« 映画・俺たちは天使じゃない(1989)を見て | トップページ | なぜこうも新聞記者は、書道について無知なのか »

2009年1月28日 (水)

α700 DSLR-A700 、A900互換バッテリーを試す

α700 DSLR-A700 、A900互換バッテリーを試す

デジカメも最近は、ひょんなことから買ってしまったFinePix F100fdばかり使っている。
色合いだとか暗いとか以前のエントリーで書いたが、補正をしたり「お店プリント」をすれば大した影響でもなく便利に使っていると言うのは妙なものだ。
特に最近のプリンターは明るく描写されるようで、うちのip8600という数年前のプリンターとは相性が良くないかも知れない。
前に使っていたリコーGRDIIは、単焦点だけあってひょいとしたスナップには使い勝手が悪い。GX200では大事に扱わないと壊れそうで怖いという感じがする。
そんなこんなで
FinePix F100fdばかり使っていると言うところなのだが、真剣に撮ろうと思うとデジ一眼レフに敵うものは無い。
元旦のニューイャー駅伝には、
SONYのα700 DSLR-A700を使って、秒5コマのお陰で今年は何とか写真になった。
一方Pentax K10Dでは、高輝度点にAFが引かれてピンぼけ写真の連続だった。
やはり、
K10Dでは動くものはどうしようもない。だから席上揮毫も暗いところに強いα700の出番だった。
そんなこんなで、α700を緊急に持ち出す事が多いのだが、実は電池の減りが早い。
早いと言っても、
「バッテリー残容量は“インフォリチウム”システム採用により、カメラ本体の液晶モニターで5段階のバッテリーアイコン表示に加え1%単位の精度で表示」とあって、その%を随時見るから減っているように思える。
実 際、FWのアップなどでは電池残量が50-60%だと動かないことがあった。それで予備電池を考えるのだが、縦位置グリップ VG-C70AMだと2個着装出来る。但し、純正の「リチャージャブルバッテリーパック NP-FM500H」(希望小売価格8,925円(税抜価格8,500円))は非常に高価だ。
それで、掲示板などを参考にしてROWA JAPAN(ロワジャパン)の互換バッテリーを買う事にした。
当初は、中国製のバルク電池(1650mAh)を使用した1,680 円のものもあったが、その時売り切れでメーカーではパルクセル品を売っていながら、日本製のセルのものを推奨していた。
今は、「売れきれ」になっているサンヨーセル(1600mAh)のものは、純正より容量が小さく3200円と割合と高かった。
その後、日本セルはPANASONICセル(1500mAh)のものが出たので、2個セットを買ってみた。

定形外の封筒で送られてきたのは、中国で組み立てられたの。

バルク電池を使用した方が、純正ににた感じがある。
縦位置グリップ VG-C70AMのフォルダーに入れて見ると、

こんなもの。
これで、2390円(2個4780円)。
フォルダーに入れる順番を間違えなければ、正常に使える。

電池1、2をカメラが認識していることを示す。
そして、互換バッテリーの方が純正より容量が小さいので大方純正より互換バッテリーを優先して使う事が出来る。(電圧の低いものから使用することになっている。)
要するに、バッテリーの電圧が低い方から使い切る仕様になっている。
但し、入れる順番は1に互換バッテリー、2は純正品と言う事で決まっている。
これを逆に入れると認識しないのが不思議。
当然カメラ本体は、1なので問題なく作用する。
従来型のバッテリーはα100に使われていたNP-FM55H。
新型のNP-FM500Hは大分賢くなったというものだ。

但し、ROWA JAPAN(ロワジャパン)の通販で買うのだが、HPのリンクからNP-FM500H互換バッテリーは探す事が出来ない。
製品の品番の一部で探す手間が必要だ。

いずれにせよ、結構手間がかかる。
それでも購入出来て、実際に使えるとなんだがホットした気分になる。
メーカーでは、電池が眠っている場合があるので、3-4回の放充電を繰り返せと注意がメールできた。
暫時、カメラを使う必要があると言うのも面倒ではある。

|

« 映画・俺たちは天使じゃない(1989)を見て | トップページ | なぜこうも新聞記者は、書道について無知なのか »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: α700 DSLR-A700 、A900互換バッテリーを試す:

» 往年の国鉄ディーゼルカー「キハ65形」解体の危機  [fojfoj]
日本の高度経済成長を牽引(けんいん)し、車体の塗装と座席の状態が全国で唯一、旧国... [続きを読む]

受信: 2009年1月28日 (水) 14時30分

» 携帯電話を忘れた時、「取りに帰る」人は約7割 [kdgishi]
このほど、セガが提供する携帯電話用サイト「ヒトカラ」では「通勤や通学の途中、自宅... [続きを読む]

受信: 2009年1月28日 (水) 14時37分

« 映画・俺たちは天使じゃない(1989)を見て | トップページ | なぜこうも新聞記者は、書道について無知なのか »