« 民主党・議員立法を原則禁止の深謀遠慮 | トップページ | 八ッ場ダムの本質を語らぬ八ッ場ダム問題 »

2009年9月22日 (火)

「小人症」のインド女性を見せ物にしたフジテレビ

「小人症」のインド女性を見せ物にしたフジテレビ

2009年9月22日フジテレビの番組で、「どこよりも超スゴい!ギネス世界記録公認!びっくり超人100連発」と言うのを19時からやっていた。
その中で「新記録ラッシュだSP!」テレビ欄では「(1)初登場!身長62cmの世界最小インドの美女」と書かれているのだが、実際は15歳の高校生なのに身長が62cmしかない女性だった。
こういう人達というのは、一般には「小人症」と言うのではなかったろうか。
ネットで調べてみるとインドやスリランカでたまに見られるらしい。
それを番組では、早い話「見せ物にして」日本にわざわざ連れてきて高校を訪問させたり、街を廻ったり、番組に登場させたりしていた。
「可愛い」と叫んで‥‥まるで人間扱いしているとは思えない。
その境遇を不思議なことに、本人は何も話していないし誰も聞いていない。
そして、「小人症」である本人が好んで自己の境遇で満足していないと言うのは間違いないはずで、そう言う事を無視してその人を扱うというのはどういう事なのだろうかと思う。
そのインドの女性がなぜそう言う身体になったのか、又何か治療でもすることが出来るのかと言うことも不明のまま。

一般に言われている「下垂体性小人症」の場合、「脳の下垂体の前葉から出る成長ホルモン分泌が低下」が原因だとしている。
しかし、実際は種々の原因があって多分検査してみないと何とも言えないのかも知れない。
但し、「下垂体性小人症」だとしても、10歳以下から治療しないと難しいかもしれないという。
だから、本来「どこよりも超スゴい!ギネス世界記録公認!」などと言うところに出すべきに事柄でない気がしてならなかった。

そして、そんなことも考えていなかったのか、出演者も何を考えて応対していたのか不思議なものだった。
いずれにせよ、目を背ける「フジテレビの番組」だったのは間違いない。

|

« 民主党・議員立法を原則禁止の深謀遠慮 | トップページ | 八ッ場ダムの本質を語らぬ八ッ場ダム問題 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「小人症」のインド女性を見せ物にしたフジテレビ:

« 民主党・議員立法を原則禁止の深謀遠慮 | トップページ | 八ッ場ダムの本質を語らぬ八ッ場ダム問題 »