« 1月5日の憂鬱な日々は昔 | トップページ | 建築基本法の制定の制定で‥‥又ぼったくり特殊法人大もうけ »

2009年1月 6日 (火)

ジャストシステムJUST Suite 2009を予約した

ジャストシステムJUST Suite 2009を予約した

今年もJUST Suiteの季節が来た。
今回、予約したのは「JUST Suite 2009 特別バージョンアップ版(DVD)」。
買っているのは、今Just MyShopなのだが昔は、電気屋などでキャンヘーンのお姉さんも出で宣伝をしていて、そのJUSTの赤い袋に入れて買ってきたものだった。
元々一太郎10の頃からのつきあいだと思うがら、もう10年目になる。
履歴を見てみてたら、一太郎11&花子11 スペシャルパックからパッケージ版を買っていた。一太郎2005&花子2005スペシャルパック[三四郎]くらいから三四郎がつき、JUST Suite 2007からShuriken 2007が同梱になった。
今でもそうだと思うが、一太郎以外のソフトというのを使っている人を見た事が少ない。
特に花子などは、自分でも3年くらいは使わなかったものだ。
まあ今では必ず使う時があるもので、花子2009RC版も試させて頂いた。
但し、こういうソフトというものは、説明書も読まないので新機能が出来ても使えないという事も多い。逆に言えば使わない様な事をやっていたりする。
まして、三四郎になるとほとんどがエクセルを使っている関係から、使わないしたまに使っても操作が分からない事も多い。単刀直入なロータスの方が分かりやすかったりもする。
プレゼンテーションソフト「Agree 2009」などは、宝の持ち腐れというかほとんど起動した事もない。
小生が、一太郎に固執するのは日本語入力システム「ATOK for Windows」のフォントの多さだと思う。
なぜかというと、書作品の題名の文字を探すときにATOKだとほとんどあることがある。
ほとんどある‥‥あったのは、ATOK2007か2006で2008では無くなってしまった漢字が不思議と多い。
書道協会のパソコンは古いATOKが入っていて、それで作ったデーターを持ってきて印刷しようとすると「・」になっている事がたまにある。
そうすると、こちらでは「外字」を作って印刷し、協会の方では逆に「・」となるから入力し直すという無駄な事もある。
それにしてもATOKというのは、新しくなればなるほど漢字変換しなくなった。
早く言えば、漢字が候補に出で来ない。それで、一々単語登録するか手書き文字で入力するなど、妙な事になってしまった。

ATOK自体は進化しているのに、漢字に変換出来なかったり使いたい漢字が無くなったりするのは逆に「退化」と呼ぶべきものだろう。

さて、JUST Suite 2009なのだが、端的に言えばMicrosoftのOffice2007で出来た事が一太郎などで出来るようになった。
「文字飾りの属性をリアルタイム反映」というヤツで、
「ツールボックスからフォントや文字飾りを変更する際、選択中の設定が文書に反映されるようになりました。これにより、確定しないとイメージがつかめず、何度も繰り返していた作業がなくなり、文書作成効率がぐんとアップします。」

これは、Word2007やExcel2007などで出来たことだった様な気がする。
又、「楽々はがき2009」の簡易版「楽々はがき セレクト for 一太郎」が付いた。
「楽々はがき2009」を持っているから別に必要ないものだが、「楽々はがき2008」も2009もどこが違ったのか対照表でも見なければ良く分からない。
いままで出来なかった事が、あれ出来るのだったけな??というのが「バージョンアップ」だったりする。
いずれにせよ、いつの間にかJust MyShopのWeb版で購入する事になったが、毎年のように郵送でも来る。これは、参考になって良いがその時は予約してしまった後というもの。
そして、Just MyShopで買うとなぜか益々安く買えるようになった。
元々、JUST Suite 2009 通常版(DVD)MyShop価格 23,625  円(税込)[税抜 22,500円]というのだが、「ジャストシステムや他社オフィス製品の登録ユーザー様なら特別優待版 17,010円[税込]」というのがあって、「2009/01/30 10:00 まで、ポイント1810pt増量 → 【2,620pt】になります!」
それが、ユーザーの「JUST Suite 2009 特別バージョンアップ版(DVD)15,750円[税込]」「2009/01/30 10:00 まで、ポイント1750pt増量 → 【2,500pt】になります!
DVDドライブが必要です。★今なら、予約特典(基本ポイント2倍)とラッキーポイントキャンペーン(+1,000pt)でポイント大幅増量中!(2009年1月30日午前10時まで)※ログインしてご購入の場合」と3500pt。
そして、CC払いだと3750pt付く。

実際、小生などの「プラチナ会員」だとスイート/一太郎が10%OFF!【バージョンアップ版も】」
それで、最終価格14,175円(3750pt)という事になった。今回は、pt値引きは次回に持ち越したが。

一方、MicrosoftのOfficeはどうか??
未だに2003でここからバージョンアップする気はない。
アクチベーションがあるソフトというのは、もうほとんど買わない。
ほんと困ったら、騙し騙しOffice2000を入れるかというが、XP以降だとソフトが落ちる(停止する)という様な事があるらしい。
以前実際やったところ、いろいろ順番があって正常に動くことも多そうだ。
逆に、Win XPにOffice2007を入れると「固まる(フリーズ)」という事が度々ある。
一時期、Office2003と一太郎との相性が悪い事があって、一太郎がフリーズ(当時修正プログラムで補正)することもあった。

まあ、又二月を楽しみにと言うところだが、今度は見た目が変わっていると言う。
但し、花子2009RC版を見る限り、操作性はMicrosoft Officeの様に変わっていない。
いずれにせよ、ATOKの改悪だけは何とか直っている事を望むものではある。

SuperXP Utilities Pro‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ついでに書いておくと、「SuperXP Utilities Pro 3 」が落ちたのは、IE7の影響だった。
HPに修正プログラム(2006年)があって、導入したら正常に作動した。
Win Vistaでは、「SuperXP Utilities Pro 3 」は対応になっていなかったから、SuperXP Utilities Pro 6を買ったのだが、「インターネットを利用したライセンス認証を行います」と起動する度に認証をする。
これは、2台分のまで「認証」を取れるバージョンを買ったのだが、「ワンクリック全自動クリーナー」以外のシステム関連は、Vistaでは使えない仕様になっている項目もある。「メモリのクリーニングと最適化」は「Windows Vista では自動でメモリの最適化が行われるため、本機能は実行、確認できますが効果はありません。」だし、「ノートPCの温度監視」も「ハードディスク診断と監視 (SmartHDD)」も使えなかったか又は、フリーソフトのDiskInfoを上回るものではないというのが痛いところだ。

本当に役に立たないソフトの部類なのだろうと思う。
第一、IEを使っていないとキャシュも取らないから、「ワンクリック全自動クリーナー」も必要ないという事もある。
これも、余程のバージョンアップでもなければ買わないかもしれない。
これで「第11回ベクタープロレジ大賞(ユーティリティ部門)」だと言うが、他の製品を見てみてもなるほどと思わせるものだった。

|

« 1月5日の憂鬱な日々は昔 | トップページ | 建築基本法の制定の制定で‥‥又ぼったくり特殊法人大もうけ »

09バソコン・プログラムその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャストシステムJUST Suite 2009を予約した:

« 1月5日の憂鬱な日々は昔 | トップページ | 建築基本法の制定の制定で‥‥又ぼったくり特殊法人大もうけ »