« 第41回日展 を見た・思う その2 | トップページ | やらせ政治ショーだった「事業仕分け」? »

2009年11月27日 (金)

Windows 7 Upgradeするごとに不具合発生 その5

Windows 7 Upgradeするごとに不具合発生 その5

Windows 7 Home Premiumを導入してそろそろ1ヶ月になる。
Windows7を導入して違ってきたことは、今までWindowsXP機をメインとしてsubの位置づけだったVISTA機が導入後にメインになってきたことである。
元々Windows7を導入したPCは、新しい構成であるからHDDもビデオメモリーも何もかも余裕がある。だから、今まで使っていたPCとは段違いなのだがWindows 7 になってからは使い勝手もXP並となった。
しかし、導入から数多くの修正プログラムがUpdateされて、Updateされるごとに不安定になると言うのはいつもの通りである。
ただ、不安定になっても、そのうち知らない様に修復されていたりする事もある。
ところが最近、PCが立ち上がって、ウィジェットが全部表示されないと言う事が起こし始めたなと思ったら、突然マウスが動かなくなった。
それでもキーボードは動くから何とか終了コマンドでログアウトさせたものの、終了しない。1時間も経った頃だろうか突然再起動して再びWindows 7 起動になった。
何やら「重大な‥‥より復帰しました。問題点を探しますか‥‥‥?」

次に、ネットワークに繋いであるプリンターから印刷しようとすると、プリンターとの通信画面が出ない。
よもやと思って、プリンターのネットワーク元のPCを見てみればそちらに表示が出ている。
これは、ネットワークエラーだ。
それではと2004年に発売されたPIXUS iP8600(購入は2005年春)をUSBで直接繋いでみた。
USB2.0になっているのだから、簡単に認識して繋がるはずなのだが「認識に失敗しました」と出る。
次に別のUSB端子に指し直すと「プリンターは、より早いポートに指し直すと早くなります」と言うような表示。
プリンターは?とデバイスを表示させると出てきていない。
Windows7では、今まで簡単に接続できていたUSB機器が認識しなくなると言う事があるという報告がある。
そこでCanonのHPを見てみると「プリンタードライバーはWindows Updateによって」とあって置いていない。何やら元々Windows7にドライバーが入っているような無いような。
いずれにせよ、こう言った時は「プリンターの追加」のウィザードにしたがって、USBポートを追加して、「Windows Update」でIXUS iP8600のプリンターを探してドライバーをダウンロード適用した。
ところが動かない。印刷できない。
再度デバイスを見てみるとプリンターのIXUS iP8600のところに黄色の〈!〉印。
XPなら削除してしまうところなのだがWindows 7 だからトラブルシューティング。
「推奨設定」を次々とクリックして行く内に「正常」になった。
なにやら面倒なプリンターの追加であった。
スキャナーもそうだが、新しいOSのPCに古い周辺機器を繋げるというのは結構面倒なものだ。
「Windows Update」で思いついて、手動でアップデートしてみると、GeForce8600GTとネットワークアダプター2件のアップデートが示されていた。
Vistaでは気がつかなかったが、Windows7からはマザーボード上の周辺機器までアップデートされるらしい。但し「オプション扱い」。
1回目は、GeForce8600GTのアップデーター約84MBとネットワークアダプター2件。
GeForce8600GTのアップデートは成功して、ネットワークアダプター類2件は失敗。
何度も、Windows Updateを繰り返しているうちに、ネットワークアダプターのUpdate は成功するもののWindows Liveまで入れてしまった。
この「Windows Live」は「煩い」ソフトである。
Yahoo!のメッセンジャーそっくりだから、そのパクリの様な感じである。
なんだかんだと言って、PCのメンテナンスというのは手間が掛かる。

いずれにせよ、Windows7の導入は色々な副作用があった。
それは種々操作する上で1280×1080の19インチ液晶モニターでは小さいと言う事である。
特に、久々買ったAdobe Photoshop Elements 8の新機能を利用しようとすると、昔は何とも思わなかった操作画面が小さすぎる。
この11月になって、Dellで24インチIPS液晶(24インチワイド液晶ディスプレイ。16:10(1920×1200)パネル)を直販で46,000円 強。
(簡単カラーマネージメントを行えるソフトウェアを付属)MITSUBISHI 23型液晶ディスプレイ(ノングレア) RDT231WM-X(BK) が45,000円前後。
NANAO FlexScan 23インチワイドTFTモニタ ブラック EV2334W-TBK (アスペクト比16:9のフルHD(1920×1080)VAパネル搭載。(EIZO EasyPIX Software)ダウンロードで、無償で気軽にマッチングを始められる)が40,000円強。 NTT-X Store

色々と悩ましい限りなのである。
それにしても、久々接するAdobe Photoshop Elementsというのは凄いソフトに進化していた。
思い描いていた新機能、思い通り出来た時の感動は結構興奮するものであった。
但し、「これで完璧Adobe Photoshop Elements 8」という解説本には精々Adobe Photoshop Elements5程度のところで止まってしまっている。
本来目的とする新機能は一切解説されていない解説本というのは、Adobe Photoshop Elementsをつまらなくする害毒を及ぼすものである。

|

« 第41回日展 を見た・思う その2 | トップページ | やらせ政治ショーだった「事業仕分け」? »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7 Upgradeするごとに不具合発生 その5:

« 第41回日展 を見た・思う その2 | トップページ | やらせ政治ショーだった「事業仕分け」? »