« コムテック COMTEC・GL957・・モバイルお買得情報 | トップページ | パソコンの寿命と延長保証 その2 »

2009年6月22日 (月)

パソコンの寿命と延長保証 その1

パソコンの寿命と延長保証 その1

近年毎日Dellcomputerから安いパソコンがあるから買えとFAXが流れ、東芝のDynaBookからの「Room1048(ルームトウシバ)Mail」は毎週のように配信される。
ヤマダ電機へ行っても、最近はノート型パソコンか「なんちゃって」デスクトップパソコンばかりで、性能と耐久性を持ち合わせているようなものは見あたらない。
しかし、そんなに薦められても今のパソコンを買う気になれない。
それは、
「マイクロソフトは最新OS『Windows 7』を、Windows Vistaが発売された2007年1月のちょうど3年後にあたる2010年1月に発売する予定。」
と言うからである。
実際、Windows Vista版PCを他のパソコンを使う練習用にと買ったのだが、中々馴れないし保存したファイルもどこへ行ったのか探すのに一端迷うことが今でもある。
今のOS・「Windows Vista(R) Home Premium SP1 正規版 (日本語版) 32ビット」と言うのは、今でもすこぶる評判が悪いOSである。
早く言えば、Win XPの改悪と言って差し支えないものでハード的にも大きなスペックを要求するだけでなく、ウィジェットも反応が良くない。
一般的には、問題点としてプログラムの互換性の問題、そして大きいのはOSが判りにくいと言う事。先ほど述べたように何か探そうとしても中々見つからないというのはWindows Vistaである。
それで企業では未だにWin XPが中心になっていると言われるが、小生もXP搭載ハソコンを中心に使っている。
但し、Win2000では、既にインストール出来ないプログラムも多数出て来ていて、WinMeとの互換を持たせる必要もそろそろなくなってきた。
今は「Windows 7 製品候補版: ダウンロード」という「Windows 7 ベータ版のテストにご参加いただきありがとうございます。」などと言うものがある。
その他「RC 版は、少なくとも 7 月中は提供される予定」ともある。

今度のWindows 7には、
「あのウザいUAC(いちいち起動する度に許諾を求めてくるアレ)の表示強度が変更できたり、ウィジェットのアクセス方法が改善されたり、タスクトレイの改良、電卓の強化などなど。」
「『システムの復元』もその容量指定がついに可能になりました。今までは各ハードディスクに300MB以上の空き容量が必要で、各ディスクの領域の最大15%を使用し、領域がいっぱいになると古い復元ポイントから自動的に削除していました。」
など、使い勝手が悪かったWindows Vistaの改良版ということになった。

だからWindows VistaはXPの様に長く使われることはなくて直ぐに終焉して、Windows 7に変わってしまうと言うことなのだろう。
要するに、XPから飛ばしてWindows 7の変わるのが今後の流れというもの。
そうであるならば、今更VistaPCの買い増しなど誰がするものかと思うものだ。
買うとすればあと1年以上待つ‥‥と言っても買ったばかりだから買わないけどね。
そして、次回はBTOの組立メーカーに頼むものになるのかノート型になるのか未定というものだ。
《 保証 》
組立メーカーのBTO保証に関しては、そもそもメーカー品を組み合わせるだけだから保証は1年。組み立てが悪かったと言う保証は1か月で配送料は無料そんなものだ。
一方、Dellや東芝、EpsonなどだとBTOでも一般の1年保証に加えて2年、3年、4年というものがあったりする。
その昔、EpsonのEDi Cube TP830AVという激安パソコンがあって、この時延長保証でプラス2年だったかで多分合計で3年保証にした。
この時実は例の富士通製だったかのHDD製造エラーがあった。
お陰で2年でHDDが突然起動しなくなり、ついでに RICOH/RW9120,OEMというドライブも故障。ここは、延長保証のお陰でHDD、RICOH/RW9120、電源交換で戻った来た。
これも、製造エラーのHDDに又交換されたために、きっちり2年弱でHDDがいかれた。それはそれで屑ゴミになったのだが、延長保証の有り難みを感じたものだった。
実は、パソコンが完全にダメになったのは2台しかない。
一台はこのEDi Cube TP830AVと、ベイシヤ電気(当時はプラグシティ)のオープンセールで朝6時から並んで買ったNEC VALUESTER NX VE667J/3。
このVALUESTER NX VE667J/3もHDDが1年を過ぎた頃から崩れ始め、運が良ければ起動すると言う程度のものになった。
HDDはSeagate 30GBだったのだが、元々の使い方が悪かったのか、やはりオープンセールの激安品と言うのは店頭在庫、展示品には駄目なものがあると今からなら思うもの。
その上これはDVDドライブはかなり古く、市販の映画DVDは読み込まなかったりする。本当にNECは昔、時々ガラクタパソコンを作ると思ったものだった。

今では、こういうHDDのトラブルはあまり聞かなくなった。なぜなら、急な電源カットでもHDDのアームはコンデンサーに蓄えられた電源で元に戻るからであり、OSもそれに対応しているようだ。

オープンセールの激安品だったVE667J/3は、延長保証という制度があったのかなかったのかの頃で、1年で屑ゴミになった。
いずれにせよ、最近のパソコンのハードという面では使い方を知っている人が使えばそれほど壊れなくなった。
一番問題の電源カットによるHDD・Errorは回避出来たし、後は熱による破損だがこれも最近は放熱が以前より良くなって直ぐにへたることはない。
後は製造エラー程度だが、こんなものは1年の内に出てくるものである。
だから、最近のパソコンでは延長保証は考えていない。

|

« コムテック COMTEC・GL957・・モバイルお買得情報 | トップページ | パソコンの寿命と延長保証 その2 »

09バソコン・プログラムその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコンの寿命と延長保証 その1:

» BTOパソコン通販、比較ブログについて [BTOパソコン通販、比較ナビ]
BTOパソコンを上手にカスタマイズして購入しましょ。 [続きを読む]

受信: 2009年6月23日 (火) 03時43分

« コムテック COMTEC・GL957・・モバイルお買得情報 | トップページ | パソコンの寿命と延長保証 その2 »