« 小説「坂の上の雲」を読み直す その1 | トップページ | Windows7不具合続出 重要?VideoドライバーのVersionUP その2 »

2009年12月18日 (金)

がっかりした「暫定税率廃止」の廃止とダメ人間の集まりの民主党

がっかりした「暫定税率廃止」の廃止とダメ人間の集まりの民主党

民主党の目玉公約だった「子ども手当と暫定税率廃止」。これが党の2010年度予算の要望書によってあっけなく覆された。
「子ども手当」に所得制限か付いて支給はそのままとなったが、年収860万円でも貰えると言うから子育て世代は、ほとんど貰えると思って良いものである。
実際、子供が小学生ならば、その世代というのは元々手当てを貰っているもので年間1万円少々だったか?(児童手当(月額5000円か1万円))
それが1ヶ月で貰えるというのだから貰える方の立場としては有り難いと言う気はする。
しかし、そんな金というのは通帳に入ったままで塾の授業料の一部として消えるようなものだ。だから民主党の子供手当てが実施された暁には、「子供手当」で塾の費用が賄えますというものが流行るかも知れない。
こんな子供手当で何をしようというのか不思議なもので、まさか景気対策でもあるまい。いつまで続くか分からない「子供手当て」より雇用対策というのが重点課題ではないか。
民主党は、「コンクリートではなく人を大事にする政策」、「社会全体で子育てする国にする」というのだそうだが、どう考えても「人(国民)を大事にする」政党だとは思われない。
なぜなら、未だに「定住外国人参政権」と叫んでいるなど国民を愚弄するものだし、「子供手当て」にしろあの「定額給付金」のように国民に支払われるのではなく、定住の住民(外国人を含)に支払われる筈だから国民にはきつい話なのである。
いずれにせよ、今の民主党は理念先行、現実無視。党益先行、国益無視。
‥‥というものだから、本当のところは何をしたらよいのかさっぱり分からないと言うものだろう。
元々金銭感覚の無い鳩山総理や小沢幹事長だから、いや何やら庶民感覚のありそうな民主党の政治家は排除されて「言」を持たない。
だから前原国土交通大臣からして御殿女中の様な感じがする。

さて、車関係の税。先日車検の経費は84,000円を超した。後から車検整備費が来るから実際幾らになるのか今や戦々恐々なのである。
この景気の悪い時に、何も調子が悪くない車を点検整備するほど無用と思われるものは無い。
しかも車検は走行距離ではなく、初年度は3年としても2年ごとだ。
車が良くなって、日本車では故障など5年間ぐらいはほとんど皆無だ。しかし新車で3年車検というのは「とおの昔」に変更されてからまだ変わっていない。
それで、暫定税率の廃止になってガソリンも車検も、買う時の諸費用も少しは安くなるかと思ったらどうもそうではないらしい。
高速道路の無料化は北海道だけ??
元々関東では無料化は見送られているし、今の土日1,000円というのも100km圏は関係ない。そして、ほとんど車が走っていない北海道の高速道路の無料化、もともと無用の長物なのである。
実は、暫定税率廃止になってガソリンが安くなれば、週末にはどこかへ行ってみようかという気にもなるが、高いままならまあ良いかである。
そして、ガソリンの暫定税率廃止なら流通関係も活発になるはずなのである。
要するに、暫定税率廃止はいつも言う様に景気対策になるかも知れない。暫定税率の代わりに環境税を導入すれば所詮「排出権取引か何かに使われて」金が国外に流出することに繋がる。
鳩山政権も、国連の気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)で1兆7,500億円の途上国支援と言い、確かアフガンにも2兆円の拠出を約束した筈。
毎月1,500万円の小遣いを首相のように国民も貰っているなら、容易い金額かも知れないが、国の防衛費を削り、科学技術予算を削り、国民の教育費を削っても1兆円も出で来なかったのが事業種分

結局頭の中だけの理念という理想だけで、実際にやってみると非現実的というのは、どう考えても理解できない。
よくよく見れば、小さな会社でもやっていたというマネージメントを持つ民主党議員など余り見あたらない。
鳩山首相は、例の通りの1,500万円が小遣いの宇宙人だし、小沢幹事長は元闇不動産屋と呼ばれた人物だし、岡田外務大臣とてイオンの御曹司で過去官僚。
官房長官は労組出身と言ってもとても潰れそうもない大企業の労組。
前原(国土交通大臣)氏もあの偽メール事件が見破れなかったくらいだから、民間企業の経営者にもなり得ない。
亀井大臣は、言わずと知れた元警察官僚。福島みずほ大臣も小金持ちの社会派弁護士。
ざっと見ても現実的に物事を取り仕切ったという、足に地が付いた地道な経営をやってきたという感覚はない。
実際、そう言う連中のやることというのは、理想論は言うが何をやっても空回りで早く言えば「結果」が出ない。
あの鳩山総理の「一生懸命やりました」というのは、大学の4年の卒業論文までだ。
政治という「プロ」のやる仕事というのは、大学院で「結果」をだして「成功物語」を書かない限り「修士」、「博士」と言うものは取れないものと同じである。
その結果が出せない大学院生というのは「満期退学」で、いや「満期退学」と書ける方はその後「博士」と言う肩書きが付くが、そうでないものは時間を無駄にして単に止めて行くだけである。

|

« 小説「坂の上の雲」を読み直す その1 | トップページ | Windows7不具合続出 重要?VideoドライバーのVersionUP その2 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がっかりした「暫定税率廃止」の廃止とダメ人間の集まりの民主党:

« 小説「坂の上の雲」を読み直す その1 | トップページ | Windows7不具合続出 重要?VideoドライバーのVersionUP その2 »