« 前橋七夕祭りと昔今の「片原饅頭」 | トップページ | 「真田昌幸“懐の深さ”が勝利のカギ」 名将の采配・第4回 »

2009年7月14日 (火)

展覧会が熱い

12日より、毎日書道展、玉松会、春洋会、龍龍会などの展覧会を観覧してきた。
この3日間、梅雨明けしたかのような東京。
東京も熱かったが、展覧会の熱気も熱かった。

12日の東京都美術館での毎日展陳列では、目の回るような忙しさと足の裏が「ぱんぱん」に腫れる痛さ。
帰ってみれば、17,000歩。


12日、東京都美術館陳列替え・全体集会・空席が目立つほど人数が少ない陳列委員。

13日の国立新美術館では、都美での疲労がたたって良い作品も見ていられないつらさ。
それでも、六本木、銀座、竹橋と精力的に廻り、14,000歩。


14日 新美術館陳列替え・まだ仕事前で笑顔の余裕がある。

14日新美術館陳列替えを終わって帰ってみれば、12,000歩。
やはり都美の陳列が大変だったと言う印象か。


14日、陳列替え終盤・業者の陳列作業を待つ。

|

« 前橋七夕祭りと昔今の「片原饅頭」 | トップページ | 「真田昌幸“懐の深さ”が勝利のカギ」 名将の采配・第4回 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 展覧会が熱い:

« 前橋七夕祭りと昔今の「片原饅頭」 | トップページ | 「真田昌幸“懐の深さ”が勝利のカギ」 名将の采配・第4回 »