« 歴史上の人物の血液型を予想した戯れ言 | トップページ | 旅行の先にデジカメ予備バッテリー »

2009年10月19日 (月)

高速で行くバス旅行・東北の旅

10月の15日から種々の都合によって、東北の仙台、山形へのバス旅行に参加した。

片道約600Km強、東北自動車道を走りまくる。朝6時に関越自動車道に乗り、北関東自動車道から東北道。しかし、北関東道というのは東北道と繋がっていないから面倒と言えば面倒なところである。

Dscf0170 それにしても、秋の空は青い。こんなに青かったのかと何か不思議なものを感じる。

兎に角天気がよい。一気に走って、岩手県の「一関」インターで高速を下り、11時30分には「蔵元レストラン」で昼食。

Dscf0186 それにしても、細い道でこんなところに観光バスがすれ違ったり、とても入りそうもない駐車場に入ったり。

バスの運転手さんというのは実に上手い。

バス旅行も少し遠かったのは、愛知万博にバスで行った時だったろうか。正確には、愛知万博というのも「全国大会」に引っかけて行った。多分一泊だったかも知れない。

何時も行くバス旅行は、コープ観光とか言うバスが3-4台ある観光バスで、ガイドさんはビヤ樽の様な年季の入った「おばさん」。それが、今度のバスは集合場所に行って驚いてしまったような代物。

大型バスなのに30人乗りの高速バス。バスのかっこよさと合わせて、いつになく最近見たことの無いような細身のガイドさんだった。

年齢は??と初日、男ばかりのバス旅行だから、散々聞いていたようなのだが結局とぼけて言わなかった。

そんな年齢を聞いてみたくなるようなガイドさんだったが、最近女性の年齢というのはさっぱり見当が付かなくなった。Dscf0187

昼過ぎに、「厳美渓」を見て、達石窟毘沙門堂から中尊寺。

Dscf0194

石窟というのが特徴的なのだが、松島の瑞巌寺にも石窟があったから、東北地方の文化には石窟というものがつきものなのかと思ったりする。

Dscf0202 中尊寺というのは、世界遺産を目指して運動していたから、中尊寺の周辺というのは驚くほど整備されている。

元々、高台の山の上にある中尊寺なのだが、裏まで観光バスが乗せていってくれるので、下りるだけだから楽と言えば楽。

実際、登ってくる参拝者というのは皆無だった。

中尊寺での事は、次回として15時には中尊寺を後にして一挙に仙台まで戻り行程の一日目の泊となった。Dscf0216

|

« 歴史上の人物の血液型を予想した戯れ言 | トップページ | 旅行の先にデジカメ予備バッテリー »

お出かけ・旅行・TDL・TDS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高速で行くバス旅行・東北の旅:

« 歴史上の人物の血液型を予想した戯れ言 | トップページ | 旅行の先にデジカメ予備バッテリー »