« 東京方言に気づかない・寺島尚正 ラジオパンチ!のCM | トップページ | 今年のTDL・TDSへの旅の総括 »

2009年8月22日 (土)

デジカメを買わないのは、次のデジカメを買う準備をしているからと言う現実

デジカメを買わないのは、次のデジカメを買う準備をしているからと言う現実

最近電気屋のデジカメコーナーを覗かなくなった。
覗かなくなったというのは嘘で、新型のカメラを見れば触ってみるしどうかなとも思ったりもする。平成21年8月21日もヨドバシガメラでリコーGRD IIIを触ってきたばかりである。
新型のデジカメを買えばその時点から、旧型のカメラはお蔵入りになる。これは従来からのお決まりのようなものだった。
新型が出れは欲しくなって何とかして買っていたのに、最近新型のカメラを買う気がない。何故なら、新型カメラに劇的なアドバンテージがなくなってきたことによる。
確かに、新型になれば旧型に比べて圧倒的に使いやすくなっている。
だから何やら頭を使わずにカメラ任せで納得できる画像が出てくる。
だからといって、今持っているFinePix F100fdをF200EXRに直ぐに買い換えるかと言えばそうはならない。確かにF200EXRの方が間違いなく良く写る。
かといって、FinePix F100fdで良く写らないかと言えばそうでもないところにカメラの不思議さがある。
要するに、オートで撮るかある程度マニュアル補正をしなければならないか、というところに尽きる。
今年の正月ニューイャー駅伝でPentaxのK10DとSONYのα700で撮り比べたことがある。
結果は、後発のα700の圧勝で当然と言えば当然の結果に終わった。
実際のところ、このα700である程度思い通りの写真が撮れるようになってきた。
‥‥とはいうものの、「Dレンズ」ではないトキナーのATXやタムロンのSPなどでAFは兎も角も、AEを外して「白飛び」した経験が多数ある。
今では、「D」レンズ以外使わない様にしているから極端な事にはならないが、最近流行の白飛び傾向にある。
従来、デジ一眼レフカメラなどは、上手く撮れなかったものを色々苦労して癖を掴んで思い通りの写真が撮れるようになって、と言うところがあった。
しかし、今ではそんなカメラは少なくなった。その理由は、見たまま写るカメラを消費者が求めるからである。
そして、その後押しをしたのがデジ一眼レフカメラでは、大方CMOSセンサーになってしまったからである。
ダイナミックレンジが広く取れるようになって、白飛びしなくなった。
従来からのデジ一眼レフカメラは、初期モデルほど白飛びしないように、かなりアンダー目、はっきり言って「真っ黒」に写る。
初期モデルのPentax ist*Dなどまともに撮れるようになるまで苦労したものだ。

デジ一眼レフカメラというのは、そのPentax ist*Dから入った。
その後進化したと言え今のところK100D、K10Dまで来て止まってしまっている。
K10Dが出でから1年でK20Dが出て、K20Dは筐体がK10Dと似ていたからマイナーチェンジ版と見られて、結果失敗作だった。
今は、K-7と起死回生を狙った製品が出でいるが、これを買ったらK10Dは完全にお蔵入り。場合によってはα700でさえお蔵入りするかも知れない代物だ。
かといって、K-7を買って何か有効に使えるかと言えば心許ない。
要するに、Pentax K-7を買って元を取れる稼働率から計算すれば価格comの最安値¥108,900(税込・body単体)でも高すぎる。
それで、しばらくK10Dを延命することにした。

その延命策としては、縦位置グリップを付けることで電池の不安定さの解消。
そして、K10D・20D共通のバッテリーグリップ D-BG2と言うものは、製品末期の備品として結構投げ売りされていた。


7月中旬、8月上旬、8月中旬と定期的に限定価格が出で来るというものも不思議なものだ。こういう投げ売り価格が出るというのは、大方マップカメラ、フジヤカメラ、荻窪さくらやみたいなところで、知っている人だけが帰るという代物。
そう言えば、Pentax ist*Dの縦位置グリップも製造中止後にチャンプから7,980円程度で買った。しかし、買ってから何回持ち出したのかは覚えていないくらいわずかなものだった。
SONYα700の縦位置グリップは、α700のボディを買った時におまけで付いてきた様なもので、いつもながら妙なつきあいである。
但し、その昔の銀塩カメラ時代では、ミノルタα7とキャノンEos7の時は、わざわざ高いお金を出して買った記憶がある。
まだネット通販が発達する前のことだったが。
今、メインとしてα700を使うのであるが、元々「Dレンズ」をあまり持っていない上に、購入計画もない。
何故なら、SONYの方はいずれフルサイズに移行するつもりだからである。

|

« 東京方言に気づかない・寺島尚正 ラジオパンチ!のCM | トップページ | 今年のTDL・TDSへの旅の総括 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジカメを買わないのは、次のデジカメを買う準備をしているからと言う現実:

« 東京方言に気づかない・寺島尚正 ラジオパンチ!のCM | トップページ | 今年のTDL・TDSへの旅の総括 »