« パソコンの寿命と延長保証 その1 | トップページ | 鳩山邦夫前総務相を応援・読売・編集委員世論誘導の不思議 »

2009年6月23日 (火)

パソコンの寿命と延長保証 その2

パソコンの寿命と延長保証 その2

ノート型パソコンと言えば、DELL Inspiron 6000(2005・winXp)という製品が昨年秋から内蔵液晶を認識しないと言う現象に陥っている。
これは「パソコンの寿命3年はこんなものかいなぁ」という「2008.11.1」のエントリーで多少述べておいたもの。
購入してから3年と3ヶ月で壊れたもの(液晶が表示されず)だが、起動時間は散々直そうと思って検証して、動かした後でもたったの536時間、起動回数523回。
「これは自宅で普通に動かしていれば7-8ヶ月の時間。事務用なら2-3ヶ月というところ。」と書いた。
この時の認識では「実は2年の延長保証と盗難保険までとって於いた(事実上の3年)」だった。
ところが、先週「保守サービス契約期間終了のお知らせ」と言うものが来た。
見れば、保守終了日は2009年7月XX日だった。
保守内容「引き取り修理サービス」。
Dellというのは、保証書も個別のサービス内容も同梱してこない。それでどんなものか忘れてしまったから、良く分からなかったのだか「エクスプレスサービスコード」と「サービスタグナンバー」と言うのがあった。
同梱されていた説明書には上述の二つで保証を管理しています様なことが書いてあったが、忘れて余り読まないのかも知れない。
いずれにせよ、HPを開いて
「お客様の製品の保証情報を確認することができます。製品のサービスタグナンバーを入力してから『検索』ボタンをクリックしてください。」
「サービスタグナンバー」を入れてみると出で来るではないか。
「コレクト&リターンサービス(引き取り修理サービス)」‥‥4年間
「パーツ保証期間」‥‥4年間
「コンプリートケア(盗難事故対応付)」‥‥3年間
Inspiron 6000を買ったときどんな保証を付けたのかすっかり忘れてしまった、EDi Cubeの教訓から当時の最高保障に近い形で保証を付けた様だ。
最近のDellのノート型パソコンだと
こんな保証だった。‥‥‥‥‥(Dell HPによる見積もりより)
標準 - 1年保守 [引き取り修理] [価格に含まれます]
デルケア - 3年保守 [引き取り修理, 事故・盗難損害対応] [+ 14,700円]
デルケア プラス - 3年保守[出張対応による修理, 事故・盗難損害対応, 海外サポート付] [+ 17,850円]
デルケア プレミアム - 4年保守 [出張対応による修理, 事故・盗難損害対応]
今ならデルケア プラスから無料アップグレードで4年保守に!6/22(月)まで [+17,850円]デル推奨
ここで多分
「デルケア - 3年保守」と言う契約をしたのではないだろうか。
今の延長保証の例でも「今ならデルケア プラスから無料アップグレードで4年保守に!6/22(月)まで」と言うのがある。
この時々期間限定の特典で「引き取り修理」だけ4年に延長というものだったのかも知れない。
こんな時の認識は、やはり3年だったというものだなぁ。
いずれにせよ、「保険」だから使う事がなければほとんど無駄に終わる。
実際のところ、高性能を狙ったデスクトップのBTOパソコンの方が故障が多い。
逆に言えば、ノート型というのは安定性を狙って結構激遅パソコンではある。
この液晶が未接続という表示になって、液晶がブラックアウトしたままのInspiron 6000は、外部液晶モニターを使って動かすと本当に嫌になるほど遅い。
特に、デスクトップパソコンの液晶モニターのアナログ側に接続すると、止まっているかの様に思える始末である。
故障部分は、実は皆目見当が付かない。正にバイオスが潰れたような感じなのだ。
それで想像するとグラフィックの「ATI Mobility Radeon X300 128MB」あたりかも知れない。なぜなら、液晶モニターは非接続になるし、IEの表示に横線が入っている様な妙なことがある。
FireFoxでは異常なし。
いずれにせよ、パソコンの中心となるところが壊れたら中々直しようがない。 それで、今日昼過ぎにDellの「テクニカル電話サポート」というところに電話してみた。
最近のDellのサポートは最悪との評判でどうなるのかと思ったのだが‥‥
月曜日というのは、普通混んでいるのが常識で、昔のNECやSONYのサポートでは中々繋がらなかった。しかし、「個人のお客様 デクニカル電話サポート混雑状況」という部分を見ると昼間は「2分以内」。ほんとかな??
ダメ元でフリーダイヤルの電話でかけてみた。
最初に、サービスコード入力があって暫くすると、日本人と見られるオペレーターが出た。
ここまでは早い。
「エクスプレスサービスコード」を聞かれて、製品を確認してそちらのサポートに回すという。それから10分ぐらいの待ち‥‥「あと5分です。」「途中で電話を切ると順番が最後に廻って遅くなります。」とアナウンス。
「あと3分です。」「あと1分くらいです。」で繋がるのだが、予想した通り「中国」へ繋がったようだ。
明らかに、少々「たどたどしい日本語」で、本当に通じるのかと思わせるものだ。
これが有名な「中国経由Dellサポート」かと久々納得したりして。
そこは兎に角、素人に毛が生えた様な「サポート」は遠慮させて貰って「引き取り修理サービス」を要求して終わり。

そこで、先方は「保守延長契約」を奨める。保守サービス契約終了後保守契約すると料金が違いますとか、保守契約が切れると次回は6-7万円の修理代がかかりますとか言う。
「保守延長契約」なんてDellのHPからいくらでも出来るし、ここで直して後何年使うかと言うところもある。
今、70,000円出せば同程度の性能のものなら買える時代。
次回壊れたら、直さず廃棄処分というのが正解なのだろう。
それにしても、今回は正に運が良かったとしか言いようがない。
そして最近、延長保証とか保険をかけてそれを使ったことがほとんど無いし、逆に掛けなかったために保証期間中に壊して保証も効かないと言うこともあった。
それにしても、このInspiron 6000というのは液晶の見えが極端に悪い製品ではあった。

|

« パソコンの寿命と延長保証 その1 | トップページ | 鳩山邦夫前総務相を応援・読売・編集委員世論誘導の不思議 »

09バソコン・プログラムその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコンの寿命と延長保証 その2:

» BTOパソコン比較、直販ガイドについて [BTOパソコン比較、直販ガイド]
BTOパソコンを比較して、お気に入りの一台がみつかる直販ガイド [続きを読む]

受信: 2009年6月23日 (火) 14時42分

» BTOパソコン比較ブログ [BTOパソコン比較WEB]
BTOパソコンを徹底比較 [続きを読む]

受信: 2009年6月23日 (火) 17時49分

« パソコンの寿命と延長保証 その1 | トップページ | 鳩山邦夫前総務相を応援・読売・編集委員世論誘導の不思議 »