« <アーカイブ>syuun の不思議な少年時代 その24 Episode 1 その4 | トップページ | syuun の不思議な少年時代 その25 Episode 1 その5 »

2010年4月18日 (日)

Acer ASM3800-16・デスクトップ激安パソコン

Acer ASM3800-16・デスクトップ激安パソコン

近 年パソコンの安い物がかなり出回るようになった。
先週4月12日の火曜日大竹まことゴールデンラジオでは、火曜日パートナー・山本モナが出演して 買った会社名は明かさなかったがDell製のノート型パソコン(銀色)を買った話をしていた。
その中で、サポート・受注センターが中国の大連かど こかの話で、いろいろよく言われた中国人とのやりとり。
Syuunも2005年だったかDellのInspiron 6000 Pentium M 798というノート型パソコン を買って、多少たどたどしい中国人と電話のやりとりをした。
こういうやりとりをすると何やらDellのPCを買う意欲が失せてしまうが、ノート型 パソコンでグラフィックが載っているものは、Dellでしか安く買えないのも事実である。
一方、デスクトップ激安パソコンと言えばAcerなのだ ろうと思う。
Dellの格安デスクトップは、電源が小さく、そして米国で売れ残ったマザーボード、チップセットだったり日本人をバカにしているし か思えない物が多い。
ならばAcerはどうかというと、Dellよりはかなりまだマシという部分が多い。
その理由は、Dellの様に専用 部品を多用していないことで改良の余地があるのである。
Syuunは、Acer・Aspire M5802 ASM5802-A48というものを今年正月に 66,800円買って、多少改良したと言っても3,000円くらいの投資。
実際、その後マウスとキーボードを趣味で交換したから高く付いたがこれ は関係ないこと。この夏には、排気ファンでも追加しないと夏を越せないかも知れないとはいうものの快適に使えている。
その後継機種はAspire M5811 ASM5811-A65でCPUはIntel® CoreTM i5-750、NVIDIA® GeForce®310になっているとはいうものの、今値段が上がったメモリーは2Gだし、HDDドライブは500MBにダウンしている。
実際の 性能・機能というのは、M5802とはほとんど変わらないが70,800円とちと高い。
そして、価格コムの掲示板の評価でもどう考えてもあまり参 考になる意見が書かれていない。
実は、価格コムにもAcerのWebサイトにも載っていないモデルがある。
一般に公開されているのが ASM3800-A60というモデルでAmazonでは¥ 69,500 。
エ イサー Aspire M3800 シリーズ ASM3800-A60

価格コム最安値では57,760円 (税込) (送料込)と言うことになっている。
ところが、ASM3800-16
(ASM3800-16(C2Q / 2.66GHz / 1333MHz4GB / Win7HP64bit / GeForceGT320 / DVDSM / SP2.5Wx2 / SPFIF))というモデルだと
Intel(R) CoreTM 2 Quad Q8400←←←← CoreTM 2 Quad Q8300
標準4GBのDDR3 1333 MHz SDRAM←←←←標準2GBのDDR3 1333 MHz SDRAM
NVIDIA(R) GeForce(R) GT320(1GB) ←←←Intel(R) GMA X4500(チップ セットに内蔵)というグレードアップで
IO DATA 直販サイト アイオープラザ・価格・送料込み
¥64,800 (通常価格 ¥67,800)・¥3240 相当のポイント還元
ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】
NTT-Xで は、(Aspire (C2Q Q8400/4G/500G/Ge Force GT320/Sマルチ/APなし/W7HP64bit) ASM3800-16)
67,800円(税込)-3,000円(自動割引きクーポン)=¥64,800
と激安価格である。

まあこれだったら、取りあえず払う価格は同じでもIO DATA 直販サイトの方が¥3240 相当のポイント還元が付くだけ安い。
実はこれは2010/04/16に値下げした訳。

さて、ここでASM3800-16の問題点 を探してみよう。
見た目のスペックとしては問題ないの様だが、電源が300Wになっている。
Aspire M5802 の時に述べたかも知れないが、M5802は500W仕様なのだ がこれはピーク時に500Wで常時500W(常時は450W)出せるわけではない。
Syuunのデスクトップ機のAbee AS Power SD-500E(Special版)は常時500Wが可能で、ピーク時、即ち瞬間的には550Wまで出せる。
要するに、 ASM3800-16の300W電源というのは250Wクラスである訳だ。
だから、ASM3800-16だと電源的にフルスペック状態になってい る。
‥‥と言ってもDellよし少しマシな電源レベルと思えば、なのである。
グラフィックスがNVIDIA® GeForce®310というのは、あまり電気を食わない低性能のものだが、こういう厳しい条件下CPは高い。
ゲームマシンとしてぶん廻わさなけ れば何とか使えるレベルである。
又、メモリーが4GBと言うのもお得である。
なぜなら、昨年夏まで4GBで4,000円で買えたメモリー がノーブランドで8,000強円もする。
それなら、ASM3800-A60を買って6GBにすればとは思うものの、電源がギリギリな事を考えれば 無理。
ASM3800-A60にメモリー、グラフィックスを載せ替えると足が出るか、動かないかも知れないと言うリスクが付きまとう。
あ と問題なのが例のDVDスーパーマルチドライブ。
間違いなく、あのジャンクドライブ並みのHL-DT-ST DVDRAM GH41NというLG製ドライブ。
これは、何とか換装するか別のものを増設する必要がある。
ASM3800-16の前面の形からの雰囲気 はAspire M5802 とは違うのだか、内部を開けてみると同じものかと思うくらい全く同じ作り、構成になっている。
従って、Aspire M5802と同じように内側からドライブを挿入してやれば着装は可と言うことである。
それで、性能的にはSyuunのAspire M5802 ASM5802-A48(改)(ZOTAC製NVIDIA® GeForce® GT220)と同程度と言う事になるが、無理して使わなければそこそこ使える製品だと思う。
それにしては、SyuunのAspire M5802は結構酷使していますけどね。
ドライブもWesternDigitalなので多少壊れにくいと思うが、熱には何でも弱いのは当たり前。

|

« <アーカイブ>syuun の不思議な少年時代 その24 Episode 1 その4 | トップページ | syuun の不思議な少年時代 その25 Episode 1 その5 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Acer ASM3800-16・デスクトップ激安パソコン:

« <アーカイブ>syuun の不思議な少年時代 その24 Episode 1 その4 | トップページ | syuun の不思議な少年時代 その25 Episode 1 その5 »