« 四面楚歌・鳩山首相の優柔不断のバカバカしさ | トップページ | Windows7不具合続出 Dump File原因発見? »

2009年12月13日 (日)

Windows7不具合続出・もう電源カットでしか終了しないのか

Windows7不具合続出・もう電源カットでしか終了しないのか

Windows7を使い始めてもう少しで2ヶ月になる。
このWindows7もVISTAがそうであったように、Updateを繰り返してゆくごとにエラーが出始める。VISTAではWidgetの不安定さに泣かされる部分があったが、最近起動時に全部表示されないと言う事も間々ある。
実際こういう時というのは、画面の管理としてWidgetを管理している部分が止まっている。それでもPCは普通に使えるのだが、そう言う時は時として他のプログラムが突然停止することもある。
本来Windows98、Meの頃と違ってプログラムの停止がOSに影響すると言う事は無いが、逆にOSのプログラムがどこかで停止状態だと当然その上のアプリが停止することもあり得る。
こういうOSの不良動作というものは、Windows Updateをするまでは気にもならなかったが修正プログラムというものがひっきりなしに入ると不安定になる。
WindowsXPのSp3が出る直前では、自動でWindows Updateをしておかしくなって、直ぐに又修正プログラムが更新されて治ったなど言う事は日常茶飯事だったがWindows7では治らない。
特に最近では、半日も稼働させているとシャットダウンしない様になった。
普通正常な時は10秒でシャットダウンしたのに、放っておくと30分、1時間と経って再起動する事がある。
再起動して表示されるのが
「予期しないシャットダウン」という間抜けな表現なのである。
要するにOSのある部分とアブリケーションの何かが暴走して終了しないと言う事らしい。
正確に言うと「ドライバが電源状態遷移の要求を正しく処理しない場合に発生します。」とMicrosoftのサポートにある。
これには
「このエラー メッセージは、通常、次のいずれかの操作の実行中に表示されます。」
    * シャットダウン
    * スタンバイ モードへの移行またはスタンバイ モードからの復帰
    * 休止モードへの移行または休止モードからの復帰
とある。但し、WindowsXPの頃の話。
Windows7の場合、シャットダウンの時だけだから別の理由があるのかもれない。

詳細を見るとこんなもの
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
問題の署名:
  問題イベント名:    BlueScreen
  OS バージョン:    6.1.7600.2.0.0.768.3
  ロケール ID:    1041
この問題に関する追加情報:
  BCCode:    9f
  BCP1:    00000004
  BCP2:    00000258
  BCP3:    858D44C0
  BCP4:    83569B24
  OS Version:    6_1_7600
  Service Pack:    0_0
  Product:    768_1
この問題の説明に役立つファイル:
  C:\Windows\Minidump\121109-33977-01.dmp
  C:\Users\○○○○\AppData\Local\Temp\WER-66596-0.sysdata.xml
オンラインのプライバシーに関する声明をお読みください:
  http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=104288&clcid=0x0411
オンラインのプライバシーに関する声明が利用できない場合は、プライバシーに関する声明をオフラインでお読みください:
  C:\Windows\system32\ja-JP\erofflps.txt
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Minidump
Windows でデバッグ用に作成された最小メモリ ダンプ ファイルを読み取る方法
http://support.microsoft.com/kb/315263/ja
色々調べて行くうちに
こんなものを見つけた。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「Windows 7 で Minidump データを閲覧できるようにする」
http://report.station.ez-net.jp/software/microsoft/windows/7/minidump.asp
□ Minidump ファイルを閲覧する
 Windows NT 以降、Windows で致命的なエラーが発生した際に、通称 "ブルースクリーン" と呼ばれる、エラーメッセージが表示されます。
 このとき、システム設定の 「起動と回復」 で、デバッグ情報の書き込みを有効にしておくと、可能な範囲でデバッグ情報をハードディスク上に記録してくれるようになります。
 このデバッグ情報の書き込みのうち、"最小メモリダンプ" を選択した場合に Minidump ファイルが生成されます。
 ディフォルトでは "C:\Windows\Minidump" フォルダに "MiniMMYYYY-NN.dmp" という形式のファイル名で保存される様子ですが、この内容を確認するには "dumpchk.exe" が必要となります。
 Windows 7 では、このプログラムは標準ではインストールされていないので、次のように環境を整えてあげる必要がありました。
□ Windows Debugging Tools のインストール
 Minidump ファイルの内容を参照するためには "dumpchk.exe" が必要となります。Windows 7 の場合、このプログラムを使用するには "Windows Debugging Tools" をインストールする必要があるようです。
 Windows Debugging Tools は、平成 21 年 10 月 20 日現在、下記の URL からダウンロードすることが出来るようになっていました。
        * 32 ビット版 Debugging Tools for Windows
http://www.microsoft.com/japan/whdc/devtools/debugging/installx86.mspx#a
        * 64 ビット版 Debugging Tools for Windows
http://www.microsoft.com/japan/whdc/devtools/debugging/install64bit.mspx
 自分の環境は 64 ビット版の Windows 7 でしたので、"64 ビット版 Debugging Tools for Windows" の方から、"dbg_amd64_6.11.1.404.msi" をダウンロードすることにしました。
 ダウンロードしたプログラムを実行すると、Debugging Tools for Windows (x64) のインストーラーが起動します。
 そして、手順通りに進めて行けば、インストールは完了します。
 インストールが完了すると、インストールフォルダに "dumpchk.exe" が格納されているので、それを用いて次のようにすることで、ファイルの内容を閲覧することができます。
        dumpchk Mini102009-02.dmp
 64 ビット版のディフォルトのセットアップの場合には、"C:\Program Files\Debugging Tools for Windows (x64)" フォルダーにデバッグツールはインストールされていると思います。
 なお、Debugging Tools for Windows をインストールした際に併せて導入された "WinDbg" ツールを用いて、Minidump の内容を閲覧することも可能でした。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
その他、
「再起動するたびに "システムは深刻なエラーから回復しました" メッセージ」という類はXPの時に解決されたように思うのだが、Windows7でも起きることがある。

C:\Windows\Minidump\121109-33977-01.dmp
C:\Users\○○○○\AppData\Local\Temp\WER-66596-0.sysdata.xml

情報としてはこれしか出でいないので、dmpを見るしかないだろう。
sysdata.xmlというのは消えてしまうので中々探せない。
いずれにせよ、Windows7には苦労しそうだ。
そして、Windows7と互換性を持てなかったCyberLinkのソフトも検証してみる必要がありそうだ。

|

« 四面楚歌・鳩山首相の優柔不断のバカバカしさ | トップページ | Windows7不具合続出 Dump File原因発見? »

09バソコン・プログラムその他」カテゴリの記事

コメント

私も同様のトラブルを抱えております。記事を大いに参考にさせていただいております。
昨年末に購入したPCでVistaから7へアップグレードしたのですが、シャットダウンできない点と動画閲覧中にクラッシュtoデスクトップになってしまいます。
同様の現象は他のユーザーの方も報告されていますがまだ原因の特定・解決には至っていないようです。
自分としても時間を見つけて調査して快適に使用できるようにしたいと思っています。

投稿: tanimoto | 2010年1月10日 (日) 13時09分

Vistaから7へアップグレードした場合、7では不都合なソフトがいろいろありますね。
この本来なら動かないかも知れないソフトが、正常に動いてしまうのが問題です。

初めはさほど問題ありませんが、アップグレードで修正プロク゜ラムが入り、明確にソフトとしては排除されます。
それだからwin7のカーネルが認識できないソフトとなり、バックグランドで動いているソフトの終了が出来ない。
それで「予期しないシャットダウン」とBlueScreenになります。
最終的に、7対応ソフトに更新することで段々正常になりますかね。

投稿: 管理人 | 2010年1月10日 (日) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows7不具合続出・もう電源カットでしか終了しないのか:

« 四面楚歌・鳩山首相の優柔不断のバカバカしさ | トップページ | Windows7不具合続出 Dump File原因発見? »