« 山形・最上川舟下りと金山町の旅 5 | トップページ | 民主党政権は、スウェーデン型社会主義を目指すのか・その1 »

2009年11月 3日 (火)

Windows 7 Upgrade その4

Windows 7 Upgrade その4
‥‥‥ついでに、旧型機へ増設メモリー

Windows 7は使いやすくなったのか??
いろいろ見てゆくと、Windows 7のドキュメントはどこにあるのか、タスクバーから起動するのだがドキュメントが見つからない。
VISTAほど右往左往することもないのだが多少の馴れは必要だ。
それは、ライブラリという無意味なところにある。
だからこんなところはXPらしくない。
解説書によれば、スタートメニューから起動する様に書かれていて、エクスプローラーをタスクバーから起動すると言う事が書かれていないのは不思議である。
しかし、実際その方が早いかも知れない。
そんなことは兎も角も、Windows 7になってVISTAが大きく変わったのではないかと思うのは、ガジェットの強化とLANの関係なのではないかと思う。
VISTAでは、ガジェットの表示に時間が掛かるし時々表示されない時があるなど不安定だった。ところがWindows 7ではガジェットの移動に手間が掛かるが、間違いなく表示される様になった。
それと同時に、LANのスピードが速い。
パソコン自体はGigabitLANに対応しているが、元々繋がっているXPパソコンは対応していないしLANケーブル自体100円で買ってきた代物。
それでいて、VISTA時代より圧倒的に速いし安定している。
これはどういう事なのか良く分からないが、これなら今度ケーブルの一部をGigabitLANに対応に変えてみたらと言う誘惑に駆られる。
一方、Upgrade Adviser レポートで〈!〉印のCyberLink Power2Goなどは多少動きが悪い。別に動きが悪いから不都合、使えないと言うわけではなく、正常に使える。しかし、起動するごとに「ユーザー登録」画面が出てきて登録しても毎回出てくる。
登録されているのかどうか良く分からなかったが、CyberLinkのメルマガが余分に何通か来るようになったから、登録されているのかも知れない。
いずれにせよ、CyberLinkのソフトというはMicrosoft並に「いやらしい」ソフトである。

それにしても、Firefox3.5.4の不具合はWindows 7になった頃から続いていて収まらない。Windows 7のPCは、よく見るとメモリーを大分食っているが、元々の性能が強力なので対して影響がない。Firefoxなども64bit対応になってから32bitのパソコンでは重くなっているのかも知れないが、Firefoxの異常さは度が外れている。
だから、Athlon3000のXP搭載機ではFirefox3.5.4を入れてしばらくするとハングアップしてくる。
それだけでなく、印刷プレビューをして、「閉じる」を押すとツールバーが全部消えて操作不能となるのは不思議なもの。正常にこれでは使えない。
実際、正常に戻ったWebサイトもあったので、調べてみたら「レタリングエンジン」がIEになっていてIEのエンジンで印刷をかけたものだった。
フラウザーの妙な動作というものはSleipnirmも同じで 「既定のフラウザー設定」を解除しても解除されないと言う妙なもの。
種々のプラグインも入らなくなったから、Sleipnirmを使うう必要もなくなったと言えるだろう。
それで一端InternetExplorer8に戻してみた。
InternetExplorer8に戻せば、Sleipnirmはウンともスンとも言わないから本家の同じエンジンを使っているだけのことはある。
InternetExplorer8を使う、それはそれだけが性能が良くなった。それは長らく使っていたFirefoxを少しだけIE8に乗り換えることにした理由でもある。
実際、Firefoxを追い越せと言うより完全に追い抜いた感がある。
他のフラウザーは、閲覧ソフトとしては「Google Chrome」が圧倒的に速く、その他は似たり寄ったりなのではないかと言うところである。
Operaも見当してみたところ、それなりに速いがFirefoxの「お気に入り」をインストール出来ないなど決定的な欠陥があった。
その上今やMajorになったFirefoxや元々のIE8に比べ種々のプラグインに対応していないというのも最大の欠陥かもしれない。

2009_1103pc0009

それにしても、ガイドブックのWindows 7キーボードショートカットにWindows 7から新設された「新しいフォルダーショートカット」がなかった。
Windows 7 のキーボード ショートカット集
http://www.microsoft.com/japan/enable/products/keyboard/windows7.mspx
にもなかったら仕方がなかったが、
「Ctrl + Shift + N」で「新規作成(新しいフォルダー)」になる。
実際、ツールバーに「新しいフォルダー」があるので必要ないかも知れないが使えれば便利である。http://www.microsoft.com/japan/athome/magazine/windows/tips/249.aspx
その他、「パソコン画面の任意の領域を、画像として保存する」という
「スタート メニューから [すべてのプログラム] → [アクセサリ] と開き、[Snipping Tools] を起動します。」
http://www.microsoft.com/japan/athome/magazine/windows/tips/248.aspx
くらい入れても良かったのではないかと思う。

2009_1103pc0012 そんなこんなで、Windows 7搭載機のメモリーを増設したい気が起きたのだが、搭載のSamsonのメモリーのベンチマークが結構良い。
それで、AMD Athlon64 3000のノーブランド512Mb×2を正規品に代えてみる事にした。
DDR-400 PC-3200 トランセンド(JM388D643A-5L)×2で2GBである。

2009_1103pc0023
Windows XP搭載機で2Gと言うのも極端思えるが、Firefox3.5.4を使うとなると800-900MBは常時使うと考えるとあながち無駄とも思えない。
実は、このAthlon64のXP機は、2-3年前からメモリーエラーが出る事があってこの際と思っていたものである。
それで、DualChannelにするためには、1-3のスロットにメモリーを入れるとの固定観念から1-3に入れて見たら、立ち上がる時DDR333で起動した。

Photo
よく見たらSingleChannelになってたのだが、マザーボードを見れば色が変えてある。
元通り1-2で入れてDDR400・DualChannelで起動、まあ普通に使えている。
実際どの様になるのかは後日。

Photo_2 2009_1103pc0016

2009_1103pc0020

|

« 山形・最上川舟下りと金山町の旅 5 | トップページ | 民主党政権は、スウェーデン型社会主義を目指すのか・その1 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516355/46666084

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7 Upgrade その4:

« 山形・最上川舟下りと金山町の旅 5 | トップページ | 民主党政権は、スウェーデン型社会主義を目指すのか・その1 »