« 最新デジカメ事情FinePix F300EXR | トップページ | 最新デジカメ事情とヤマダ電機探訪 »

2010年7月24日 (土)

CyberLink・PowerDVD 10 Ultra 3Dはパッケージ版がお得

CyberLink・PowerDVD 10 Ultra 3Dはパッケージ版がお得

CyberLink・PowerDVD 10 Ultra 3Dを買うかどうするかと考えながら、意を決してパッケージ版をAmazonで買った。

元々バファローのDVSM-U24FBS-BKというドライブを買ったときにDVD Suite Ver6という統合ソフトがハンドルされていて、この中にCyberLink PowerDVD8と言うものがある。
このPowerDVD8では、「アップスケーリング機能」、「サイバーリンクバーチャルサラウンド機能」、「CPRM付DVD-R/RW/DVD-RAMディスクの再生」、「スマートデインタレース機能」などかあって、BR(ブルーレイ)を見なければ大して充分である。
だから、BRのドライブを持っていないのにBR対応を買うと言うのも妙なものであった。

CyberLinkのダウンロード販売のアップグレード版では、「Ultra 3D アップグレード版 (バージョン8/9からアップグレード可)」となっていて、次回のバージョンアップになったらアップグレード版は買えないのかと思ったりしたのであった。
実はBRだけ見たければ、「CyberLink PowerDVD8 BD(定番DVD再生ソフト・ブルーレイ対応)・1,040円OEM版」と言うのがありこれを買えば見られる。但しCPRMには非対応とか。

さて、パッケージ版CyberLink・PowerDVD 10 Ultra 3Dが届いて見てみたら、箱が小さい。中身は、CDと説明書。

よく見るとアップグレード版と言ってもシールが貼ってあるだけで通常版とは変わりがない。(インストールCDも通常版)
そのシールから推察すると「バージョン8/9」どころか今までのOEM、ハンドル版全てのPowerDVDからアップグレード出来ることになっている。
なんのことはないアップグレード版も通常版も同じものである。
実際、値段の部分には通常版の箱の上からシールが貼ってある。
これなら通常版を買う必要もないのかも知れない。

従って、CyberLinkのサイトでメルマガ価格又は、ベクターなどから20%引きでダウンロード販売で買うのが馬鹿馬鹿しくなると言うものなのである。
確かに、説明書の本はインストールCDの中に入っているPDFと同じで、必要ないのかも知れないが有った方が便利である。
ダウンロード販売なら延長だとかCDを買うとか余分の金が必要だが、パッケージ版なら当然CDが入っている。

起動すると面倒なのは、アクティベーション(ライセンス認証)で中々打ち間違えて3回目に成功した。
今回、PowerDVD 10 Ultra 3Dでは、今までとは見慣れぬ表示画面が出て来て取りあえず「PowerDVD 10 Mark II 」アップグレードする。
そして、表示は「クラシックモード」と「シネマモード」という二つの表示画面の仕方がある。
ここで「シネマモード」にするとWindows Media Centerと一体化されて、Windows Media Center用のリモコンが使えるのがミソ。
実際、IOデーターで「Windows Media Center」専用 地上・BS・110度CSデジタル対応リモコン」を買っておいたのが役に立った。
icon icon
この場合、詳細設定が出来ないので「クラシックモード」に戻すと、Resume(レジューム)されずに又最初から映像が始まるので統一してどちらかにする必要がある。
3D対応のPowerDVD 10 Ultra 3DmIIなのだが、3Dは後のこりの2点セットがないのでシステム上体験できなかった。
アップスケーリング機能はVer8よりは良くなったかなという感じはあるものの動き部分では変わっていない。
今回、音楽も再生できるようになったPowerDVD 10 Ultra 3DmII。
Webサイトには
「最 新のWindows 7 の音楽ファイル管理機能を利用した PowerDVD 10 は、PCにインストールされている音楽管理ソフトよりも簡単に音楽ファイルを取り扱えます。TrueTheater™ Surround technology を利用することで、PCに接続されたオーディオ機器に最適化した高品質な音楽再生を実現します。」

その他「お好きな音声を録音して、Movie Remix に使用することもできます。 MovieRemix のこの機能を使って、吹き替えをすることができます。」というようなことが書かれてあっていろいろなことが出来る様だ。

ハンドル版・OEM版のPowerDVD8から 10 Ultra 3Dへ。
多少でも変わらなければ買いようもないというものの、少なくとも2-3年は買い換えなくとも持ちそうとは個人的希望。

|

« 最新デジカメ事情FinePix F300EXR | トップページ | 最新デジカメ事情とヤマダ電機探訪 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CyberLink・PowerDVD 10 Ultra 3Dはパッケージ版がお得:

« 最新デジカメ事情FinePix F300EXR | トップページ | 最新デジカメ事情とヤマダ電機探訪 »