« オバマ米大統領選勝利・戦後世代大統領を分析する | トップページ | 次期花子 RC版 到着Justsystem »

2008年11月 6日 (木)

消費低迷と言いながら地方は、冬対策で泣きの大出費

消費低迷と言いながら地方は、冬対策で泣きの大出費
悲しい顔

新聞では、百貨店で売り上げが伸びないと報道されている。
地方では百貨店などで定価販売で買う人などはおらず‥‥と言ってもバーゲンだから、いや潰れてモールへ買いに行ったと言うところかも知れない。
但し、そんなものは今すぐ買わなくても命に関わることではない。
しかし、東京から一歩離れた地方、冬になれば道が凍結するかもしれないところは、これからスタッドレスタイヤを購入するシーズンになった。
今、カーショップやタイヤセンターというタイヤを売っているところは、「予約受付中」との幟が目立つ。
こんな時は、まだまだタイヤもあるかなと言うところだ。
10年も前に車を取り替えたとき、ホイールとスタッドレスタイヤまで新調すると「福沢さん」が10枚近く消えたことがあった。最近は早期割引だとそこまでは行かないとしても結構良い値段だった。
それて、雪が降ったら出かけないようにしようとか、チェーンで誤魔化そうとかで2年ほど経った1月中旬、大雪になってしまった。
ところが、こんな1月になるとメーカーにも在庫がないし、ましてホイールが見つからないことがある。結局中古アルミホイールを探して装着したが、結構良い値段になったことがある。

いずれにせよ、12月にでもなると装着できるタイヤがないなどと言う事もしばしば。
それで、11月の初旬に予約して確保と言うことに。
それでどんなタイヤ‥‥225/55R17‥‥!!はっきり言ってこんなタイヤサイズなどカーショップのチラシでは見たことがない。
セールキャンペーン(25%引き、プラス5%引き、プラス4000円キャッシュバック)だった店に寄って見積もりを取ってもらうと、ヨコハマアイスガードIG30‥17インチアルミで値引きして後でなんと\159,410ブラス\4000円キャッシュバックで\155,410円。
アルミも大したことはない典型的な安物タイプのものでこれか‥‥

そして、今年は「業界に追い打ちを掛けそうなのが暖冬。」と呼ばれているのだが、暖冬の時にほど「里雪」型という平地に降る雪が増える。
こんな雪が降ったら、あと道が凍り付いて朝晩は怖くて走れない。
ものは命あっての物種だから、スタッドレスタイヤ買わなければと思うが、手がでないと言うもの、
なんと言っても、当地は空っ風で有名で普通は雪など降らない地域。
もっとも、ネットで探せば同等品以上のものが12万円(送料込)である。
色々思案のしどころと言うが、残された時間は少ない。
なぜなら、スタッドレスタイヤというのは、一般的に多く売られているものは別として早い者勝ちという代物だからだ。

|

« オバマ米大統領選勝利・戦後世代大統領を分析する | トップページ | 次期花子 RC版 到着Justsystem »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費低迷と言いながら地方は、冬対策で泣きの大出費:

« オバマ米大統領選勝利・戦後世代大統領を分析する | トップページ | 次期花子 RC版 到着Justsystem »