« <占い>でみる草彅剛氏の数日 | トップページ | 第10回記念 上毛書人会展 その2 »

2009年4月26日 (日)

最近のコンバクトデジカメ・一眼レフについて思う

最近のコンバクトデジカメ・一眼レフについて思う

昔 カメラは一生ものなどと言われたこともあったかも知れないが、最近では単なる消耗品になった。特に、変化が激しいデジ一眼レフなど毎年の様に買うと言うこ とはなくてもゴロゴロと転がっている。棚の上を見れば4台もほとんど使われないまま、充電され、完全充電のエネループ搭載でいつでも出動できる。
しかし、ほとんど持って出ることはない。
その4台とも画素数で言えば600万画素、条件の厳しくない昼間の風景の記録写真なら間違いなくそこそこに撮れる。ところが実際そんなときは、フジのFinePix F100fdを持って出る。
1,200万画素だし小さくてポケットにも入る。そして、失敗がない。
デジ一眼レフを持ち出す時は、普通失敗が許されない時や条件が厳しい時なのだが、古いカメラだと結構失敗したりするから持ち出す機会が少ないというもの。
ならば売り払えばとPentax K100Dの下取り価格を見れば上限13,500円、K10Dで上限26,000円。そして、上限というのは新品未開封品の場合だ。
実際使っているから精々「美品」、しかも付属品が全て揃っている場合。
要するに精々10,000円と少し程度にしかならない。
多少骨董的価値があるのは銀塩カメラの方で、CONTAXのT3だと買い取りでも30,000円以上もする。
逆に言えば、こういうカメラは趣味のカメラで売りに出さない事が多い。
そうして、カメラが増えてしまった理由は、持っているデジ一眼レフがいわゆるミノルタ系のSONYとPentaxの二系統になっているからである。

昔のことを言えば銀塩コンバクトカメラは、二眼レフその他を除くと新品で買ってもらったのはリコーオートハーフというカメラである。
一方、銀塩一眼レフは、同じように借り物のミノルタSRT-101を除けばOlympusOM-1MDであった。
そして、AF時代になってOlympusがAF一眼レフを止めてしまったためにAF一眼レフはPentaxに、それからCanonへミノルタへと変遷した。

こ こでCanonを止めてしまったのは、EOS7を買ってAFが効かなかった事が何度もあったからである。又、薄暗いところでスピードライト420EXを 使ってもAFが効かず写真が取れなかったという妙なものもあった。実際中々再現できない現象で、結構暗いところでは使えたりしてなのである。
こんな事は何度も書いたことがあるのだが、EOS7を買っのが、その時信用したのがカメラ雑誌の記事だった。
確かに、明るいところではそこそこの性能を発揮したものだったが、どこでも思った通りの「絵」が出てこないというものは困りもの。
写真を撮ろうと思って重たい思いをして突然に持っていって、まともに写真が撮れないほど馬鹿馬鹿しさはない。
それで最近はデジ一眼はそれでしか撮れない時にと言うことにして、FinePix F100fdとかCanon Super Shot G10とかで誤魔化す様なことをしている。
実際、 G10も写真を撮ってパソコンで見てみればPentax K10Dに単焦点をつけて撮った写真と比べお話にならない程度のものだが、2L版程度なら区別もつかない。

Pentax K10Dというのは最近では単焦点で遊ぶカメラで、そのためにだけに持っている価値があると言うものだ。
但し、その単焦点の真価を生かせる様なボディが未だ出でいないのか、後発のK20Dなのかは分からない。
記事に釣られて買ってしまった様に、Canonなどの記事は、悪いところを書かない提灯記事が多い。だから信用できないと言うのがCanonの印象なのだが、SONYやPentaxというのは悪いところばかり書かれている。
多くの期待を持って買うとガッカリするのがCanonの初・中級機というものであるのだ。他方ここが悪いと言われて「さほどでもない」と言うのがSONYやPentax製品というものの様だ。結局、以降Canonのデジ一眼というのは購入していない。

銀塩時代はそれで、結果として銀塩時代に最終的に収まったのがミノルタα7。
ところが、デジタル時代になってミノルタはコニカの傘下になりコニカミノルタ。
コニカミノルタα7Dの登場まで待てずに、生産終了間近になったPentax*istDから小生のデジ一眼レフの時代が始まった。
そして、Pentax*istD(2003.9.6発売)→K100D(2006.7.21頃発売)→K10D(2006.11.30発売)と来たのだが、K20D(2008.3.7発売)にはまだ進んでいない。

ここに来て、次期製品はPentax K30DではなくK7Dだと掲示板に書かれているためか、K20Dは今や中古品価格と同等になった。(2009/04/26時点の最安値63,680円(送料無料))
特に、4月の末に差し掛かって1割ほど値段が下落。
それにしてもPentaxK10Dというのは、最近出番が少ない。たまに持ち出すのはK100Dだったりする。これはエネループの放電で使えないことも多いが。
PentaxK10Dの出番が少ないというのは、今となっては、完全に一世代前のカメラになっている事につきる。
背面の液晶は、今やコンパクトカメラに劣る。

PowerShot G10‥‥3.0型TFTカラー液晶(約46.1万ドット)
FinePix F100fd‥‥2.7型 アモルファスシリコンTFTカラー液晶モニター 約23万ドット
FinePix F200EXR‥3.0型TFTカラー液晶モニター 約23万ドット
DSLR-A700(SONY)3.0型 エクストラファイン液晶921,600ドット(TFT)
PentaxK10D‥‥‥2.5型 約21万画素、低温ポリシリコンTFTカラーLCD
PentaxK20D‥‥‥2.7型 約23万ドット、TFTカラーLCD、広視野角タイプ

PentaxK20Dにして、旧型のFinePix F100fd並の液晶しかない。
これで見れば、K20DにしてもCanonを真似たK10Dの焼き直しのマイナーチェンジ版であることが良く分かる。
Canonなどは売れ筋としてKissを出しているが、ペンタックスというカメラでは弱小メーカーがいくらK100D、K10Dが売れたからと言ってCanonの様なところのマネをすると言うのが大きな間違いというものだろう。それで、K20Dというのは大失敗だった。
もう一つ大失敗したと思ったのが、この物が売れない世の中に旧型のレンズの大幅な値上げをしたと言う事だ。
これでは、買ってくれるなというもの、HOYAというどちらかと言うと消費者に物を直接売ったことがない傘下に入ったことの弊害だろう。
高価なリミテッドレンズを買ってくれるユーザーというのは、Pentaxファンで色々なものを買ってくれる人達なのである。多分これで又業績が落ちているかも知れない。

そんなわけで、PentaxK10DのマイナーチェンジのK20Dの中身はCMOSセンサーの使用などで大幅に変わっている。
ところが外装やら、AFの精度、連写性などK10Dをそのまま引き継いだから長途半端なものになった。

実は、昨年αSweetDの後継としてα100をとばしてSONYのα700を購入した。
α100が出たとき安くなったら買おうかと思ったのだが、その質感の悪さと初級機並のAF連写の遅さで躊躇して、α700が激安になるまで待って買った。
α700も発売されて1年を楽々越し、既に製品末期モデル。
今や最安値で71,800 円(税込)2009/04/26
小生が買ったときは、実売最安値¥27,056円する縦位置グリップVG-C70AM(定価36,750円)が付いてきて118,000円(送料1,050円別)だった。それでも今は20,000円は安くなっている。
購入日の価格コムの2,008年5月23日の最安値は¥109,538だった。
よくよく調べてみると、発売日2007年11月 9日の最安値は¥158,900だったから今では半値以下と言う事だ。

これで正にデジ一眼レフは消耗品だと言うことが良く分かる。
しかし、α700・DSLR-A700(SONY)というカメラは、SONYが威信を掛けて作ったカメラだから良くできた機種だ。
予想した「絵」がキチンと撮れると言うものは大した物である。
但し、レンズは最新のDレンズでないと露出オーバーになると言うのは、やはりレンズを選ぶ。
つ いでにPentax K20Dの価格推移を見てみてると、60,000円台に突入したのが2008年12月 1日。90,000円を切ったのが2008年 8月18日。100,000円を切ったのが2008年 6月18日。半年で3割値下がりした。ちなみに発売日2008年 3月 7日は¥128,000だった。
やはりこれも末期には半値になっている計算だ。

|

« <占い>でみる草彅剛氏の数日 | トップページ | 第10回記念 上毛書人会展 その2 »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近のコンバクトデジカメ・一眼レフについて思う:

« <占い>でみる草彅剛氏の数日 | トップページ | 第10回記念 上毛書人会展 その2 »