« パソコンで音楽を聴く極意とサブウーファー その1 | トップページ | パソコンで音楽を聴く極意とサブウーファー その3 »

2010年4月 5日 (月)

パソコンで音楽を聴く極意とサブウーファー その2

パソコンで音楽を聴く極意とサブウーファー その2

PC用のスピーカーCreative SBS A300 SP-SBS-A300に代えてのオンキヨーWAVIO・ GX-70HD。
高音部がかなりクリアに出でボーカルの声も鮮明。
しかし、どこか音の広がりが少ない?
それはケーブルを見てすぐ分かることなのだが、製品と一緒に入ってきたスピーカーケーブル、左右のスピーカーを繋ぐ同梱のケーブルの仕業である。
それで、手元にあった普及品の5mのスピーカーケーブルに取り替えると見違えるようになった。
2010_04050007 2010_04050011
わかりやすく言えば、普通にステレオになる。
左側のスピーカーから正常に音が出るだけのことで、驚くほど音の広がりが出る。
このスピーカーケーブルは太さ的には、大したことではない安物のもので、これだけでも大きく違う。
実際のところは、ジャンク箱に入っていた「電源用途と思っていたら極太スピーカーケーブルだったもの」を短く切って使用している。
こういうスピーカーケーブルが無かった場合、その辺にあるジャンクの電源配線ケーブルを代用して使ってもこんな近距離ならば間に合うかも知れない。
こういう附属のケーブルというのはおまけとはいえ、どういう神経で同梱しているのか疑問に思うところ。しかし、容易に取り替えられるから大した問題ではない。
このオンキヨー製品というのは、いろいろな部分で妙なコストダウンが計られることがあるようだ。
2010_04050004 2010_04050006
それは、ONKYO・SE-U55SX(W)というUSB接続の外付けサウンドカード・ユニット。これは掲示板に「電源関係に問題有り」と「電源のコンデンサー重要な部分に数十円のコンデンサーをケチった」とある。
使っている人によって、その影響が出ている人とそうでない人などがいて、設計はされていても最終的なコストダウンが図られているらしい。
しかし、神経質な人には気になるというか、音を重視する人達だと、こういうことは「我慢ならない」かも知れない。なぜなら、音・重視の人は大した違いがないのに大金をはたくというのが常であるからである。
こういう神経というのは、ONKYOがあの苦ソーテックを買収して傘下に入れることを考えればやはり同根の所があるのかも知れない。
但し、パソコンとはあまり関係のない従来からの製品というのは、今では他社にはあまりない優秀なもののような気がする。
逆に言えば、こういう音響製品の場合は、古い製品の方が良かったりすると言うことかも知れない。
それにしても、グレードアップしてゆくうちに耳が肥えていろいろな粗が出てくるのは仕方がない。このGX-70HDは「オンキヨー独自開発の10cmOMF( ONKYO Micro Fiber )ダイヤフラム」と言っても10cmのスピーカーにすぎないことである。
ここで高音部の値段相当の部分は目をつぶって、低音部をなんとしたいと思うのは常である。こういう音響関係というのはグレードアップしてゆけば切りがなく、ある程度のところで我慢するというのがパソコンで音楽を聴いたりする境界点であろう。
このGX-70HDの場合、BASS/TREBLE独立トーンコントロールを多少強にしたり、内蔵のアンプ出力を強にするとどうしても限界が出る。
感じとしては、品が悪い音がするというかスピーカーの限界を感じるところなのである。
その他としては、スピーカーと他の部分が共振してしまうことが多い。
こういう対策として、インシュレーターをスピーカー下部に入れて周囲の共振を防ぐと言うのを最近はしたりする。
要するに、スピーカーと底部の共振をインシュレーターのゴムを使って減衰させるか、何か堅いものを置いて共振させないかと言うことである。
昔からやられているのは、大きいスピーカーの場合安くて確実なコンクリートブロックかタイルを噛ませると言うのが常識だった。
こんな小型のスピーカーならタイルぐらいで充分なのだろうが、インシュレーターというのは結構高いもので、ものによっては効果が得られないことも多い。

|

« パソコンで音楽を聴く極意とサブウーファー その1 | トップページ | パソコンで音楽を聴く極意とサブウーファー その3 »

06.自作パソコンを作る・問題点を探る?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコンで音楽を聴く極意とサブウーファー その2:

« パソコンで音楽を聴く極意とサブウーファー その1 | トップページ | パソコンで音楽を聴く極意とサブウーファー その3 »