« 雑誌「諸君!」の意図的・休刊疑惑はありや | トップページ | 東芝製SDHC Class4海外版SD-K04G検証 »

2009年3月 3日 (火)

一太郎2009 重い、使えない その2

一太郎2009。
これはどうも失敗作だったようだ。
なぜなら、バックアップのために定期的な保存をするときに、一時的に「一太郎2009」がハングアップする。
その間1秒もないのだが、文章を打ち込んでいるうちに一瞬キーボードを受け付けなくなる。
フラウザーを起動して参照しながらだと、「一太郎2009」を選択して戻るときに1秒くらい「一太郎2009」が認識しないことは以前述べた。
これは、「一太郎2009」のハグなのかどうかはわからないが酷いものだ。

それで、「手」のマークが「I」の様になって文字が打ち込めるまで一瞬待つことにした。
しかし、これは何やら使う気をそぐもの。
IEだと、たまにフリーズすることがあって、そんなときは不思議と時間が掛からないことがあった。
しかし、他のフラウザーだとそんなことはないから、「一太郎2009」は改善されない。
Justsystemのメーカーの方も、こんな動作が鈍いことなどは、気づいているはずなのだか、小生が使っているWinXPではテストしなかったのだろうかと思う。
VISTAに「一太郎2009」を入れて確かめてみる??
しかし、XPでダメでVISTAならまともに動くと言うのでは使い物にならない。
今後、この状態が続く様なら、最終的に「一太郎2009」を2008に戻す算段をしなければならないと思う。

|

« 雑誌「諸君!」の意図的・休刊疑惑はありや | トップページ | 東芝製SDHC Class4海外版SD-K04G検証 »

09バソコン・プログラムその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一太郎2009 重い、使えない その2:

« 雑誌「諸君!」の意図的・休刊疑惑はありや | トップページ | 東芝製SDHC Class4海外版SD-K04G検証 »