« ミニコンポKseries R-K711の音の改善結果 | トップページ | Cyber-shot DSC-HX5Vで夜景を撮る »

2010年8月12日 (木)

前代未聞・第15回高大展不正見つかる・大分高全作失格 2

前代未聞・第15回高大展不正見つかる・大分高全作失格 2

この件は8月10日の読売、毎日新聞の記事に掲載されたことで表沙汰になったが、毎日系の「書の甲子園」・「国際高校生選抜書展」にも出品しているとのご報告を頂いた。
それで「国際高校生選抜書展」の昨年の図録を探してみたところ見つからなかったが、「第14回全日本高校・大学生書道展」の方は、(社)日本書芸院から新聞(?)が送られてきたので掲載してみる。Img917_2
それを見てみると、高校の部での団体賞は9年連続「大分高校」が受賞している。
それで出品点数はというと大分県が最多で1,266点。
今回問題になった第3部篆刻は、856点である。
それが今年の出品点数は、同校から2,487点、そのうち問題になったのが篆刻247点。
このことから見て、昨年の同校の出品点数は、大分県の数字と同数なのではないだろうか。
いずれにせよ、昨年の倍の出品点数というのは異常すぎるものである。
毎日新聞には

「日本書芸院によると、同展は出品作品数に応じて団体の点数が加算される。同高は前回、篆刻241点など計1230点を出品。今回は倍近い作品を出していた。過去の出品作品についても調査するという。」Img9182_2

と書いてあった。参考のためにいろいろ調べてみると私立大分高校(大分市明野高尾1丁目)というのは、映画「書道ガールズ」のモデル校だった。

書道パフォーマンス甲子園 大分高がV

Img918 Img9172

|

« ミニコンポKseries R-K711の音の改善結果 | トップページ | Cyber-shot DSC-HX5Vで夜景を撮る »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前代未聞・第15回高大展不正見つかる・大分高全作失格 2:

« ミニコンポKseries R-K711の音の改善結果 | トップページ | Cyber-shot DSC-HX5Vで夜景を撮る »