« 高性能ノート型パソコンにこだわるなら・こんなものか | トップページ | 参議院選挙・月刊誌「文芸春秋」8月号の巻頭随筆・塩野七生氏の暴言 »

2010年7月11日 (日)

毎日書道展の表彰式と特別記念講演会「松井如流の人と書」

毎日書道展の表彰式と特別記念講演会「松井如流の人と書」

2010/07/11の参議院選挙の関心高さは投票に行って良く分かった。
その結果は、今晩分かる事で今度は明日行われる毎日書道展の講演会等について‥‥。
第62回毎日書道展についてネット検索していたら「毎日書道展:東京展が開幕 国立新美術館で」という毎日新聞の記事があった。
http://mainichi.jp/enta/art/news/20100708k0000m040018000c.html
それには、会場の案内など

「午前10時~午後6時(入場は同5時半まで)。水曜は午後1時開場、火曜は休み。入場料は一般700円、大学生400円、高校生以下無料。詳細は毎日書道会のホームページで。」

とある。
忘れずに「役員入館証」を持って行かないと会場には入れない。実は、国立新美術館の毎日書道展専用入館証があるのでそれでも可だか、あまり見栄えがしない。
そして知り合いに出会って必要なら一般入場券なども持って行くつもり、と思っていたらこんな記事が続けて書いてあった。

「美術評論家の田宮文平氏による特別記念講演会『松井如流の人と書』が12日午前10時半から東京・グランドプリンスホテル赤坂のクリスタルパレスで開かれる。定員300人(先着順)。無料。」

これは未知だった。
いつもそうだが、種々の講演会などは事前に告知されないことがある。席上揮毫については今年から、案内状や入場券に記載があるもののこの「特別記念講演会」は初耳だった。

毎日展の午後の表彰式に先駆けての講演会、今年は知り合いの3先生が会員賞だったのでお祝いを込めて行ってみようと思う。
しかし、直前の種々の予定変更はいろいろと面食らうものである。
そして、何と言っても写真を撮ってくるというのが一番の記念、成果というものではないかと思っている。
それで写真が撮れるのかいささか心配でもある。

そう言えば、最近欲しいカメラレンズが出でいる。
最近のAPS対応のデジ一眼レフというのは広角レンズが使えない。ソニー、ペンタックスだと1.5倍だから16㎜でもフルサイズで24㎜。キャノン系は1.6倍だったか。
フォーサーズだと2倍だから16㎜で32㎜相当。
それで、フルサイズでないデジ一眼というのは風景とか、少し広く写したいと言う時にはどうしようもなかった。
ところが最近シグマというレンズメーカーでシグマ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMというレンズを出した。
このレンズ「Photo of the Day・This is tanaka」(写真家・田中希美男氏のブログ)で紹介されているとおり優れものらしいもの。

レンズ保護フィルター使わない主義者
低分散ガラスレンズ14枚ぶんの効果、てか

このレンズには手振れ補正が付いていないので

「ニコン用、キヤノン用の発売から少し遅れてペンタックス用とソニー用が発売される 予定になっていて、そちらはボディ内手ブレ補正だから約12~24mm相当の超広角ズームで手ブレ補正機能を生かして撮影ができる。ニコン用とキヤノン用 のユーザーはちょっと悔しい思いをする(だろう)。ペンタックスとソニーの広角好きのユーザーは迷わずに買うべきレンズだろうね。後悔しない、と思う。」

と書かれている。
‥‥‥とはいうものの、ペンタックスとソニーの手振れ補正が良く効いて手振れが防げたという経験はあまり感じていない。
それで、シグマ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMの価格を調べてみたところ、マップカメラやフジヤカメラではニコンとキヤノン用とペンタックスとソニー用との価格差は無かったのだか、価格コムでは800円弱(798円2010/07/11現在)あった。

クレジットカードが使えて、送料無料のカメラ専門店で一番安いのはデジカメオンラインだった。 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ニコン用・キャノン用 66700円 icon
icon icon icon icon
実を言うとペンタックスとソニー用に限っては、フジヤカメラが一番安い。66,800円。
但し、中野のお店に行って買うのならともかく、通販では振り込み料と送料1,050円がかる。
代引きだと、1,575円。
結構通販というのは難しいものなのである。

|

« 高性能ノート型パソコンにこだわるなら・こんなものか | トップページ | 参議院選挙・月刊誌「文芸春秋」8月号の巻頭随筆・塩野七生氏の暴言 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎日書道展の表彰式と特別記念講演会「松井如流の人と書」:

« 高性能ノート型パソコンにこだわるなら・こんなものか | トップページ | 参議院選挙・月刊誌「文芸春秋」8月号の巻頭随筆・塩野七生氏の暴言 »