« 日本の経済学者は旧帝国軍人並に応用効かず | トップページ | 子供の進学と昔の勉強法との違いに戸惑う スパムコメント削除 »

2009年2月 2日 (月)

2月節分を前にして思う事

2月節分を前にして思う事

平成21年1月も何やら過ぎ、2月になってあと少しで節分を迎える。
世の中と言っても自分自身の廻りで起きている事に関しては、もう既に今年の春からの出来事が予測される。
‥‥と言うかもう既に多くの事が起きている。
節分を期に予想に反して大転換したもの、も不思議とあるのは今年は先が読めない年なのかも知れない。
今になって、1月下旬の「嵐の前の静けさ」は終わり、春先のことまで現れてきてしまったのには驚きを隠せない。
一月末(2009/01/24)には、市民展の搬入だった。
例年搬入当番をやっているのだが、今年は昨年まで使っていた公民館が廃止になり「前橋プラザ元気21」に移ったので別の公共施設を使った。
廃止になった公民館というのは、TVドラマ「ゴンゾウ~伝説の刑事」、「SF忍者」、「GacktPV」、「stoopyriderPV」、「斬KILL」のロケ地として使われているところで 、近年使いやすい建物として有名だ。(読売新聞)
それが、元の市立高校の跡地に作られた総合福祉会館(?)というところになった。
元々高校だったところだから駐車場は広く、車で行くのには困らないし裏通りに面していて混雑もさほどではない。
しかし、ここの施設というのは3階まで吹き抜けの体育館のような広いフロアが一回にあるものの、階段を利用しようとするとまともに上階まで上がれないという不思議な施設だ。二階に上がり、3階に上がろうとすると階段がない。
階段は、回廊の様に吹き抜けの周りを回る廊下の反対側なのである。
たまにいったら、エレベーダーでも利用しない限りどこにも行けないような施設。
そして、自動販売機で缶コーヒーでも飲もうと思うと、寄付金が付いて一般より10円高いと言うところ。
それは兎も角も、小生の関係する部門では出品点数は昨年から見て1点減だった。
書道部門は、全体で何点だのか今年は当番審査員ではないから詳細は分からない。
昨年通りとするならば、600点前後700点には届かずか。
県書道展の2,000点強には遠く及ばないが、群馬県で2番目に大きい公募展に違いがない。(但し、市民展の総出品点数は絵画、写真部門を含めるので遙かに多い。)
前橋市民展も今では審査も終わり、2月末の表彰式、祝賀会、陳列を待つのみ。
審査もどうなったのか、悲喜こもごもである。

2月になって変わった事。
下らぬことなら、申し込んでおいたCCカードが二枚届いた事。

その他は何やら言いたくない、がっかりする事ばかり。但し、書道とは関係なし。
本当は、がっかりしなかったら書こうと思っていたのだが、書く気が失せたと言うものだ。
だから何が変わったのかと言えば、元の軌道に戻ったまでなのだが。

CCカードは、ガソリンを入れるためのJOMO CCカード。これを使うと3円/L安くなる。
ガソリンが安くなるカードというのは、このJOMOカードの他にMIDOカードやその他NTT、UCSカードでも2円/L安くなるが、スタンドのカードの方が分かりやすくて良い気がする。

もう一つは、K-Power Cardという携帯電話料金を(5万円使うと凡そ1500円)割り引くというカード。
そもそもこれに乗り換えるというのは、P-oneという元サティブルーカードの特典(割引き上限1,500円まで)が悪くなったからに過ぎない。
こういう不景気だから、少しでもメリットを見つけようという試み。
みみっちいことかも知れないが、例え月額1,500円でも年間18,000円。
バカにならないのである。

|

« 日本の経済学者は旧帝国軍人並に応用効かず | トップページ | 子供の進学と昔の勉強法との違いに戸惑う スパムコメント削除 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月節分を前にして思う事:

« 日本の経済学者は旧帝国軍人並に応用効かず | トップページ | 子供の進学と昔の勉強法との違いに戸惑う スパムコメント削除 »