« 民放連・国民をバカにした地球温暖化啓発スポットの放送 | トップページ | 低金利政策からの脱却が唯一の道 »

2010年8月20日 (金)

CASIO OVERLAND OVW-110DJ-1AJF その2

このお盆休みで買ってしまったもの  その2
CASIO OVERLAND  OVW-110DJ-1AJF

[カシオ]CASIO 腕時計 OVERLAND オーバーランド ソーラー電波時計 OVW-110DJ-1AJF メンズ
OVERLAND OVW-110DJ-1AJFを買って見て、なぜ今頃この製品が買えるのか不思議に思った。
なぜなら、このOVW-110DJ-1AJFが2006年頃発売されたのと同じOVERLANDシリーズというのはほとんど生産中止でネット上でも枯渇しているからである。
残っているというのは「OVW-100BJ-3AJF」(65グラム)という布ベルトのもの。
布ベルトと言う事から分かるように耐久性に問題があり、誰でも「適」ではないところで「売れ筋」としては疑問視が付く。だから売れ残っていても不思議はない。
[カシオ]CASIO 腕時計 OVERLAND オーバーランド ソーラー電波時計 OVW-100BJ-3AJF メンズ
OVW-100TDJ-1A2JF(85グラム)という少し小さめのチタンモデルは、なぜか19,800円から中々値下がりせず、ネット上では12,800円あたりで完売してしまった。
又、OAW-100TDJ-1AJF(85グラム)というチタンモデルは、高止まりしてAmazon少しに残すのみと言っていいかもしれない。
[カシオ]CASIO 腕時計 OVERLAND オーバーランド ソーラー電波時計 OAW-100TDJ-1AJF メンズ
それで、ネット検索をしてみたらある店では「定番商品」として常時販売していると言うところもあった。これは、カタログから削除されても密かに生産されて売られている商品と言うことではないか。
パソコン部品のドライブなどでは、カタログからなくなっても何ヶ月か生産されていたものもあった。
いずれにせよ、そう言う少し前のモデルであるから高性能でも安く手頃な価格で買えるのであって消費者としては喜ばしいことである。
しかも、最新のモデルはケースがステンレスからプラスチック(?)へと変更されて約25グラム軽くなっている。
軽く作るのならチタン外装にすれば良いのであって、ほぼ同じムーブメントのWAVE CEPTOR は85グラムである。
兎に角、このOVW-110DJ-1AJFのデザインの良さというのは特筆するもので、当然視認性の良さが際立つ。

このOVERLANDシリーズのWAVE CEPTOR OVERLAND OVW-600DJ-7AJF(125グラム)と比べてみてもその見やすさは格段である。
実際、写真を撮ってみてもOVW-600DJ-7AJFでは、はっきりと焦点が合わず結構苦労したのである。

|

« 民放連・国民をバカにした地球温暖化啓発スポットの放送 | トップページ | 低金利政策からの脱却が唯一の道 »

BF4でお買い物。お買い得情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CASIO OVERLAND OVW-110DJ-1AJF その2:

« 民放連・国民をバカにした地球温暖化啓発スポットの放送 | トップページ | 低金利政策からの脱却が唯一の道 »