« 読売新聞・世にも不思議なコラム「女性と税金」その4(2月13日編) | トップページ | 渡部昇一著「裸の総理たち32人の正体」‥吉田茂を擁護とは その1 »

2010年2月17日 (水)

デフレの確定申告・不要不急の削減で乗り切れるのか

デフレの確定申告・不要不急の削減で乗り切れるのか

16日確定申告が始まった。
税務署の宣伝用にe-TAXを使って、芸能人が確定申告をやっている姿を見せている。
こんなデモストレーションというのは「やらせ」だと誰でも思うし、白々しいものである。なぜなら、e-TAXを行うためには住基ネットカードなどを揃える必要があるし、どうせ税理士が作った申告書を丸のママ、打ち込んでいるのは見え見えだからである。
又一方、脱税王と揶揄されている鳩山首相やら、4億円以上の税金のかからないタンス預金が発覚した小沢幹事長などを見れば、一円単位でちびちびと計算して申告するなど馬鹿馬鹿しい限りである。
それでも申告しなければ、庶民は乏しい生活費の中から加算税を払わなければならないから不満でも確定申告期間にキチッと申告するしかない。
いずれにせよデフレ経済というものは、徐々に我々の懐に効いてきた。そうであるならば、国民も政府と同じように削れれる所から削る。
どうでも良いような会は退会して年会費を削減。現金は使わずに、ギフト券かクレジットカードを使ってポイントを貯める。クレジットカードも無駄なものは廃止するか有利なものに乗り換える。

宴会も削減して、出かけず巣ごもりで過ごす。
‥‥とこんなことをしても雀の涙しか削減出来ないと言うのが現実である。
本当は、不要不急でないことは止めると言うのも有効なのだが、将来の増税を考えれば今のうちに欲しいものは買っておいて、あとは何も買わないで過ごすということもある。
そんなことから考えれば「書道(展)」などというのは、正に金食い虫なのである。ならばすべて展覧会を遠慮したら、書道を止めたものと同じだからそんなことは出来ない。
それで、無駄な宴会は極力避けると言う話になるが、無駄でもストレス解消にでもなれば大いに有効で金をかける有効性もある。
こんなことを考えてみると宴会も金の使い方も、いかに有効に使えるかと言うことに収斂する。
だから、レジャーというストレス発散ならばケチケチしないと言うことになる。
ものを買うということも同じく「ストレス発散ならば」有効と言うことである。
2010_02110027 2010_02110049_2
過日2月11日、書道芸術院展の作品鑑賞会(東京都美術館)、春洋会選抜書展(東京セントラル美術館)、現代女流書100人展(渋谷・東急本店)、書道芸術院展・表彰式・祝賀会(帝国ホテル)と朝7時過ぎに家を出で帰ってきたのは夜中の11時近くだった。
ここまでビッシリと詰まった日程だと東京の街を見ている暇なとは一切ない。
会場をJRと地下鉄で移動するだけである。結構疲れたなと思ったのは年のせいだろう。
書道芸術院展も第63回、今回は入賞者の顔ぶれを見ても見知っている人はいなくなった。
公募出品している頃は、同じ賞をもらったり、又はあの人が最高賞だった‥と思ったりといろいろ知り合いが出来たり、見知った人を覚えたりした。
それが、公募出品から一人抜け二人抜けて、無鑑査に昇格して自らも公募から抜けまたその上の賞を狙う。
行き着くところは会員、審査会員。そして、みんな行き着いてしまえば「賞」と言うものには縁がなくなってしまう。
当然、賞を貰うような人たちというのは、弟子になったりしてほとんど知らないことになる。
それでも、祝賀会では昔の仲間がたくさん来ているからそれなりに騒いでストレスの解消になるというものである。
Dsc02327 2010_02110069_2
だから、今回の第63回書道芸術院展の表彰者という人たちがほとんど分からなかった。
そして、そんなときは不思議と作品自体印象に残らないもので、自らの作品の「酷さ」不甲斐なさに落胆するというだけしかない。
それにしても渋谷に久々行った。渋谷東急も地下鉄を利用すると109直下までゆけるとは思わなかった。そして、「現代女流書100人展」の作品は久々見る皆非常によい作品だった。もし時間があればもう少しじっくり見てもと思ったが、駆け足というのはこんな時である。
そして、夜中帰ってみれば駐車場に止めた車に雪が積もっていた。
それにしても今年は雪が多いとつくづく思うものであった。

|

« 読売新聞・世にも不思議なコラム「女性と税金」その4(2月13日編) | トップページ | 渡部昇一著「裸の総理たち32人の正体」‥吉田茂を擁護とは その1 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516355/47592378

この記事へのトラックバック一覧です: デフレの確定申告・不要不急の削減で乗り切れるのか:

« 読売新聞・世にも不思議なコラム「女性と税金」その4(2月13日編) | トップページ | 渡部昇一著「裸の総理たち32人の正体」‥吉田茂を擁護とは その1 »