« ミニコンポ・ケンウッドKseries R-K711+スピーカーLS-K711 その2 | トップページ | 子育ての概念が抜け落ちた「少子化問題」と「男女共同参画」その2 »

2010年5月23日 (日)

子育ての概念が抜け落ちた「少子化問題」と「男女共同参画」その1

子育ての概念が抜け落ちた「少子化問題」と「男女共同参画」その1

近年の「少子化問題」や「男女共同参画」の識者による議論を見ていると、女性の働き方の問題、賃金の問題、カネの問題ばかりで実際の「子育て」という部分には一切言及がない。

少子化問題では、
「特に女性の就業率を高めて、同時に結婚や出産に関する希望が実現でき、子供を持ちたい人が持てるようにすることだ。つまり、結婚・出産と仕事の継続の二者択一の解消が課題で、これは政府の『子ども・子育てビジョン』でもいわれている(佐藤博樹・東大教授 結婚取り巻く環境変わった)」とある。

事実上これは理想論で、実際にはそうは行かないと言うのが現実問題である。
続けて‥‥

「女性が就業を継続しながら、同時に結婚し子供を持ち、かつ子供1人だったら2人持てるようにすることだ。ここから働き方改革の話が出てくる。結婚して子供を持ち、かつ仕事を続けたいという女性が仕事を続けることができる働き方にすべきだ(同)」

とあるがこんな一般論では何も分からぬと言うところである。

こういうふうに、「少子化問題」の話になると何時しか「男女共同参画」という大企業の中で女性に地位を与えよと言うような議論になってくる。
だから佐藤先生の議論も行き突くところ、仕事と雇用問題、そして子どもを生んでもそのまま長く働き続けられる方便を考えている。
そして、こういう人達の考え方は、

「配偶者控除をなくさなかったから、現実の施策を見ると、『女性は子供をたくさん産んで家にいろ』ということになるだろう。政策的にそっちに誘導しているといわれてもしようがない。子ども手当の導入に合わせて配偶者控除をなくすのならばよかったが、残してしまった」

と言うように、子育てをしている専業主婦敵視というのは例外のない事実である。
それで、佐藤先生は

(夫の協力も必要だ)「女性だけが子育てするのでは子育てと仕事の両立は難しい。会社も本当は女性にもいろいろな仕事で活躍してもほしいと思っている。ただ女性が子育てと仕事の両方を抱え込んでいたら企業としてはやはり責任ある仕事を任せにくいということになる。そういう悪循環を断ち切るしかない」

‥‥‥と書かれているが、実際子育てというのは母親だけではなく父親も一緒になって子育てをすると言うのが最近の傾向である。
休みの日のTDLやTDSや観光地を見てみれば良く分かるのは、必ず父母共に揃って来ていることだ。
あの高度成長の様に父親は夜遅くまで帰ってこず、母親は一日中子育てをしているという風景は近年では有り得ない。
逆に言えば、そんな遅くまで仕事ができてよい給料が貰えるのなら、すすんで変わってやりたいくらいである。

|

« ミニコンポ・ケンウッドKseries R-K711+スピーカーLS-K711 その2 | トップページ | 子育ての概念が抜け落ちた「少子化問題」と「男女共同参画」その2 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子育ての概念が抜け落ちた「少子化問題」と「男女共同参画」その1:

« ミニコンポ・ケンウッドKseries R-K711+スピーカーLS-K711 その2 | トップページ | 子育ての概念が抜け落ちた「少子化問題」と「男女共同参画」その2 »