« 東金市田間の保育所園児遺体事件について今にして思う | トップページ | 官僚に取り込まれた「麻生政権」の限界 »

2008年12月10日 (水)

FinePix F100fd~とGX200 VF KITの比較

FinePix F100fd~とGX200 VF KITの比較
FinePix F100fdを室内用と人物撮り用として買ってみた。
1200万画素・従来比400%というワイドダイナミックレンジを実現しました。‥‥という・超高感度ISO3200を1200万画素で実現した、第8世代・スーパーCCDハニカム™VIII 「HR」‥‥そして、発売が2008年3月15日半年以上経ったけれど、フジ・コンパクトカメラの最上位機種。
発売から時間が経っている終末モデルなので、何と言っても値段が安い。
カメラのキタムラで、1000円分の下取り値引きしてもらって20000円だった。
下取ってもらったのは、例の100円の「高級カメラ」。
それでは、20100円だろうとはいうものの、Tポイント190円(追加)なので実質上20000円を下回っている。
それで、意気揚々と帰ってきて‥‥フジ製品の「運送スレ防止用液晶保護フィルムなし」のずさんな梱包にも無頓着で開封して気がついた。
まずレンズ鏡筒の廻りに油汚れ。
これが結構強力でメガネ用のクロスでは完全に拭き取れない。
そして、拭き取るとレンズ鏡筒のスレ傷。

それでよくよく見れば、テープを剥がした跡。
そして油を拭き取ったような跡で部分的に変色。

黄色矢印は、汚れ、変色などの部分。
FUJIFILMのロゴの当たりから奥が油染みを拭き取ったような黒変色。

黒い筋がテープを剥がした跡。

こびり付いた汚れ(?)又は、傷。
‥‥ということで、翌日キタムラに行って新しいものと交換してきた。

確認して、取り替えてきたので新しいものはこんなに綺麗。
品番は、S/N‥8D0××××××で交換したものと同じ2008年4月製造品。
日本に入荷したのは、5月というところだが、「デジタルカメラ用バッテリーチャージャーBC-50」は10月製造の良品に変更。
FinePixViewerは、初期版。 ファームウエアバージョンは、5月7日更新の最新1.02‥‥この時期の製品。
何やら、あまり売れなかった製品という感じがする。
いずれにせよ、製品の最終になると店頭引き上げ品や展示品が問屋に返品として流れ、これが出で来ると先のような変な商品が出る。
これも、「運送スレ防止用液晶保護フィルムなし」といういい加減な「フジフィルム」の製品管理体制にある。
なぜなら、この「液晶保護フィルム」を一旦剥がしてしまうと、フィルムに静電気でゴミが付き二度と貼れない。
だから、今のデジカメは一旦箱から出して店頭に並べると戻せない様になっているのである。
元々、フジフィルムのカメラというのは「品質管理の悪さ」と「製品の柔さ」という欠点があって、長年カメラを作り付けている割には一向に直らない。
フジのカメラは実は銀塩時代のコンパクトカメラを入れると3代目である。
それは、ティアラ・ズームとクラッセで、高級コンバクトという部類のクラッセというのが、立派なケースに入ってきたものの結構製品自体は「チープ」だった。
それに、なにか「品質管理の悪さ」をその時感じたものだった。

今度は、一回開けたのでビニールシートが多少ピンとしていない。

部品全部は、こんなもの。

前回の機種にあった油染みの変色もなし。

それにしても、ストラップをつけるのに結構苦労する。
他社製品は、細い紐の部分に糊が付いて固くなっていて、簡単に通すことが出来たがフジのものは、コシがない。
結局荷造りワイヤーで引っ張って、なんなく成功した。
そう言えば、ストラップをつけずに落として壊したという「記事」もあった。

FinePix F100fdの映像。

一方、同じ1200万画素であるリコー・GX200 VF KITでは、

28mmと24mm相当という画角の違いと共に色合いが違う。
但し、FinePix F100fdでは、色合いを変えることか出来る。
等倍で細部を見てみてると‥‥
FinePix F100fd

GX200 VF KIT

これから見てみてると、GX200 VF KITよりフジの方が色合いが地味で、多少アンダーである。
カメラの性格の違い、そして価格差を考えるとFinePix F100fdはかなり検討している。
特に、FinePix F100fdはストロボを使う事に関しては秀逸で、GX200を軽く凌駕する。
人物撮りなら多分GX200は敵わない。
一方、風景やスローシャッターで稼ぐ描写になるとGX200であろう。
FinePix F100fdは、オートで撮るカメラで、一旦GX200並にマニュアルを効かせようとすると、一転して難しなる。
何と言っても、低輝度のところはFinePix F100fdはISOの増感で、GX200は、スローシャッターでという思想の違いがある。
FinePix F100fdというのは、結構高性能カメラなのにその性能の半分程度しか使えないと言うのは残念な気がする。
それにしても、最初に買ったカメラの状態。
1-2日使ってところで、あのように汚くならない。
相当長時間何かにさらされた感じがする。
但し、電源を入れたわけではないので使用されたかどうかは不明である。
そう言えば三宝カメラでα7を買ったとき、電池が入っていた上に起動せず、電池ボックスを開けたら逆に入っていたということがあった。
「三宝カメラ」は、新品も開封して陳列棚に入れるクセがあったが、最近は知らない。
逆に言えば、安いのは「展示品」だったりする「曰わく因縁」のカメラなのかも知れない。

一方、キタムラではPentax*istDを買ったとき、製品の末期だったから、実は妙な「初期ロット」をつかまされたことがあった。
‥‥Pentaxには付いている当然「運送用液晶保護フィルム」はなし。
初期不良で2回修理、調整で1回。

そう言えば、このFinePix F100fdも初期ロット近い代物。
しかし、問屋からの出荷が11月と思われるのも、実に怪しい製品ではある。

|

« 東金市田間の保育所園児遺体事件について今にして思う | トップページ | 官僚に取り込まれた「麻生政権」の限界 »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FinePix F100fd~とGX200 VF KITの比較:

« 東金市田間の保育所園児遺体事件について今にして思う | トップページ | 官僚に取り込まれた「麻生政権」の限界 »