« 景気が上向いたと実感できない わけとは | トップページ | NHK「アジアの“一等国”」について 」の公式見解を読む »

2009年6月18日 (木)

初夏に秋冬物を買う可笑しさ

初夏に秋冬物を買う可笑しさ

梅雨に入っても昼間は晴れて、夕方から雨が降る毎日。
「アメデス」というフリーソフトを入れたら、外では陽が差しているのに「雨です。」を連呼する。
これは「気象庁の予測データを利用しており、10分ごとにデータが更新される」代物なのだが、気象庁の予測が全然当たらないというのは不思議なものだ。
気象予報が当たると思われるのは、携帯電話で発信する「10分天気予報」の様な感じがする。
つい最近東京のデパートでの話、この時期に冬物バーゲンをして結構大盛況だったとか。
今だから、当然定価の半額以下だし、衣類というものは腐らないから買い得というものだろう。
小生も、先週大して要りもしないのに閉店セールで半額だからと高級ティーカップを買った。これも陶器だから腐らないし、いずれ眺めつつコーヒーをたしなもうというのが本心。
しかし、しばらくすると飽きて疎略に扱って割ったりする。
今では、年賀状の抽選で当たったカタログ通販のコーヒーカップを壊しそうな気がしてならない昨今である。
そんなところに、いつものディノスから「ディノス☆特典メール」と言うのが来て、「2009夏プラス5%off eクーポン」をお知らせしますと言う。
これを利用すると、実際は13%off! 【2009年7月17日まで】というもの。
例年この時期に来るもので、これが使える時というのは結構何も買う物がなかったりする。

つい先日、Justsystemから前原光榮製の「ジェントル16」という16本骨の傘の案内があって、傘を探してみるとAmazonに強強度の24本骨グラスファイバー製の傘と言うものがあった。
買った人の評価を見ると「重い」と言うのがほとんど。その重さ908 g。
軽いものを探しても670 g。ちなみに、「ジェントル16」は565g。
家で、一般的な軽合金で出来た65センチのジャンプ傘は、450g程度だった。
最大級の75センチに至って、やっと600g弱というものだった。
このことから見て、「ジェントル16」は565gというのは傘の大きさから言って、ギリギリの重さと言うものだろう。
実際、通販などだと買って失敗したと言うものも結構あるかも知れない。特に中国製というものの中には使い勝手を度外視したものもたまにはある。

そのディノスで傘を探したのであるが、元々男物の品揃えが貧弱なところに来て、珍しいものがあるはずもない。
結局、思い付いて「ポケッタブルコート」と言うものを探してみた。
この梅雨の時期、ちょいと羽織ると便利なものであるし、秋の長雨の時だと結構便利にするものである。
しかし、この薄手のポリエステルコートというものが最近はあまり売っていない。
何年か前にイトーヨーカドーで見た時は、シーズン外れとはいうものの簡単なものても10,000円前後したものだ。
今男物というのは、激安でサマースーツでもシーズン遅れ品で15,000円で売っているから10,000のナイロンコートと言うものは結構高い。
但し、最近はほとんど見なくなった。

それで、探し当てたのが「シャンブレースプリングコート」というもの。
(販売期限:2009年09月28日)
DAMA collection HOMME 2008年夏号 \19,900(税込)
前回販売価格 \9,950(税込)の20%OFF!!
(※前回販売価格とは2009年4月27日時点の価格です。)
今回販売価格 \7,960(税込)
‥‥と売れ残り品だったから半値以下。しかも、事実上ブラックのみ在庫。

これから13%off送料無料で、ディノス会員価格\6,923(税込)
心配なのは、L(胸囲116着丈102.5ゆき丈88.5cm)と結構細身なのだな。
そして、直ぐに届いた商品は立派な箱(?)に入って届いた。
製品は、Lサイズでもやはり細身だった。
商品説明を改めて見ると「デザインは、細身のダブルトレンチコート。」とあった。
これでは、今時のデブには売れないなと思うことしきり。
それにしても結構しっかり作ってあって、真冬でも東京なら使えそうな代物。
あまりしっかりしていてこれで、「ポケッタブル仕様」かいななのだ。
多少不満があるとは言うものの、製品自体はそこそこだし、7,000円以下では文句も言えまい。
元々DAMA collection HOMME(ダーマコレクション・オム)というのは「こだわれば上質素材 大人にふさわしいワンランク上」と紹介している通り比較的上質なもの。
これが、結構売れ残りが沢山ある。
売れ残ると言っても、元々ディノスで男物を探す方が難しい。
ディノストップページから男物へたどり着けなかったりする。

いずれにせよ、この梅雨の時期に着ようと思ったら、厚手で結局秋までお預けになったと言うものだった。
それにしても、スーツは買わないよな。
夏服は着る期間が短いから痛まないし、最近レセプションでも着た切り雀で間に合わせている。
でもジャケットは必要かな、但しほとんど使い捨て状態になるが。

|

« 景気が上向いたと実感できない わけとは | トップページ | NHK「アジアの“一等国”」について 」の公式見解を読む »

秋葉原他・お買い物事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏に秋冬物を買う可笑しさ:

» 気象予報士 [気象予報士]
気象予報士の人気や気象予報士の仕事、そして気象予報士と社会との関係などと、気象予報士資格の取得について紹介しているブログです。 [続きを読む]

受信: 2009年6月21日 (日) 01時35分

« 景気が上向いたと実感できない わけとは | トップページ | NHK「アジアの“一等国”」について 」の公式見解を読む »