« CyberLink MediaEspresso 6を使って見る その1・導入編 | トップページ | ソフトバンクモバイル「見たらくじ・お父さんくじ」のお粗末 »

2010年9月 7日 (火)

Cyber-shot DSC-HX5Vと動画のいろいろ

1283901849
Cyber-shot DSC-HX5Vと動画のいろいろ

Cyber-shot DSC-HX5Vの特徴として、スチル写真と並んで動画というもう一つの柱がある。元々このカメラを買ったのが、ビデオカメラとしても使うと言う目的で買ったのである。ビデオカメラもSDカード記録のAVCHD対応ビデオカメラが中心となっていて、少し前のハイビジョンで撮れないHDDムービー、もっと古いDVムービーなどは過去のものになりつつある。
そう言うHDD搭載のビデオカメラで保存する場合、DVDレコーダーにアナログで送ってやるという時間と手間が懸かる割りには大した事がない事が多かったものである。
今やビデオカメラも内蔵メモリーとSDカードで時代が変わったものである。
実際、DVムービーで録画したものはDVDに変換してあった。それをこんどMPEG-4 に変換しようとしても簡単には上手く行かない。それなりの専用ソフトを使う必要がある。似たようなものが、HDD搭載のビデオカメラでDVをHDDに置き換えただけと言うヤツは始末が悪い。


さて、Cyber-shot DSC-HX5Vの動画を読み出すというのは、HDMIケーブルで直接TVに繋げば背面液晶がTV画面になるのでそこそこのビデオカメラ並に映る。
これは結構感動ものである。
そうでなければ、画像専用ソフトPMB(Picture Motion BrowserでPCら取り込んでしまうのが間違いない。
このPMBだとSONYのソフトだから駒落ちもなく正常に映写出来る。WMPで再生してみたら音声が出ないのは驚いた。

1283901844


これを今現在CyberLink MediaEspresso 6を使って、携帯電話で見られるように変換して取り込んでいるのだが、いろいろ試行錯誤になっている。
この件は、CyberLink MediaEspresso 6のコーナーで説明する。
いずれにせよ、こういう動画を撮ったりすると当然再生という時間も入るから電池の減りは早い。
それにしてもHDDムービーだと三倍ぐらい大きい標準のリチュームイオン電池で45分が限度だったから当然事だろう。それでCyber-shot DSC-HX5Vは予備電池を準備するのは必須となる。
静止画というスチル写真だけだとしても、背面液晶で見たりするから減りは激しいが、完全な電池切れになるまでかなり粘る感じがする。
これか動画となると何とも言えないのが本当である。
兎に角、デジカメがビデオカメラの代わりになると言うのは結構目立たなくて良い気がする。なぜなら、デジカメで構える人はいくらでもいても、ビデオカメラを構える人は少ないと言う現状だからだ。
そして、そのビデオカメラの映像から写真をPNBなどでいくらでも切り出せると言うのが中々良い。

|

« CyberLink MediaEspresso 6を使って見る その1・導入編 | トップページ | ソフトバンクモバイル「見たらくじ・お父さんくじ」のお粗末 »

08デジタル一眼レフの世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Cyber-shot DSC-HX5Vと動画のいろいろ:

« CyberLink MediaEspresso 6を使って見る その1・導入編 | トップページ | ソフトバンクモバイル「見たらくじ・お父さんくじ」のお粗末 »