« 過去を封印して歴史から学ばない戦後民主主義的政治の蹉跌 | トップページ | この夏の書道展、群馬創玄展 »

2010年8月27日 (金)

昔懐かし昔の母校の跡の無残

昔懐かし昔の母校の跡の無残

2010/08/27は、群馬県生涯教育センターに行ってきた。
この場所は昔毎日通ったところなのだが、周囲の道路も建物も昔の面影もない。
それどころか群馬県生涯教育センターそのものが全く新しいものだから思い出に残るものもない。Dsc00389
元の建物が移転するときにモニュメント(記念碑)が建てられた。‥‥と言っても関係するのはそのモニュメントのミニレプリカがあるくらいなものなのである。
Dsc00382

ここで2010/08/27から3日間「第19回群馬篆刻協会展」が開催されている。
この群馬県生涯教育センターというのは、実は展示室というものが設けられていない。Dsc00391
かろうじてあるのは、ロビーの展示スペースと言うものの所詮エレベーターへ向かう通路である。Dsc00383
「生涯教育」という以上、その生涯教育を発表する上での発表の場というものを設けるべきと考えるのだが、当時の役所は「座学」による一斉授業しか思いつかなかったようだ。
そのロビーも今回は事情があって、写真展が行われていた。Dsc00401
篆刻協会展は、その右奥の通路部分である。
ここもギャラリーというらしかったが、群馬県の建物というのは常に「帯に短し襷(たすき)に長し」と言うものばかりなのはどういうことだろうか。Dsc00351_2

Dsc00352_2

 Dsc00366 Dsc00378 Dsc00379 Dsc00363_2

|

« 過去を封印して歴史から学ばない戦後民主主義的政治の蹉跌 | トップページ | この夏の書道展、群馬創玄展 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔懐かし昔の母校の跡の無残:

« 過去を封印して歴史から学ばない戦後民主主義的政治の蹉跌 | トップページ | この夏の書道展、群馬創玄展 »