« 「小人症」のインド女性を見せ物にしたフジテレビ | トップページ | マスコミが言う鳩山内閣の理系度の嘘 »

2009年9月24日 (木)

八ッ場ダムの本質を語らぬ八ッ場ダム問題

八ッ場ダムの本質を語らぬ八ッ場ダム問題

民主党政権での無駄な公共事業の象徴「八ッ場ダム」問題。群馬県の地方紙「上毛新聞」では、毎回一面で八ッ場ダム問題となっている。
特に、23日前原国土交通大臣が来県したからそればかりなのだが、何やら余り反対反対とか「無駄死にする」とか妙な感じなのである。
なぜならそこに出で来ることは、「金の話」と「やり始めたから完成させろ」とかである。
「住民との意見交換会」に住民が欠席した理由というのがあって「住民が示した意見交換会欠席理由」には、住民の感情が述べられている。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「住民が示した意見交換会欠席理由」全文(上毛新聞掲載)

 私たちは、心の底から前原国土交通大臣と対話をしたいと思っております。
 しかし、一議員としてではなく、大臣になられたあなたが「八ッ場ダム中止」を明言され、その上で私たち地元住民と対話に来られても、そのテーブルに着くことさえ出来ません。
 57年という長い年月、2代3代にわたって翻弄され続けた私たちの気持ちを察して頂けるのであれれば、まず、「ダム中止」の御旗をおろして来て下さい。
 そして、同じ人間として私たちのテーブルまで降りてきて頂きたい。
 このダムが無駄遣いとか、意味のないものだとか皆さんが議論されていることは、私たちにとっては関係ないことなんです。それなのに、この騒動に巻き込まれてしまい、国対地元の構図になっている現状そもそも間違いなんです。その間違いを起こしたのが民主党であり大臣なのです。
 この地で生活をしていない反対活動家の話だけをうのみにしてマニフェストに載せたこと自体が失敗なんです。
 本日、大臣には新しく移り住む代替え地をご覧になられたかと思います。
 各地区のお墓がすべてダム湖を見られる場所に建てられているか分かりますか。苦労して失意の内にこの世を去った先祖も一緒と考えているからです。
 そんな、田舎の住民の気持ちを逆なでするように、お彼岸の中日にいらっしゃることにも心が痛みます。
 今回やむをえず、住民としては意見交換会に欠席すると決めましたが、私たち住民は決して大臣と話がしたくなくないわけではありません。
 むしろこのような心の叫びを聞いてもらいたいという気持ちでいっぱいなんです。
 しかし、町から大臣に「白紙の状態での意見交換を」と要請しましたが、大臣は「中止する方針は変わりません」というコメントを出されましたので。残念ながら私たちは今回の意見交換会に出席することは出来なくなりました。(理由全文)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
このような地元住民の理由なのだが、よく読んでみても色々と突っ込みどころがありそうな文章である。
確かに「水没予定地住民」としては57年間大変だったと思うし、本来群馬県民で「八ッ場ダム」に賛成などと言う人はいなかったろう。
そして、こんな八ッ場ダムなどは、天下り大手ゼネコンと結託した国土交通省と自民党の族議員が事をなしてきたというのは当たり前だと誰でも思っている。いろいろな無駄と思われる公共事業が、住民の反対を無視して行われてきたのは事実である。
環境問題になるとデーターをねつ造する様な感じで、御用学者を総動員して説き伏せる。
そのうちに、補助金とかをネタに地方公共団体を見方にして中止すれば、「返還させるぞ」と脅すというのは常套手段だった。実際、地方公共団体を脅すことに事欠かないのは国土交通省だったはず。
結果、現実に合わなくて、国民から批判されても最後まで作り上げる。
いままでは、民主主義なのになぜこうも国土交通省の役人は偉いのか不思議なものだった。

さて、「住民が示した意見交換会欠席理由」を踏まえて「心を鬼にして」言わせてもらえば、「そんな国などを信じるのが悪い」と言うことに尽きる。
だから、元の住民の過半は転出してしまったはずだ。
戦後の日本の国というものは、「正直者が馬鹿を見る」世界になってしまった。
日本の国というものは、とっくの昔から「嘘で塗り固められた国」だったはずである。
なんと言っても、日本国憲法は「自主憲法だと」言われてきた時代もあるし、「非武装中立論」など言う事もあったはず。
今でも「平和、平和、平和」と三つ唱えれば「平和になる」と言うようなことを真顔で言う政治家は後を絶たないではないか。
少し前は、米国から言われてか「貯蓄から投資へ」と政府は推奨した。
その投資などはいわゆるギャンブルで、その政府の政策に載った人は大損をした人も多いのではないだろうか。
だから、「住民が示した意見交換会欠席理由」を突っ込んでみれば、ご先祖様が反対をしていてそれが通ったのだから喜べとも言えるし、そんなガッカリすることなどどこにでもあるとも言える。
そして、移転すると言っても4,600億円以上もかかっている。
そんな金はどこに行っているのかと言えば、長野原周辺にばらまかれているとしか思えない。止めてもらっても金は充分貰っているではないか、これを「遣らずぼったくり」と称しないで何というと言いたいものだ。
元々、直接関係ない群馬県民からすれば以前から「八ッ場ダム」なんと本当に出来るのかと散々言っていた。
なぜなら、群馬県内ではあの「カスリーン台風」の影響なのか分からないが、藤原ダム、相俣、薗原、矢木沢ダムと作られ、吾妻川が酸性河川だったために一時期八ッ場ダムは中止され、別のダムを作って解決した。
「八ッ場ダム」なんて誰だって必要とは思われない。
下流都県だってふざけたものだ。利根川の水を既にほとんど使っているくせに、未だ水が欲しいのか。
そして、なんと言っても「八ッ場ダム」問題は、やはり自民党の問題と言うところにある。
その自民党は閣僚として「八ッ場ダム」問題を見ていたはずなのだが、誰も「責任を取る」と言うことはないだろう。無責任体制というのが戦後日本の象徴と蹉跌でもある。

|

« 「小人症」のインド女性を見せ物にしたフジテレビ | トップページ | マスコミが言う鳩山内閣の理系度の嘘 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八ッ場ダムの本質を語らぬ八ッ場ダム問題:

« 「小人症」のインド女性を見せ物にしたフジテレビ | トップページ | マスコミが言う鳩山内閣の理系度の嘘 »