« 故障していた・DELL Inspiron 6000 復活 | トップページ | 前橋七夕祭りと昔今の「片原饅頭」 »

2009年7月11日 (土)

ヤマダ電機探訪・ノートブックバッグ(Lucerne)

今週のお買い物・ヤマダ電機探訪・

ノートブックバッグ(Lucerne)

「夏のボーナス特別ご優待セール」とは、ヤマダ電機より携帯電話に配信されるメールである。
もとより、今週は LABI1高崎1周年記念と称して大きな広告が入ってきた。
電気などの広告は、ビックカメラも先週に続きこの週末にも入ってきたのだが。
携帯電話のメルマガは、「7/10-7/16の期間中、ヤマダ電機店内にはご招待会員様だけの特別価格が満載!。
当社指定の家電小物・パソコンサプライ・オーディオサプライ小物も特別割引クーポンでさらにお得!」
と言うもので、ヤマダ電機の携帯Webサイトで特別割引きクーポンが表示される。
但し「ご招待会員特別価格は店頭にて表示してありませんので~」とかあって特別大物は店頭の隠し表示、家電小物に関しては携帯サイトの「特別割引対象商品」と言うのもの。
しかし、Webを探してというのも面倒というか単に一回りして別のものを買って来てしまった。
考えてみれば、以前封書でポイント会員に「特別割引対象商品」と言うのがあったのが携帯サイトに移動したようなものだと後で理解した。
携帯メールなら費用も掛からないし、Web接続料も持ち主負担だ。
ヤマダ電機LABI1高崎のパソコン関連小物のところを見てみると、カタログ落ちしたバッファロー RUF2-Sシリーズ高速USBメモリー1Gなどは今や500円。
それにしても、 LABI1高崎の地下のコンビニというか食料品スーパーの飲み物は安い。
アクエリアス2Lは136円だし、コカコーラ1.5Lは、149円の10%ポイント還元(20p)だった。
直ぐそばのビックカメラの広告に載っていた別の日の日替わり商品のマウス980円。

どこかで見た事があるものは、「バッファローコクヨサプライ【ビックカメラ・ベスト電器オリジナル】USB接続レーザーマウスBSMLU1SVBB」、以前買ったオーム電気の投げ売り品と同じだった。
ネットのビック特価では1,780円(税込)ネットポイント「10%」( 178P )サービス。

又、イトーヨーカドーでは、「超特価市」だか何か分からないが冬物を500円、700円とかで売っていた。
しかし、何処の倉庫からでできたものか、と言うような妙なものばかりで今更と思う。
そして、夏の撥水加工の背広は2着で15,000円だった。
夏物の背広というのは、痛まないから何年も前のがあるなと思うと中々買うと言う気になれない。実際、年を取ると背広なども着なくなった。

それで今度はネットでパソコンバックを探してみた。
パソコンバックと言うのは実は古いものを結構持っているのだが、昔の12インチ・14インチタイプが入るのがほとんどで、最近主流の液晶15.4型ワイドのパソコンが入るものをあまり持っていない。
丁度入るのが、以前ケンコーのアウトレットで買ったタムラックのパソコンバック。
これは、非常に丈夫に出来た製品だったが結構大きい。
そこで、手頃な大きさのものを探していたのだが、見つけたのは「Swiss・Travel・Product社製」のノートブックバッグ(Lucerne)と言うものだった。
これは、サンワサプライで専売しているような感じなのだが、「サンワサプライ」で売っているものは「イーサプライ」でも売っていてこちらの方が安い。
例えば
サンワサプライ・
ノートブックバッグ(Lucerne)【WEB限定商品】

販売価格7,980円  (税込)  送料込‥‥現在・ポイントアップ    10倍 790ポイント

イーサプライ・
スイスの伝統と誇りが生んだ【スイストラベル ノートブックバッグ(Lucerne)】
当店通常価格8,380円 (税込)価格6,480円 (税込) 送料込 残り4個です。
現在・全商品ポイント10倍。

そう言うことで、イーサプライの全商品ポイント10倍で買ってみた。

商品は、ヤマト運輸で大きな箱で直ぐに届いたのだが、写真で見るより実際はかなり小さい。
サイズ:外寸/400×340×135mm 、内寸/394×314×67mm
機能:ノートパソコン収納部(15インチワイドサイズまで対応・保護用クッション張)
とある。

心配になって、実際にDell  Inspiron 6000を詰め込んでみた。
入れると余裕で入るが、電源ケーブルははみ出す。
この電源などは何処に入れるかというと、マチが充分あるので詰め込める。

その他の小物はどうするのか何やら余裕がない気がしないでもない。

縦方向に多少余裕があるので、入れて見たところ。

電源ケーブルを入れて閉めたところ。

作りとしては、質感は6,480円 (税込)とは思えないの様な重厚な作りでしっかりしたもの。
製品自体は中国製だか、スイスの会社の製品だけあって割合と精密な感じがする。


赤いフタを開いてみると多少ごわごわしたしっかりとしたつくり。
携帯電話その他を収納できるところ。

赤いフタの部分の内側はビニールコートがしてあって防水になっている。

パソコンを出すと、何やら一泊旅行ぐらいならこれでもOKという感じ。
フタ側のマチはベリクロになっていて広げられる。
又、「雨からパソコンをまもる弱防水性や外部からの衝撃吸収性」とあるように、結構固いパットが周辺に入っている。

裏側の様子。
バッグ背面には、トロリーバッグと連結可能なキャリーサポーターを装備」とあって、最近のバックには共通なもの。但し、見たとおり広いので細いキャリーだと調子が悪そう。

思ったより小さく、質感の良いパソコンバックというのは中々少ないが、これは及第点だろう。

|

« 故障していた・DELL Inspiron 6000 復活 | トップページ | 前橋七夕祭りと昔今の「片原饅頭」 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマダ電機探訪・ノートブックバッグ(Lucerne):

« 故障していた・DELL Inspiron 6000 復活 | トップページ | 前橋七夕祭りと昔今の「片原饅頭」 »