« 占いで見る・元モー娘。藤本美貴と「品川庄司」庄司智春の結婚 | トップページ | SONY・70-300mmF4.5-5.6G SSM »

2009年3月26日 (木)

卒業式シーズン・最近の小学校の卒業式 風景

2009年3月24日は、住んでいる地域一斉の小学校卒業式だった。
紹介する小学校は、群馬県で一番早くできた伝統校である。
その名は、桃井小学校。

近年は、小学校への入学には「入学服」と言って、ブレザータイプの上下お揃いだったりする。
それも入学式しか着ないから全くもったいないものだ。
かといって、昔も白衿の付いた紺の服を着たような気がする。
そして、最近は「卒業服」というのがスーパーなどで売られていて、「なんちゃって」制服なのだ。
スーパーの卒業服は大方10000円前後で、あまり素材も良いものではなかったりする。
実際のところ、中学生になると制服があって体操着までそろえて、一揃いで90000円近くもする。
その伝統のある「ダサイ制服」に比べればかなり今風である。

卒業式は10時からなのだが、保護者は9時半から受け付け45分まで控え室で待つ。

この部屋というのは、コンピューター室なのだが富士通の直ぐにでも毀れそうな機種が並ぶ。
その上、キーボードはノート型パソコン配列のミニときているから面白いものだ。

さすが年度末の平日とあって、父親は数えるほどしかいない。

この写真は、卒業式が終わった後のもの。
良く「君が代」を歌わないとか、起立しないとかという報道があるが、別に違和感もなく最初に全員起立で「君が代」斉唱。
次に、校歌斉唱。

卒業式の後半に歌を歌ったのだが、何やら知らない様なもので「仰げば尊し‥‥」は歌わなかった。
但し、小学校では歌わないかもしれない。

それにしても、来賓祝辞に卒業生の鈴木貫太郎元総理の言葉ばかり(2回?)出で来る。
他の有名人もいるはずだから、何か無いのかと思ったりもする。
毎年使い回しの祝辞なのだろうね、新しい人が出で来ないのは。

卒業生42名。
その内転出3名、二つの中高一貫校へ各1名の2名。
どうと言うことはない、後の37名が同じ中学(1)へ進学する。
卒業生など、昔から見れば一クラス分だ。
それで、昭和32年に分離した「中央小学校」と近々統合されることになっている。
‥‥「中央小学校」は廃校。

小生頃は220人程度もいて三分の一は他の中学(3)へ、そして4%ぐらいが附属中学へ進学した。
本当に一生お別れになってしまった同級生も多い。
それに比べれば、大した感慨もないだろう。

卒業式が終わって、6年生は一旦教室に戻って12時過ぎにランドセルを背負って、校門を出る儀式がある。
それで本当の卒業というものだ。
それまで保護者は待っている。
そして、校門を出た6年生は、校門へ引き返すことなく裏門から校庭に入る。

自分たちの昔の卒業式はどうだったのだろうか。
本当はほとんど記憶がない。
その頃は、体育館など無かったから、大きな講堂と言うようなところに多分、クラスの代表が集まって貰ってきたと言うものだろう。何と言っても人数が多い。
そして、卒業証書は担任の先生から貰った。
だから、解散はクラスごとだ。
終わったところは、急に「ざわざわ」と賑わいが起き、そして静かになる。
うちのクラスはなぜか一番最後だった。
それは、先生が中々現れなくて卒業証書が貰えなかったのだ。

記憶に残っているのは、先生が校門まで送ってきて、一旦校門を出ろという。
古いタイプの先生だから、そして、戻るなと「厳命」する。
そしてほんの一瞬の別れを惜しんだのは、校門の外だった。
写真も撮るような時代ではないから、目に残るのは校門のところに立った同級生達。
そして、次々と姿を消す友達達。
そして最後に数人を残すのみとなって、自分も校門を後にした。
何と言っても、以後厳しい中学生活が待っていた。感慨に耽っているときではなかった時代だった。

それに比べれば、最近は感慨がない。裏門から入ってきて、全員の集合写真。
写真館のお姉さんがニコンのD200でバチバチ‥‥

女の子など、もう先生と身長も変わらないし、「なんちゃって制服」だからランドセルが妙に違和感がある。

但し、男の子は不思議とまだ幼い顔をした子供が多い。

お母さん方も先生と写真を撮ると言うのだが、何やら卑猥に感じるのは妙な気がする。
そして、4月以降も制服が違うだけで同じクラスになるかも知れないというものだ。

2009年3月25日の中学区域の防犯会議では、もう一つの中心部の小学校から30名前後(中高一貫校へ数名転出)と南部の新興団地の小学校から87名程度が同じ中学へ進学するという。
だから、中学1年生は凡そ155名の生徒数になる。

聞くところによると、その中学で過半を占める事になる小学校からの進学者に問題が多いという。
今日の会議でも、昨年一年間で「万引き」1件、その他小さな事件があったという。
その上、夏休みなど学校が休みになると、児童が一人で残されるような家庭が多いという。
昔は、そう言う児童を「鍵っ子」などと言って、決して珍しくなかったのだが、最近ではそう言う子が「悪さ」を覚えるらしい。

実際、中学の勉強という競争は既に始まっている。
春休みの春期講習というのは、学習塾にとって新中学生の囲い込みの時期。
だから、春期講習は「問題集」だけ又は、一切無料など言う学習塾は珍しくない。
半額程度の料金を取る学習塾は、小学校からの「特進クラス」中心のレベルが高いもの。
新たな新中学生はあまり必要としないと言うようなところだ。
そんなところは、よくよく見ればほとんど宣伝もしないし、入学パンフも遅い。

しかし、実際は子供と塾の相性というのがあって、ダメだった子供は一切の塾を辞めて通信教育にしたという事も聞く。
自分の昔を考えてみれば、塾に行っても先生は「解らなかったら質問しろ」。
それで、質問したら、「教科書をよく読め」だから話にならなかった。
もっとも、中学ではろくな塾がなかったから一般的な塾には行っていなかったが。

|

« 占いで見る・元モー娘。藤本美貴と「品川庄司」庄司智春の結婚 | トップページ | SONY・70-300mmF4.5-5.6G SSM »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卒業式シーズン・最近の小学校の卒業式 風景:

« 占いで見る・元モー娘。藤本美貴と「品川庄司」庄司智春の結婚 | トップページ | SONY・70-300mmF4.5-5.6G SSM »