もともと討論番組を見ていても、大方切れ味の悪い発言ばかりに終始している石原伸晃氏だから案の定というところである。
結局、政治家としての石原伸晃衆議院議員ではなく、都知事の息子、タレントの石原良純兄として呼んだのであるなら、さもありなんというところだ。
はっきり言って、非常に主義主張がわかりにくい人物であり、どう考えても優柔不断の様に見えてしまうのは期待はずれだ。
そうであるから、文化放送もゲストに呼んだと思えば、そうかと思うものだが。

|

« 信州・上田・別所温泉・塩田平への旅 | トップページ | 6か国協議首席代表会合・日本をパスする北朝鮮問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 優柔不断・石原伸晃・大竹まこと ゴールデンラジオ!に出没:

« 信州・上田・別所温泉・塩田平への旅 | トップページ | 6か国協議首席代表会合・日本をパスする北朝鮮問題 »