« 「ここがおかしい、外国人参政権」井上馨著を読む 1 | トップページ | 紀州南高梅8%しそ漬梅干しを食べてみると~~~ »

2010年9月 5日 (日)

「ここがおかしい、外国人参政権」井上馨著を読む 2

「ここがおかしい、外国人参政権」井上馨著を読む 2

前論考で多少脱線した。
民主党の政治家というのが多くの人達を率いる指導者というのではなく、自らの理念を優先するあまり、後についていった人達を犠牲にするかも知れないと言う可能性について述べた。
そして、そこには国のため、国を守るために自らを犠牲にするという精神は見つからない。
それは、自民党の中のリベラルを拡大したクーロン政党であるから、自民党の中にも見受けられるとはいうものの民主党ほどの確信犯ではない。
そして、本題の「ここがおかしい、外国人参政権」井上馨著を読む、に戻れば民主党が「憲法に規定する住民」も外国人を含めても良いとするもう一つの根拠が、地方政治は国権たる中央の政治に直結しないと言うものであった。
しかし、沖縄の普天間問題はその無謬性に疑問詞がつき、普天間移設先の名護市や沖縄県の受け入れ問題は直接国政に影響することになった。
この井上薫氏の著書では、「園部裁判官の空しい弁解」と題して、最高裁判決を書いた裁判官の判決文章にいたる内情を公開された朝日新聞の記事(平成11年6月24日、『私の見た最高裁判所』)。
そして、自らの最高裁判決の蛇足部分を否定した平成22年2月19日産経新聞の「園田逸夫元最高裁判所判事の発言」を紹介している。
それによれば、判決は在日韓国人などに対する「政治的配慮」があったとし、「参政権付与法案の政府提出は賛成出来ない」としている。
本書では述べられていないが、この蛇足部分は「俗論」としてこの園部裁判官が別の冊子で述べているのである。
こういう事から、民主党の「外国人参政権の実現」の根拠は最高裁判決を書いた元判事から否定され、地方参政権も国政に直接関係することが普天間問題で明らかとなり根拠がなくなった。
よって、民主党が「外国人参政権の実現」を持ち出すのが困難との位置づけている。
その他、「暴挙への対抗策」として外国人参政権が実現した場合に、いわゆる左派とか市民派とかが多用する「住民訴訟」を提唱している。
外国人参政権の「禁止説は裁判官の常識」と題して一節で書いてあるとおり、住民訴訟裁判で負けることはないと述べている。

この「ここがおかしい、外国人参政権」の本は、最高裁判決を根拠として「外国人参政権の実現」を目差す人達に対しての反証をして完膚無きまでに打ちのめしている。
しかし、今の民主党というのは議論や論理、事実を無視して正論を廃し密室で政治を進めようとする。
小沢氏とて、検察審査会に対して「素人が‥‥」という天に唾する発言。
今の民主党というのは、所詮民主主義政党ではなく独裁政党である事をあからさまに示していると言えよう。

|

« 「ここがおかしい、外国人参政権」井上馨著を読む 1 | トップページ | 紀州南高梅8%しそ漬梅干しを食べてみると~~~ »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ここがおかしい、外国人参政権」井上馨著を読む 2:

« 「ここがおかしい、外国人参政権」井上馨著を読む 1 | トップページ | 紀州南高梅8%しそ漬梅干しを食べてみると~~~ »