« ノーブランドPC用メモリーの不思議は規格外不良品 | トップページ | CAS Latencies (tCAS)に見るPCメモリーの優劣 »

2009年11月15日 (日)

最近欲しいもの PowerShot S90・Driving Force GT

最近欲しいもの PowerShot S90・Driving Force GT

近年この年頃になって、何やら買いたい物がいろいろとある。
しかし、欲しいものがあっても既に同等の違う物を持っているとか、持ち込む部屋のスペースの関係から無理というものがあったりして実際は買う事が出来ない。
CANON PowerShot S90‥‥この秋口に発売されたコンパクトカメラ。
小生が持っているPowerShot G10は、G11へと進化したが、写真家の田中氏が言うとおり進化の度合いが低い、質感が今一と散々なのだが、同じセンサーを使ったPowerShot S90の方はすこぶる評判がよい。
ブログ「This is tanaka」(http://thisistanaka.blog66.fc2.com/blog-date-20091114.html
使われているセンサーはSONYの1,000万画素CMOSで「リコーのGR DIGITAL III、G11でも使っているソニーの撮像センサー」。
その特徴は極めて高感度に強いもの。
SONY自体は「裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R(エクスモアアール)”」という最強の有効1020万画素センサーだが、1/2.4型CMOS。
その裏面照射型CMOSは出せないものの、別の形で大きめのセンサーで実現させた。
その高感度センサーだとISO800程度だと全く問題なく、ISO3200でもそこそこ使えるくらいという大した物。
今年の春までは富士フイルムのFinePix F200EXRが高感度特性が一番だったのが、最近では完全に追い越された感じである。
それでは、なぜ常用でISO800程度が使えるのがよいかというと、先ずコンパクトカメラというのはレンズが暗いということに尽きる。
高感度まで使えるなら速いシャッターが切れるわけで、多少暗いレンズでも薄暗いところで写真が撮れる。
ところが、このS90は「開放時:F2.0(W)-F4.9(T)」とワイド側で驚くほど明るい。
広角で撮れば結構暗くても何とかなるレベルといえる。
実は、S90というのはCanonのコンパクトカメラのフラッグシップG11と同じように、かなり難しいことも出来る高性能機。
撮影モード「オ-ト、プログラム、シャッタ-スピ-ド優先、絞り優先、マニュアル露出、その他、その他」JPEG(Exif2.2)/RAW(CR2)と多彩。
結構面白いのは、ストロボ発光させようとすると自動でストロボがポップアップし、終わると閉じる。
只、質感的には何やらプラスチッキーで高級感がないと言うのが欠点かもしれない。
それでキヤノンオンラインショップで「☆限定販売!PowerShot G11 / S90 オリジナルアクセサリー☆」などか売られていて、その中のカメラケースが結構良さそうなのである。
一瞬、カメラケースだけでも買ってしまうかと思ったりしたものである。

又、田中氏が言うように滑りやすい。それは誰でも思うようで、アルミ削りだしの滑り止め(グリップ)が多少価格が高いがサードパーティから出でいる。

そんなこんなでPowerShot G10の次にはG11ではなくS90と思う次第。
ところが、コンパクトカメラをいくつも買っても旅行にゆくわけでもなし、特別な被写体があるわけでもなし、G10もあるし、他のコンパクトカメラもある。
その上余程困ったらSONYのα700もありで‥‥‥
実際は、PowerShot S90は今は中々変えそうもない。
2009/11/15現在、価格コム最安値35,288円(送料込み・CCカード不可・代引き630円~)
売っているのはいわゆるバッタ屋か、なんでも売るネット専業店なので実際どんな代物なのか結構不安。
その不安は、バッタ屋というのはどういうルートで商品が入るのか不安なのである。
特にカメラは「新品」と言いながら、「開封品」の新古品を時々掴まされるのは往々あることなのである。
以前、ある「バッタ屋系」のカメラ屋Sの店頭で一眼レフを買った事がある。
ここでは不思議と新品カメラなのに箱から出してショーウィンドーに飾られていた。
手に取ると起動しない。‥‥銀塩一眼レフの頃だから、なんとリチュウムイオン電池が反対に入っていた。
それでもそれを買ってきて、別に使用感もなかったが気持ちが悪いものである。
カメラはやはりキチンとした問屋から入るカメラ専門店が安心だろう。

もう一つ情報が入ったのが、佐藤 琢磨 プレイシート + Driving Force GT
価格: 49,800円(税込)
「グランツーリスモ(TM)の公式ステアリングコントローラ『Driving Force GT』と、F1ドライバー佐藤 琢磨氏とプレイシート社が共同開発した『佐藤 琢磨バージョン プレイシート』のセットです。」とあって、これがあれば自宅でゲームセンター並。
パッケージ内容
  • ステアリングコントローラ
  • アクセル、ブレーキペダル
  • ACアダプタ
  • ユーザーズガイド
  • メッセージカード from山内氏(ポリフォニー・デジタル)
  • 保証書

独身で一人暮らしなら椅子代わり一つ買うかと思うが、現状では無理。

只こんなものもあると言う事ではある。

|

« ノーブランドPC用メモリーの不思議は規格外不良品 | トップページ | CAS Latencies (tCAS)に見るPCメモリーの優劣 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近欲しいもの PowerShot S90・Driving Force GT:

« ノーブランドPC用メモリーの不思議は規格外不良品 | トップページ | CAS Latencies (tCAS)に見るPCメモリーの優劣 »