« ソフトバンクモバイル「見たらくじ・お父さんくじ」のお粗末 | トップページ | 儲けすぎた男―小説・安田善次郎を読む・前橋の歴史 »

2010年9月 9日 (木)

CyberLink MediaEspresso 6を使って見る その2 M2TSからH.264/MPEG 4 AVC

CyberLink MediaEspresso 6を使って見る その2    M2TSからH.264/MPEG 4 AVC

CyberLink MediaEspresso 6は、最近のハイビジョン映像AVCHDなどをH.264/MPEG 4 AVCへの動画変換を高速化する。
機能は、動画変換とその圧縮した動画などを転送したりする単純ソフトである。
その動画自体を編集するとなると、PowerDirector 8などを購入した上でかなり高性能のパソコンが要求される。
実際、PowerDirector 8があれば単機能のMediaEspresso 6は要らないかも知れない部分もあるかも知れない。 PowerDirector 8 Ultra
そして、今回はSONY Cyber-shot DSC-HX5Vで撮影したAVCHDの動画M2TSを携帯電話用の動画に変換してみた。

それは何時ものように動画を取り込み、携帯電話のプルダウンから携帯電話を選ぶのだがなんと日本製の電話がない。
日本なら、SharpかPanasonic、それともカシオ位になるのだがそれもないというのは、不親切である。
兎に角、SONYを選択して、そのままお任せ。
これだと、2分・176Mbの動画が3.6Mb程度、エンコードは約1分。
MP4と言うのに、良く見えない、使えない動画であった。

今度は、H.264/MPEG 4 AVCにするという事でLGを選択して320×240(DivX(MP4))。
TrueTheater™ Denoise と TrueTheater™ AutoLightを有効にするにチェックを入れる。

これだと6Mbぐらいの容量になって、実際携帯電話に転送しても良い感じになった。
もう少しうまく変換出来ないかと、720×432の大きさで変換してみたら携帯電話では起動しなかった。

結局、携帯電話に転送する場合、320×240位以下がよいようで携帯電話によって試行錯誤しなければならないという面倒な事があった。
その他、VOBからH.264/MPEG 4 AVCへの変換は、元の動画の状態によっては変換出来なかったものがあった。

CyberLink MediaEspresso 6製品概要

サイバーリンク お客様大感謝SALE』開催中!2010年9月22日(水)まで

CyberLink MediaEspresso 6体験版ソフト


PowerDirector 8 Ultra

|

« ソフトバンクモバイル「見たらくじ・お父さんくじ」のお粗末 | トップページ | 儲けすぎた男―小説・安田善次郎を読む・前橋の歴史 »

日本の経済・金融議論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CyberLink MediaEspresso 6を使って見る その2 M2TSからH.264/MPEG 4 AVC:

« ソフトバンクモバイル「見たらくじ・お父さんくじ」のお粗末 | トップページ | 儲けすぎた男―小説・安田善次郎を読む・前橋の歴史 »