« 連休は無謀バイクに気をつけよう・交通弱者の原付二種 | トップページ | 佐伯啓思・「保守」が「戦後」を超克するすべはあるのか・を読む1 »

2010年5月 2日 (日)

上海万博・日本館「日の丸」掲揚せず

上海万博・日本館「日の丸」掲揚せず

2010/05/01の読売新聞夕刊のトップは「上海万博 開幕」だったのだが、小見出しでは「日本館 日の丸掲揚せず」だった。
読売新聞Webでは、同じ記事が

「【上海=加藤隆則、比嘉清太】多くの国のパビリオンが国旗を掲げる中、上海万博・日本館は1日、日の丸の掲揚を見送った。

 担当者は「過去の万博でも掲げなかったことはある」と説明するが、反日感情に配慮した措置と見られる。日本産業館スタッフも「政治にかかわることがないよう展示内容には気を使った」と話している。

 中国では抗日戦争を題材にしたテレビ番組が頻繁に放映されており、日の丸が軍国主義の象徴と受け止められる傾向が強い。」
と言う記事が出ている。
一方、産経新聞では「各国の展示館には国旗の掲揚・掲示が義務付けられているわけではないが、日本館のどこにも日の丸が見られないことをいぶかしがる声も。中国の反日感情に配慮したのではとの見方も出る中、日本館関係者は『これまでもハノーバー万博(ドイツ)など、外国開催でのパビリオンには国旗を掲げないケースがあった』と否定した。」
とある。

日本と言うのは、戦後どういうワケか争いごとを避ける傾向にある。
それがマッカーサーによる呪縛なのか、小和田氏いうハンディキャップ国家を自認せよというのか知らないが不思議なことである。
戦前の外交というのは、歴史を見ると全て欧米並み、欧米に学べと限界があるとは言うもののそれなりの水準にあった。
しかし、一転して東京裁判史観を小和田氏が歪曲して「政府見解」としたために、東京裁判の「判決」ではなく「裁判」を受け入れたとなっている。
もしそうだとしたら、独立後A級戦犯だった人達が総理大臣になり、外務大臣になって国連で喝采を浴びる整合性がない。

そんなことは兎も角も、日本館は日本なのだから堂々と掲揚したらよい。
それも何本もしてみたらどうか。
それで、もし中国人が反発すればしたで、中国の実態が知れる良いニュースだ。
しかし、そんなことはほとんどあるまい。

そう言う要らぬ及び腰が国益を誤るというのは既に尖閣諸島に出でいる。
台湾で尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権を主張する団体「中華保釣(尖閣防衛)協会」の黄錫麟秘書長は1日までに、世界各地の華人団体を結集して「全球保釣大連盟」を結成する計画を進めていることを明らかにした。」(産経)
こんなことが繰り返されるのは、幾らやっても死ぬことはないと分かっているからである。その上、この前は舟が沈んでその弁償を日本政府がしているというバカバカしさである。
ロシアなら銃撃されて撃沈。
少なくとも、拿捕されて刑務所入りだ。

|

« 連休は無謀バイクに気をつけよう・交通弱者の原付二種 | トップページ | 佐伯啓思・「保守」が「戦後」を超克するすべはあるのか・を読む1 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上海万博・日本館「日の丸」掲揚せず:

« 連休は無謀バイクに気をつけよう・交通弱者の原付二種 | トップページ | 佐伯啓思・「保守」が「戦後」を超克するすべはあるのか・を読む1 »