« 上毛新聞コラム「視点」・核家族の視点でしか捉えられない金融機関支店長 | トップページ | 第59回群馬県書道展(官展)・祝賀会 »

2008年11月30日 (日)

第59回群馬県書道展・表彰式開催される・写真集

第59回群馬県書道展・表彰式が平成20年11月30日(日)高崎市の高崎ビューホテルで午前11時から開催された。
開会の言葉、(社)群馬県書道協会副理事長・柳井和翠・表彰部長の挨拶で始まる。

‥‥ということなのだが、表彰式の裏方としては始まる約1時間前の風景から見てみよう。

表彰式の受付もまだまだ閑散として、役員、審査員の先生方の名札もあまり減っていない。

大部混んで来ました。
会場で、先生の先生の先生ぐらいの先生とお話をしていたりします。そのぐらいの先生だと、全国レベルで指折り数えるくらいですから、結構恐縮した様子。
その他、何年か前の山﨑種二記念特別賞を貰った先生も見えています。
又、賞状と筒を持っている人は、「秀作」という賞をもらった人達。
副賞は、見せてもらったら、キュービック型(さいころ型)のガラス文鎮でした。小生が「秀作」を貰ったときは、副賞もなく賞状も金の枠のない簡素なものでしたね。

表彰式直前となるとこの様に混んで来ます。
本当のことを言うと、こういう風に「賞」を取れるときと言うのが一番嬉しい時でした。
やっと賞をもらって「秀作」で受付で賞状を貰うより、「特別賞」なら‥‥受付をするだけ。
これも小生の時は、賞状を入れる筒もなく「秀作」は式が終わってから貰いました。正直言って、まだ「秀作」をもらっているうちは「委嘱作家」という無鑑査までは遠い道のりです。
委員‥審査会員までは本当は、気の遠くなるような道のりなのです。
誰も言いませんが。
今回委嘱大賞をもらった人で、近代詩文の委嘱作家の先生は、委嘱歴36年か39年とか言っていました。
‥‥でもあと3年しないと委員になれません。
2.主催者挨拶。
(社)群馬県書道協会会長・水谷龍雲先生 他

3.審査報告
第59回県書道展・審査部長
(社)群馬県書道協会・下谷洋子理事が審査報告をしています。

4.授賞
昔は、表彰式ではなくで「授賞式」と言いました。そのうち「県庁」レベルからクレームがついたのか「表彰式」になりました。
授賞式は、公募優先という原則から第1位は、知事賞です。

さすが、知事賞だと華やかな出で立ちです。
特に、「受賞者代表謝辞」などは非常に目立つので、着物だと華やかで良いです。
近年は、賞状と盾になりました。
昔は、トロフィーが表彰台の横に並んでいて、いかにもでしたが、最近は箱入りのままです。

小生などが知事賞をもらったとき、副賞(トロフィー)の他に賞状額をもらいました。
賞状額が付いてきたのが上位3賞位だったか、2賞だったか記憶にありません。
今回見てみると、盾が無くて賞状額のみの場合のあるようです。
尚、名札があるのは上位4賞までです。
作らなかったのは、ケースと手間、費用の関係ですけどね。

それにしても、今年は表彰式の風景がくすんでいます。なんでこうも溝鼠色なのでしょうか。
うちの社中の委嘱大賞受賞者に、「結婚式のパーティ」に行く感じに装ってこい‥‥ダメでも「花ぐらい」つけてこいと注文しましたが、来てみたらPTAの「保護者会」以下でした。
お通夜に行くのではないのだぜ‥‥‥まったく!!
まだ若いのだけどね‥‥‥
主催者側の賞状介添えが着物なのに、貰う方が「地味」ではねぇ‥‥

星野聖山先生の特別賞です。
但し、群馬県から直接出る「賞」の場合‥‥公募は全て本名表彰するのと同じに雅号を使いません。

受賞者代表謝辞、第4部の近代詩文の知事賞の受賞者。

表彰式が12時30分に終わって、13時から祝賀会です。
参加者385(?)名強だったか、大盛況です。
先ほどまでの、表彰式受付がそのまま祝賀会受付になっています。
次回は、祝賀会を特集。

ほんのさわり‥‥

何やら30年前なら振り返って見てしまいそうな奥様方でした。
皆様、ラウンド40の手習いだったのでしょうか。
基本的に、「道」と付く習い事というのは、良いところの「奥様」「お嬢様」に決まっていると言われます。
何と言っても、お金と暇がかかります。
そしてその上に、努力と才能。
そして、そしてもっと掛かるのが時間と「運」。
これはどこの世界でも同じかもしれませんが。

|

« 上毛新聞コラム「視点」・核家族の視点でしか捉えられない金融機関支店長 | トップページ | 第59回群馬県書道展(官展)・祝賀会 »

保存用美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第59回群馬県書道展・表彰式開催される・写真集:

« 上毛新聞コラム「視点」・核家族の視点でしか捉えられない金融機関支店長 | トップページ | 第59回群馬県書道展(官展)・祝賀会 »