« 日本のデフレ脱却を説く頭の固い経済評論家達 | トップページ | Windows 7 Upgrade その5 非対応SuperXP Utilities Pro 6 »

2009年11月10日 (火)

ブログを書く気力もなくなる最近の閉塞感を思う

ブログを書く気力もなくなる最近の閉塞感を思う

この頃の世情を見てみると、何もかも留まって動かないようないような雰囲気がある。
日本も民主党政権になってから、何が変わったかと言えば未だに何も変わっておらず、妙な「似非の正義」と普通の常識からは全く理解できない事が起きている様にすら思える。
そして、護憲だと行っている政権与党は「革命」とでも言うような憲法無視の政策に出る節がある。
その上国民がそれは違うと思っても、マスコミは取り上げず民主党は「白を切り、居直り」国会議論すら一行も出ていない。
そして実際の閉塞感というのは、自民党政権時代後半からの国民に対する締め付けのようなものを感じていることである。
それは、本来日本人は神道からなのか従来性善説に立つ政策だった。
しかし、数年前から宗教観なしの米国並み「性悪説」へと転化して、締め付けを始めたきらいがある。
人権擁護法案??
元のナチスの秘密警察の様な所行が憲法違反すれすれに行われる。
しかも、その人権擁護委員会という秘密警察(思想警察)は、逮捕権を持ち、国籍を問わず、責任も問われないし警察権よりも強大な権力を持つという。
その目的が「人権擁護」に名を借りた言論弾圧を簡単にできるというのは、戦前の共産主義者を摘発した特別高等警察より高度な権限を持つ秘密警察。
その他、地方参政権は定住外国人のうち中国人にも無条件で与えると言うのだから、韓国との相互主義は全く関係ないようだ。
あの長野善光寺前で行われた聖火リレーの時、乱立する中国国旗と一時の超法規的治外法権。彼らに参政権を与えたらどうなることか。

それにしても、「茂木健一郎氏、所得4億無申告…印税や出演料など」(読売新聞web)とあって、‥‥
「茂木氏は、著書が売れ、メディアにも頻繁に登場する一方で、確定申告をしていなかったことから、2~3年前に税務署から申告を求められたこともあった。それでも申告を行わず、税理士に税務処理を依頼することもなかったという。」

TBS の動画によるインタビューによれば、「仕事がずっと忙しくて書類もたくさんあるので、なかなか自分で整理する時間がとれなくて。税理士にお願いしていなく て、自分で全部やっていたので遅れてしまった。領収証もほとんど経費にあたる部分はないです」(茂木健一郎さん)」http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4279667.html
まあ、それならば申告など簡単だろうにね。
「現 在、NHK番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』のキャスターを務める傍ら、『感動する脳』『脳を活かす勉強法』『ひらめき脳』など脳科学関連の多数の 著書がある。平成17年には『脳と仮想』で第4回小林秀雄賞を受賞している。」(産経新聞)と言う割にはお粗末ではないか。
この不況の世の中、何やら後味の悪いものである事よ。

|

« 日本のデフレ脱却を説く頭の固い経済評論家達 | トップページ | Windows 7 Upgrade その5 非対応SuperXP Utilities Pro 6 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログを書く気力もなくなる最近の閉塞感を思う:

« 日本のデフレ脱却を説く頭の固い経済評論家達 | トップページ | Windows 7 Upgrade その5 非対応SuperXP Utilities Pro 6 »