« 「心理経済学」を理解しない学者、経済官僚達の無情 | トップページ | 少し身軽になった「一太郎2009」 まだ使い物にならない。 訂正 »

2009年4月13日 (月)

少し身軽になった「一太郎2009 」

少し身軽になった「一太郎2009 」

Justsystemからこの2月に発売になった「一太郎2009」。
この「一太郎2009」一見画面も統一されて、又花子などとも共通の使い勝手になった。
ATOKは益々賢くなって、打ち間違えても正しい文字句に修正されるし、再変換などマウスでドラッグして変換でいくらでも変わる。
ところが、定期的なバックアップでなんと5秒くらいフリーズした。そして、IEを使うとIEを選択してもマウスは「手印」が出て選択されない。
調子よく動いているなと思ったら、IEがフリーズしていたりした。
そこで滅多にフリーズしないFirefoxだとFirefoxから「一太郎2009」に切り替わるのに約5秒待たされた。
こんな事はなぜ気がつかなかったのか不思議なものだったが、漸く気がついたらしく。

「一太郎2009 アップデートモジュール」「2009.04.07・t2009up1.exe」を導入することによって多少は改善された。
「一太郎2009で発生している現象を回避します。また、一太郎2009の脆弱性を回避します。」「▼2009.04.07 公開版の回避項目」の中に動作の不安定さについて改善したとは書いていないが実際改善されている。
特に、「定期的なバックアップ」は、2008並に一瞬で済む様になった。
但し、未だにWebを参照しながら仕事をすると多少手間取ることがあるが、以前選択に5秒懸かっていた頃に比べるとあまり気にならないくらい。

しかし、時たま前の悪い癖が出ることもある。
もう少し早くなったら、何やら軽くなったという雰囲気になるのではないかと思う。

やれやれ

|

« 「心理経済学」を理解しない学者、経済官僚達の無情 | トップページ | 少し身軽になった「一太郎2009」 まだ使い物にならない。 訂正 »

09バソコン・プログラムその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少し身軽になった「一太郎2009 」:

« 「心理経済学」を理解しない学者、経済官僚達の無情 | トップページ | 少し身軽になった「一太郎2009」 まだ使い物にならない。 訂正 »