« ONKYO WAVIO PCIデジタルオーディオボード SE-200PCI LTD使用感ついて その1 | トップページ | 東芝ハイビジョン液晶テレビに密かに接続する録画用HDD »

2010年5月25日 (火)

ONKYO WAVIO PCIデジタルオーディオボード SE-200PCI LTD使用感ついて その2

ONKYO WAVIO PCIデジタルオーディオボード SE-200PCI LTD使用感ついて その2

SE-200PCI LTDは、PCI スロット対応のPCIサウンドカードである。
最近マザーボードもPCIスロットも少なくなってきて、PCI Express対応のサウンドカードが出で生きているからその1で述べたように古い製品である。
1274724760
それでもハイエンド製品の部類で中々新製品が少ないのは、サウンドカードというのはあまり注目されないものであろう。そして、この古い製品であるが故に安定している部分もあり、新しいOSにソフトが対応していないなどの時代遅れ感もある。
それは兎も角、先ずは取り付ける。
別にPCIバスコネクターに挿入するのは難しいことではない。
ただ、種々の部品が刺さっていると、干渉を起こさないように部品配列を変えてやらないと妙なことになりかねない。
Windows7であれば、取り付けてWindowsを起動さえさせれば自動的に認識するからたいした問題は起こらない。
1274724766
PC構成‥‥いつも通りのこんなもの。
CPU : Intel Core2Quad Q6600
[2.40GHz/L2 8MB/QuadCore/FSB1066]
MOTHER  : ASUS P5Q-E [Intel P45chipset + ICH10R]
MEMORY : A-DATA(IO DATA)4GB DDR2-SDRAM PC6400
[2GB*2枚]
HDD : Seagate ST3500320AS [500GB 7200rpm 32MB S-ATA2]
VGA : 【PCI-Express】HIS RADEON HD4670 IceQ DDR3 1GB H467QS1GH
Windows 7 32bit(エクスペリエンスインデックス5.9)
1274724776
ドライバーは、添付CDで対応していないので、ネットからダウンロードして解凍。
これも指示通り。
デバイスマネージャーで「Envy24 Family Audio Controller WDM」を確認して、他のオンボードサウンドを総て「無効」にする。
これで完了。
1274724772
さて、音を鳴らしてみる。
~~~と、「どかんと大きな割れる音」これは、PCスピーカーGX-70HDの音量が大きすぎる。
GX-70HDのボリュームを落とし、実際はBeatJamという音楽再生録音ソフトのボリュームで可変する。
音楽を聴く部分では、既にPCスピーカーGX-70HDの限界に来ていて、劇的に凄いとまでは行かなかったが、非常にクリアで明瞭な高音部は特質に値する。
そして、ASUS P5Q-Eのオンボードサウンドも結構性能は悪くないと実感させられるものであった。だから、安物の古いサウンドカードだとのオンボードサウンドとの差異はより少ないかもしれない。
まあ、音響用ケーブルとそうでない金メッキ端子ケーブルの差の様に、聞き比べなければ分からないと言うような差などではなく、明らかに分かるのはハイエンドのSE-200PCI。
そして、音楽ではなくDVDの映像を見ると、その効果音が全然違うのには今度は驚いた。一瞬シアタースピーカーで聞いているような感じがしたのである。
これは、PCスピーカーGX-70HDの限界を完全に超えていると言う気がする。
しかし、GX-70HDを上級のものに取り替えてどうするのかと言う部分もあって、我慢と言うところである。
さて、SE-200PCIシリーズでは、音量の調節が出来ない。
そのために、Windowsの音量ボリュームは無効となっている。
但し、WMP、Realplayer、BeatJamなどでは音量ボリュームを調節することが出来る。一方、CyberLinkのPowerDVDなどでは調節することが出来ない。
この辺は、直接PCスピーカーGX-70HDの音量ボリュームを使わなければならないので面倒でもある。
その他、添付のAudio Deckというソフトは、デジタル入力の時であって、RCAプラグによるアナログでは使うことが出来ない。
そして、SE-200PCIシリーズのために、仮想的にWMPなどの様に音量ボリュームをコントロールするソフトも開発されているが、現状では有効に作用するソフトはない。
1274724780
いずにせよ、SE-200PCIは期待通りであったとも言えるし、システムを考える上では過剰のサウンドカードであったかも知れないと言う気がする。
またそのうちに、スピーカーを買い換えるか、プリメインアンプを買って手持ちのスピーカーで間に合わせるかと思えば、アンプを買った方が有効なのではないかと思うものである。
いずれにせよ、ソースが良ければ出口は何とかなるものである。

|

« ONKYO WAVIO PCIデジタルオーディオボード SE-200PCI LTD使用感ついて その1 | トップページ | 東芝ハイビジョン液晶テレビに密かに接続する録画用HDD »

06.自作パソコンを作る・問題点を探る?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ONKYO WAVIO PCIデジタルオーディオボード SE-200PCI LTD使用感ついて その2:

« ONKYO WAVIO PCIデジタルオーディオボード SE-200PCI LTD使用感ついて その1 | トップページ | 東芝ハイビジョン液晶テレビに密かに接続する録画用HDD »